ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』に登場するウルトラマントリガーの変身アイテムについては、「GUTSスパークレンス」の項目を参照。

概要

第1話でマドカ・ダイゴウルトラマンティガの石像と融合したことによりダイゴに与えられた。これを使うことによりダイゴの体を光に変換し、ティガに変身することができるようになる。マサキ・ケイゴに奪われた際に彼の発明した光遺伝子コンバーターに組み込まれ、マサキをイーヴィルティガの石像に強制合体させたこともある。
第52話でガタノゾーア戦の後レナの手の中で消滅してしまう。

後述のように、後続の作品においてティガ以外の超古代の戦士たちもスパークレンスを使って変身している描写があることから、厳密にはティガ専用の変身アイテムではなく、超古代戦士共通の変身アイテムであったと考えられる。

変身方法

両腕をクロスし、腕を大きく回してスパークレンスを空に掲げるAパターン、そのプロセスを省略したBパターン、胸の前にスパークレンスを掲げ、人間サイズに変身するCパターンがある。
こうすることで先端のティガのプロテクターを模したパーツが左右に展開し、内部にあるカラータイマーを模したレンズが出現。レンズから放たれた光に包まれることで変身する。レンズが露出してから掲げる場合も存在する。

モチーフ

モチーフは音叉であり、ティガとダイゴがチューニングして光るというイメージがある模様。

派生型

 劇場版『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』に登場。別名を闇のスパークレンスといい、闇の力が込められていると思われ、使用すると闇の巨人だったころのティガダークへと変身する。カミーラによってダイゴに手渡される。しかしダイゴは光の意思を捨てなかったため正義の心を持った不完全な状態で変身、闇の巨人に立ち向かう。

 『ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』に登場。旅の女戦士、マホロバが持っていた。それを初めはダイゴの息子、ツバサが使用するが光の意思が弱かったためか不完全な状態となってしまう。それでもジョーモノイドには勝利するが、ドグーフの不意打ちで倒されてしまう。しかし強い光の意思とディグの紋章を持つ村の少年、アムイが変身したことにより完全体となり、ドグーフを倒した。

  • 金色のスパークレンス
 劇場版『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』に登場。ティガではなくカミーラが変身するときに使用する角ばったデザインのスパークレンス。
 漫画『DARKNESS HEELS -Lili-』でも、カミーラが変身する際に使用している。第2話で、変身解除後に一度消滅してしまっている(ちなみに、その様子は『ティガ』本編でスパークレンスが消滅したシーンのオマージュになっている)が、第3話で変身する際に再び使用している。
 なお、ダーラムヒュドラも巨大化時にカミーラと同様のエフェクトが発生しているため、おそらく彼らも専用のスパークレンスがあるものと思われる。

 考古学者の玉城ツカサの息子、玉城ユウトが見つけた化石として登場。ユウトは「古代人のトンカチ」だと思っていた。ユウトの「お母さんを助けたい」という思いに反応し、青い石とエクスデバイザーと共鳴して化石から復活。ユウトが使用しティガとなったザイゴーグ撃退後どうなったかは不明。
 また劇中では、ティガのサイバーカードをリードした大地エックスの元に、これを模した「エクスパークレンス」が出現した。

 『DARKNESS HEELS -Lili-』にて登場。
 ティガのスパークレンスをベースにイーヴィルティガのプロテクターの意匠が加わった。
 何気にウルトラシリーズの歴史上で初めて登場したイーヴィルティガ専用のスパークレンスである。もっとも、カミーラがスパークレンスを使って変身していたことを踏まえると、超古代の戦士であった彼もスパークレンスを所持していたとしても何らおかしい話ではないが。

余談

変身前の「マドカ」繋がりから、魔法少女まどか☆マギカとのコラボネタがいくつか見られる。

輝ける者たちへ
もっと高く!ーTake Me Higherー



さらにプリキュアにも同じ苗字の方が…

響け!愛の鼓動〜for TIGA〜



スパークレンスから変身の際に発せられる音声が戦姫絶唱シンフォギアシリーズ風鳴翼第二期版の変身バンクの音声に使用されている。金子さん作品では特撮オマージュの要素が多々あるのでこういうことは珍しくない。

玩具化を前提にデザインされており、放送当時は無論、2008年の『大決戦!超ウルトラ8兄弟』公開時にも音声を劇中に合わせたリニューアル版のDX玩具が発売された(現在はプレミア化し入手困難)。

2016年、大人版の変身アイテム「ウルトラレプリカ」シリーズ第1弾として商品化された。しかしプレミアムバンダイでの3000個限定受注だったことが災いしすぐに受注終了、プレミア化した商品が出回り入手困難となった。1年後の2017年にはブラックスパークレンスも3000個限定受注開始となったがこちらも開始後10分と経たずに終了。転売屋の増加は否めないが良識なファンの多くが手に入れられない事態に発展した。
だがこれはスパークレンスが変身アイテムの中でも人気が高いことの証左でもあり、再販を求める声も多かった。そして、2021年、『ウルトラマンクロニクルZヒーローズオデッセイ』放送開始および『ティガ』25周年を記念しリニューアル版「25th Anniversary Ver.』としての再販が遂に決定した。また、カミーラが所持していた金色のスパークレンスも商品化が決定された。

関連項目

ウルトラマンティガ ティガ(ウルトラマン) マドカ・ダイゴ 変身アイテム

関連記事

親記事

ティガ(ウルトラマン) うるとらまんてぃが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スパークレンス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スパークレンス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29763

コメント