ピクシブ百科事典

ぞう

多くの意味があるため、下記を参照。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 形を真似て作った物。
  2. 光の反射・屈折の結果うつる物体の形。
  3. 数学用語の一つ。


概要

1について

人や獣、植物などの何かしらの形があるものを真似て作った物を指す。
具体例としては銅像彫像木像石膏像などがある。

2について

光学用語。
1点から出た光線束がレンズや曲面鏡を通ったのち、再び1点に集るときその後者の点 (像点) を前者の点 (物点) の像という。
光線は逆に進めば完全にもとの道をたどるので、像点と物点とは互いに共役である。

3について

集合Xの各々の元「x」に集合「Y」の1つずつの元「y」を対応させる写像を
『f:X→Y』
とする(XからYの上への写像)。
fによってXの元xに対応するYの元「f(x)」を、「fによるxの像」という。

関連タグ

曖昧さ回避 彫刻 光学 数学

pixivに投稿された作品 pixivで「像」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31607

コメント