ピクシブ百科事典

木彫りの熊

きぼりのくま

熊を模った木製の手工芸品。
目次[非表示]

概要

をくわえた木彫りの」はおもに北海道で製造される製の郷土民芸品で、当地を代表する土産物として日本全国で知られている。
基本的なデザインは、四つんばいになったヒグマが鮭を咥えたものであるが、現在では様々なデザインが存在している。

発祥

1924年尾張徳川家の当主であった徳川義親は、前年にスイスベルン旅行で買い求めた「木彫りの熊」を、旧尾張藩士たちが入植した農場「徳川農場」が立地する八雲町の農民たちの期の収入源として副業に奨励した。
このアイデアが当たって、「木彫りの熊」は八雲町に留まらず北海道の名産品として広く認知されるようになっていった。

八雲町の木彫り熊の歴史と文化を顕彰する「木彫熊北海道発祥記念碑」は、八雲町公民館敷地内の徳川義親侯の胸像に隣接して建立されている。

関連イラスト

真夜中の雑談
北海道名産


「お客さん、何か買っていかないかい?」
木彫りの熊



関連タグ

 彫刻 塑像 木像

外部リンク

木彫りの熊 - Wikipedia
木彫りの熊 - Google 検索

pixivに投稿された作品 pixivで「木彫りの熊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31128

コメント