ピクシブ百科事典

ソリチュラ

そりちゅら

ソリチュラとは、『ウルトラマンメビウス』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:50m
  • 体重:2万t
  • 別名:宇宙植物怪獣
  • 出身地:宇宙

概要

第40話「ひとりの楽園」に登場。
時空波に引き寄せられ地球のモリマ山に落下してきた隕石の中に潜んでいた宇宙起源の植物生命体。
当初は触手のような姿をしていたが、モリマ山の周囲の木々を次々と取り込みながら成長を続け一晩で巨大なが生えた樹木のような姿となった。自らを地球上のあらゆる生物と同化させ、最終的には地球そのものと同化することを目的にしている。

成長を続けることで体から「ソリチュランフラワー」という白い花を咲かせ、自身の手下である植物人間「ソリチュラン」を生み出して暗躍し、孤独や疎外感を感じている地球人を自身の元へ集めさせていた。

頭部からは神経を麻痺させる花粉を噴出し、全身だけでなく地底にも張り巡らせているを伸ばして相手を攻撃する。また根の部分にはソリチュランによって連れてこられた人々を人質として捕らえている。

ウルトラマンメビウスGUYSとの戦いでも足元に人質がいるためうかつに攻撃させなかったが、ガンフェニックスの攻撃で蔦を切り落とされ、メビュームブレードによって上半身を切り裂かれた後、である頭部にメビュームシュートを受け青い炎に包まれ燃えつきた。

ノベライズ版『アンデレスホリゾント』では寿命を迎えると鳳仙花のように種をまき散らし、他の惑星に根付かせるという成体が明かされ、これまでに約760個の惑星がソリチュラに同化されているという。なお作中では完全に同化された人間もいたり(囚われた人間に幼稚園児がいた事を考えれば完全に同化された子供もいる事も考えられるわけで…。)、人間を繋ぎとめているツタの構造が口では言い表せないほどグロかったりとテレビ版に比べてトラウマ要素が多い。ちなみに、GUYSスペーシーがコンタクトを試みても無反応だった事から本当の意味で孤独だったのは囚われた人間達ではなく当のソリチュラ本人だったのではないかと思われる。

宇宙植物怪人ソリチュラン

宇宙植物怪人 ソリチュラン


  • 身長:1.75m
  • 体重:75kg
  • 出身地:宇宙
  • 演:田中伸彦
第40話「ひとりの楽園」に登場。
ソリチュラの体に咲いたソリチュランフラワーが地面に落ち、人型に成長した姿。
コートを身に纏った人間に擬態し、孤独や疎外感を感じている人間たちをソリチュラの元に集めていた。

本当の姿は頭に花が咲いた植物の怪人で、ソリチュラ同様黄色い花粉を噴射して人間を昏倒させ、ソリチュラの元へと運んでおり、その活動は植物怪人という都市伝説として語られていた。

最期はソリチュラが倒されたのと同時に消滅した。

怪獣バスターズ

通常種のソリチュラと、ソリチュラ(ゾンビ)と呼ばれる個体の2体が登場。

通常種

ミッション『あくまのさそい』(緑の惑星レラトーニ)、『星を喰らうもの』『ジャングルパニック』『ピリカ怪獣決戦』『ジャングルの深緑』(森の惑星ピリカ)、『ひとりの楽園』『植物王』『ワッカ怪獣決戦』『ワッカのおいしい水』(水の惑星ワッカ)に登場。

植物怪獣なだけあってその場から動かないが、枝を地面に突き刺しての刺突や状態異常効果のある花粉を撒き散らして攻撃してくる。
接近すると拘束し、攻撃力低下の付加効果をもたらしながら締め付けてくる。また地面に根を突きさして光合成をおこない、体力を回復してくる。

ドロップする素材アイテムは『怪木の白花』『怪木の葉』『怪木のえだ』『怪木のツタ』『怪木の根』『怪木の太い根』『ナゾの種』『ソリチュラ化合銀』『黄の玉』『エナジーチップ』『エナジーチップ+』『黄土のトパーズ』

ソリチュラ(ゾンビ)

ミッション『デッドプランター』『命をすう植物』『墓場の怪獣決戦』に登場。
怪獣墓場に根を下ろした通常種のソリチュラが突然変異を遂げたもの。
花粉攻撃が広範囲と追尾攻撃の二種類になり、刺突攻撃にも防御力低下の状態異常が付いた。
また光合成による体力回復は行わないが、その代わりに同じ動作で養分吸収を行って巨大化する。

ドロップする素材アイテムは『怪木の黒花』『怪木の葉』『怪木の黒い葉』『怪木のえだ』『怪木のツタ』『怪木の根』『怪木の太い根』『ナゾの種』『ソリチュラ化合銀』『黄の玉』『エナジーチップ』『エナジーチップ+』『黄土のトパーズ』

余談

上述した花粉に含まれている「ソリチュラ化合銀」はウルトラマン80が戦ったゾラの毒花粉にも含まれており、ゾラの近縁種ではないかと考えられている。事実鳴き声もゾラと同じである。

脚本を担当した朱川湊人は、当初は『ウルトラマン』のケロニアを登場させることを希望していたが、第1期シリーズの怪獣はなるべく外すという方針だったため、新怪獣のソリチュラに変更された。

田中は『ウルトラマンネクサス』に吉良沢優役で出演しており、第40話監督の小中和哉が『ネクサス』からのつながりで起用した。なお、40話の監督を担当した小中氏がクトゥルフ神話愛好家であるため、元ネタはアトゥではないかと言われている。

ソリチュランの頭部の花は、『ウルトラマンX』のホオリンガに流用された。

名前の由来は孤独を意味する「solitude」から。

関連項目

ウルトラマンメビウス ウルトラ怪獣 植物 ゾラ(ウルトラ怪獣)
ゴーデス イルド スフィア グランスフィア カオスヘッダー メガヘクス・・・・似たような存在

pixivに投稿された作品 pixivで「ソリチュラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1828

コメント