ピクシブ百科事典

ジョーモノイド

じょーものいど

ジョーモイドとは、ウルトラマンティガの外伝OV『古代に蘇る巨人』に登場する怪獣の名称である。なお、ここではクラヤミノオロチについても解説する。
目次[非表示]

データ

登場作品『ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人

  • 別名:時空飛来怪獣
  • 身長:30m
  • 体重:3万2千t
  • 出身:不明

概要

マドカ・ツバサがガッツイーグルαスペリオルの操縦訓練中に遭遇した大型肉食恐竜に酷似した外見を持つ正体不明の怪獣

からの火炎光の巨人の眠る“光のピラミッド”を容易く崩すせるほどの威力を持つを使った強力な攻撃手段を持つが、その反面ティグルーの里の防人たちの大弩の攻撃で怯むなど防御面に関してはそれ程でもない。

劇中の描写から如何やら闇の勢力に属する怪獣らしく、5000年前の縄文時代の時間軸に生きる闇の超能力者“ドグラマグラ”の明けた時空の亀裂を通って縄文時代へと召喚されると、ドグラマグラの手下の1人であるダイダラに使役され、召喚された際に巻き込まれ同じ時代に飛ばされたツバサやティグルーの里を襲撃し、村人たちやツバサが変身したティガと交戦。
存在自体が不安定なツバサが変身したティガに対して優位に立つが、『ウルトラスイング』を受け撤退する。

その後、今度はドグラマグラに使役されに出現すると、“光のピラミッド”発見した為、ピラミッドに眠る光の巨人たちの像を破壊しようと襲撃を仕掛けるが、それを阻止しようと再び出現したツバサの変身するティガと再び対峙。やはり不安定なままであるティガに対して優位に立つが、最後は奮闘したツバサが変身したティガの『ゼペリオン光線』の直撃を受け木端微塵に吹き飛び絶命した。

クラヤミノオロチ

古代怪竜  クラヤミノオロチ


  • 別名:古代怪竜
  • 身長:18m
  • 体重:1万5千t
  • 出身:超古代遺跡
マホロバが光の巨人たちが眠る“光のピラミッド”よりも更に北にある超古代遺跡で遭遇した正体不明の邪竜

彼女の回想シーンのみの登場出会った為、詳しい能力などは不明だが、遺跡に安置されていた伝説の神器である“ヤミナギノツルギ”を飲み込んでいたらしく、マホロバに退治された後、そのしっぽから“ヤミナギノツルギ”が発見され彼女の所有物となる事となる。

余談

クラヤミノオロチの着ぐるみは『ウルトラマンガイア』のミズノエノリュウの改造。

関連項目

ウルトラ怪獣 古代に蘇る巨人 ウルトラマンティガ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョーモノイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214

コメント