ピクシブ百科事典

メビウスキラー

めびうすきらー

『ウルトラマンメビウス』第43話に登場する、エースキラーの後継機。
目次[非表示]

プロフィール

種別異次元超人
身長40m
体重4万3千t
出身地異次元
武器鉤爪、メビウスブレスを模したクリスタル


概要

暗黒四天王の一角・ヤプールウルトラマンメビウスを倒すために作り上げた、エースキラーの2号機。元々はエースキラーそのまんまだったが、メビウスの戦闘データを受け継いだ宇宙同化獣ガディバと融合することでメビウスの能力を継承した。
外見も、足の形など細部が微妙にエースキラーとは異なり、ナイフも持っていない。また、不気味な唸り声を発するようになった。
東京の街でメビウスと対決するも、とっさにメビウスが編み出したメビュームダイナマイトに巻き込まれ爆発四散する。

しかし、ヤプールはメビウスキラーが倒された場合に備えて、次なる作戦を用意しており、メビュームダイナマイトを行使した事で,人間態に戻り、体力を著しく消耗していたメビウスと彼の近くにいたジングウジ・アヤ。そしてメビウス打倒の第二作戦におけるキーパーソンと定めた人物の3人を異次元に拉致するに成功した。


その後の活躍

「ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース」では、怪獣墓場死体機械なので正しくは残骸)が収容されていたが、ヤプールが乗り移ることで復活(通称メビウスキラー(G)で、目の色が青くなっている)。
同じく死んで怪獣墓場に来ていたメフィラス星人グローザムデスレム共々復活。ウルトラマンタロウウルトラマンエースを捕まえ、二人を人質にしてメビウスにギガバトルナイザーを取ってくるように命令した。結果的にウルトラ兄弟攻撃に敗れることとなるのだが、このおかげで平和宇宙にはとんでもないワルが目覚めることとなってしまう。

ちなみに、初期設定では巨大ヤプールが復活するはずだったが、たまたま着ぐるみが出払っていたのでメビウスキラーが登場することになったらしい。
また、この作品のヤプールの声は玄田哲章氏ではなく、田中亮一氏が声を担当している。

派生作品

ロストヒーローズ』ではエースキラーにガディバが合体する形で登場している。

関連項目

ウルトラ怪獣 超獣 ロボット

pixivに投稿された作品 pixivで「メビウスキラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4219

コメント