ピクシブ百科事典

アーマードメフィラス

わたしはだいまおうではありません

メフィラス星人の一個体。

概要

 その名の通り、銀色を身にまとったメフィラス星人
 の美しい鎧を身にまとっているが、この鎧は本来暗黒四天王の「知将」メフィラス星人のために作られた鎧であった。しかしその鎧を纏った姿は『ウルトラマンメビウス』内では登場せず、後日談の『ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース』まで待たねばならなかった。
 武器は右腕の剣「メフィラスブレード」、左腕からの光弾「ダークネスレイ」
 
 初登場は『ゴーストリバース』ではなく『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODESSEY』。テンペラー星人とのレイオニクスバトルに敗れたメフィラス星人(念のために書いておくが、初代でも2代目でも知将でもないモブメフィラス)がエンペラ星人の愛刀「ダークネスブレード」に触れたことでこの鎧と合体し、その魔力に憑りつかれてしまった姿として登場する。
 巨大化せずとも一撃で怪獣を殺すという機動武闘伝Gガンダム顔負けの攻撃力を持ち、エンペラ星人の纏うはずだった暗黒の鎧「アーマードダークネス」を復活させるために活動を開始する。アーマードダークネスに突き殺されたかに思えたが実は生き延びており、レイブラッド星人により巨大化させられ主人公レイの操るゴモラと戦う(その際、自我はレイブラッド星人により封じこめられ完全な傀儡と化していた模様)。
 ミクラスも加わって2対1となったレイの怪獣軍団とも互角に戦うほどの強さを見せたが、レイオニックバーストしたゴモラの超振動波を受け、鎧が破壊される。その後は魔力を失い、元のメフィラス星人に戻った。
 その後、正気に戻った彼は自身が今まで散々レイブラッド星人に良いように利用されて来た事を悟り、レイを援護する為に向かうペンドラゴンを妨害していたエネルギーフィールドを破壊し、自分を鎧の魔力から救ってくれたレイへの借りを返した。
 この後鎧が怪獣墓場に運ばれた後に知将メフィラスと合体したのが、『ゴーストリバース』に登場するアーマードメフィラスである。

 また、『ウルトラゼロファイト』には、ウルトラマンベリアル配下のダークネスファイブの一員(まとめ役)として魔導のスライという名前のアーマードメフィラスが登場している。

 なお、鎧の重量は5千トンもあるが、これでも1万トンあるテクターギアモンスアーマーの半分である。

関連項目

ウルトラ怪獣 ウルトラマン超闘士激伝
グローザム デスレム メビウスキラー ウルトラマンメビウス
暴君怪獣タイラント スーパーヒッポリト星人
メフィラス大魔王 - 鎧を着たメフィラス星人の先駆者。

pixivに投稿された作品 pixivで「アーマードメフィラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3847

コメント