2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ケロニア

けろにあ

ケロニアとは、『ウルトラマン』に登場した「知能を持った植物」である。
目次[非表示]

データ

人間大時巨大化時
吸血植物 ケロニア (等身大)
吸血植物 ケロニア (巨大化)


別名:吸血植物
身長:50センチメートル~50メートル
体重:80グラム~1万トン
出身地:南米

人間態CV:桐野洋雄 スーツアクター:扇幸二

概要

南米原産の吸血植物が進化した生物。人間のように歩き回って動物を襲い生血をすすり、さらに人間に擬態しUFOを作って飛び回るという常識外れの知能を持っていた。自分の苦手な火を気合一発で消し去るような超能力を持ち、更に目からは破壊光線「アイ・スパーク」を放ち、巨大化時には戦車も破壊する。体からは電気が流れているらしく、触れた機械の電源を入れる事もできる他、手の先から光線を発射する事もできる。

登場作品

ウルトラマン』第31話「来たのは誰だ」に登場。

吸血植物 ケロニア (人間態・ゴトウ隊員)


 南米ボリビア支部の科特隊隊員、ゴトウ隊員に化けて日本に襲来、気候のよい日本で仲間を増やし、植物を苦しめる人類を殲滅して地球を支配しようと目論む。しかし言動で科特隊隊員たちに怪しまれ、正体をゴトウ・ジロウ博士(=後藤先生)を恩師と仰ぐ二宮博士にバラされてしまう。

ケロニア


 業を煮やしたケロニアは本性を現して身長50m・体重1万tに巨大化、自衛隊や科特隊の攻撃をものともせずに仲間の機甲師団と共に暴れ回る。ハヤタはウルトラマンに変身し、スペシウム光線を浴びせるが全く通用せず、怪力とアイ・スパークで苦しめられる。しかし一瞬の隙をついてウルトラマンはケロニアを投げ飛ばし、ひるんだところに新たな必殺技ウルトラアタック光線を発射。直後にケロニアは大爆発、UFO部隊も全て撃墜された。

なお、完成作品では、ケロニアとゴトウ隊員の関係が今一つ明確ではない。
それは…
①ゴトウなる人物は存在しないのか?
②ゴトウは存命でケロニアがその姿に化けているのか?
③ケロニアがゴトウを殺害してすり替わったのか?
…の3点である。

脚本では、二宮博士がゴトウに当たる人物(二宮博士の恩師にして科特隊員である「後藤先生」の息子)は子供のころに病死したと述べている。この場合、①に挙げた科特隊員としてのゴトウは始めから存在しないことになる。一方、完成作品ではハヤタが「ゴトウの顔写真はリストの中にあり、経歴も彼の言った通り」と発言している。②もしくは③の可能性があると同時に、①であってもケロニア達が科特隊の資料を改変・捏造した可能性も出てくる。そこまで可能なのであれば、ボリビア支部はケロニアの勢力により既に占拠(もしくは制圧・全滅)されていたのではないかという見方も出来るしボリビア支部の音信不通も納得できる。

その後…

ケロニアは植物ゆえに細かく砕くと燃えやすい(スペシウム光線は効いていないのは質量がでかくなったからと考えるのが妥当か)という特性を持っており、幼年期は全て焼却処分された。アラシ隊員によれば、その一部は近隣住民が燃料として持っていったという…良いのかそれで!?
本当に怖いのは知能を発達させた植物よりも、それを嬉々として燃料に使える人間なのでは…?
なにはともあれ、後続の作品でケロニアが暴れたという話は聞かないので、本当に全部燃やされてしまったと考えるのが妥当なところか。

派生作品では

ウルトラマンプレミアステージ2

バルタン星人配下の怪獣で、レッドキングジェロニモンと共に初代ウルトラマンと戦った。

漫画『ウルトラ忍法帖

朧党の忍獣として登場。毎日1人ずつ鶴亀の国の住民から1滴残らず吸血しミイラ化させて殺害する「鶴亀の国無人化作戦」を行っていたが、最初の犠牲者からセブンに犯人の目星を付けられ、深夜に仲間と見回りをしていたマンの怪談にビビって姿を現し、計画自体も7万3千人もの人口(と出生率)を考慮していなかったために失敗してしまう。
戦闘では前述通りの吸血攻撃の他、朧忍法「鍋の蓋」であらゆる光線を跳ね返す。他にも吹き矢や含み針を使用する…が、吹き矢は間違えて持ってきた縦笛であり、含み針は後ろからマンに驚かされたことで飲み込んでしまった。
それでも鍋の蓋でマンの光線をセブンに当てて倒し、マンもミイラ化させるが、タロウが輸血を多量に行ったために自分がデブになって身動きが取れなくなり、最期は解剖バラバラの術で倒された。
死体はタロウによって回収されたようで、口が合体忍獣のパーツに使用されている。その後なぜか再登場を果たしており、朧党のラーメン屋のオーディションを受けていたが、声が汚いという理由で落とされていた。

備考

センシティブな作品


ウルトラファイトにも登場したが、「ケロニ」と思いっきり誤記されていた。

後にスーツは改造されて「戦え!マイティジャック」のミイラ怪人に流用された。

人間体であるゴトウ隊員には、東宝特撮路線の常連にして『社長』シリーズ・『国際秘密警察』シリーズ・『暗黒街』シリーズ・東宝クレージー映画等の東宝娯楽路線にも出演していた桐野洋雄が演じた。
また二宮博士を演じた中山昭二は、次回作キリヤマ隊長を演じた。

当初、『ウルトラマンメビウス』第40話の脚本を担当した朱川湊人は、ケロニアを登場させることを希望していたが、第1期シリーズの怪獣はなるべく外すという方針であったため、ソリチュラに変更された。

ウルトラ怪獣擬人化計画・講談社版の漫画『ウルトラジャーニー』では、人々の愛情を奪い成長するバラが、茨で象った無数の端末がケロニアの姿をしている。

PS用ソフト『ザ・グレイトバトルⅥ』では雑魚敵として登場する。

関連イラスト

ケロニア
来たのは誰だ?



関連項目

ウルトラ怪獣 ウルトラマン
植物怪獣 みんなのトラウマ

関連記事

親記事

初代マン怪獣 しょだいまんかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36254

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました