ピクシブ百科事典

ダビデ像

だびでぞう

旧約聖書の登場人物ダビデを象った像。一般的にはミケランジェロが制作した石像を指す。
目次[非表示]

概要

旧約聖書の登場人物ダビデを象ったのこと。
なかでもルネサンス時代の芸術家ミケランジェロが制作したものが有名。

pixivでは、しばしばパロディの対象となっている。

余談

詳しい理由は不明だが、ミケランジェロ作ダビデ像の瞳はなぜか"ハートマーク"となっている。また理想的なプロポーションをイメージしがちだが、実は"6頭身"ということで普通なら不釣り合いなぐらい頭部分が大きくされている。これは下から見上げた際にちょうどいい大きさに頭部分を見えるために計算されてのことらしい。
ちなみに実物の身長5メートル以上ある。

裸像なので、例え教科書だろうと全年齢向けのゲームだろうと全く前を隠さないことで(ある意味)有名。
ただし、肝心の「男のシンボル」ははっきり言って小さめである。
男性器、特にペニスは男性の男らしさを象徴する特別な部位である以上、ダビデほどの英雄ならば当然立派なイチモツをぶら下げていそうなものだが、実際にはダビデ像のペニスは金玉袋よりだいぶ短く、立派どころか貧相な印象を与える。
実際、身長180cmに換算した場合、ダビデ像のチン長は7cmほどにすぎない。しかも、ダビデ像のペニスは亀頭が完全に覆われている包茎であり、包皮の部分を除いた実質的なチン長(亀頭の先端部までの長さ)はさらに短く、6cmほどしかない。西洋人としては粗チンの部類と言っても差し支えないのである。
現代では一般的に、ペニスが小さいのは格好悪いこととみなされているため、短小の男性はそのことがコンプレックスになってしまう傾向があり、そのせいで女性の前で裸になるのが恥ずかしいとか、セックスのときに自信を持てないなどと言う人も少なくない。
だが、古代イスラエルの英雄的な王であるダビデが小さなペニスを隠す素振りもなく堂々と丸出しにしている姿は、短小だろうが包茎だろうが男がチンコを恥ずかしがる必要などない、男なら堂々とせよという力強いメッセージを現代の男性たちに届けてくれるのである。

関連タグ

ダヴィデ像(表記ゆれ) 石膏デッサン 名画オマージュ(絵ではないけれど)
思春期ルネサンス!ダビデ君・・・主役がそれモチーフ。

関連記事

親記事

ミケランジェロ・ブオナローティ みけらんじぇろぶおなろーてぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダビデ像」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 153980

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました