ピクシブ百科事典

トリヤマ・ジュウキチ

とりぴー

トリヤマ・ジュウキチとは『ウルトラマンメビウス』の登場人物にして同作随一のコメディリリーフ。

「最近なんとなくだが、私は笑われ者になっているような気もするのだが……?」

「私は知っている……。ヒビノミライという青年を!彼は不器用だが、誰より一生懸命で!誰より優しく!誠実だ! 彼は…私のかけがえのない部下だ!!」

概要

演:石井愃一

作中ではもっぱら「トリヤマ補佐官」と呼ばれており、フルネームは小説版で明らかにされている。また、CREW GUYSからは「トリピー」とあだ名で呼ばれる事もある。

GUYS JAPANの高官で、姿を現さない総監や総監代行のミサキ・ユキに次ぐ組織のナンバー3でCREW GUYSに指示を出す中間管理職。

世論からの目を何よりも気にしており、保身が第一で、余計な任務が増えることを嫌う所謂『ことなかれ主義』な性格で、普段から何かと保守的な行動や考えをとろうとするも、地球防衛組織の高官というだけあって一定の正義感は持ち合わせている。

一方で、目立ちたがりな一面もあり、マスコミの取材には積極的に応じるも、調子に乗るとすぐに空気を読まない行動をとったり、饒舌が過ぎて大事な機密情報を漏らしたり、不適切な発言をしてしまうなど保守派としては慎重さに欠けた言動が多い。

加えて、意地っ張りだったり好奇心旺盛…そしてドジな一面もあり、ここぞという時に大ポカをやらかして大騒動を引き起こし、その始末に困ってCREW GUYS(特にメンバー内でも比較的優しく接してくれるミライ、テッペイ、コノミ)に泣きつくというパターンが多い為、CREW GUYSからはよく白い目で見られるばかりか、自身の秘書であるマルからも「ケチで、臆病で、器の小さな人間」と評され、直属の上官であるミサキからも不安視されたり、呆れられたり、叱責を食らう事がしばしば。


…っとこれだけだと、ただのお騒がせなトラブルメーカーに思えてしまうかもしれないが、裏では予算の獲得や戦闘地域の避難計画の考案、友好的な宇宙人に対する接待役などの地味ながら重要な役割を担っており、余程の非常事態に瀕すると自ら率先して指揮を執り、その際は的確な指示を出すなど、決して無能などではなく、むしろ普段の言動のせいで気づかれていないだけで、実はサコミズやミサキにも劣らぬ優秀な人物なのである
また、剣道の有段者であるらしく、稽古中は普段とは別人の様に堂々とした振る舞いを見せる(その威勢を普段の言動にも活かせていたら…)。
また、マケット怪獣の実戦投入を提言したのもトリヤマである。

CREW GUYSに対しては、結成当初は(ミライやリュウを除き)殆ど民間人上がりであるという事もあってあまり信用していない素振りを見せていたが、共に任務をこなしていく内に心から信頼していく様になり、面倒事を体裁よく押し付けようとしたり、自らが犯してしまった大失敗の埋め合わせに協力させるなど、何かと振り回したり、迷惑をかける事もあるが、反面、彼らが功績を上げるとそれをマスコミの前で煽てる等、粋な心遣いを見せるなどしている(尤も、第14話でテッペイに対しそれをやった際には裏目に出る形で一騒動起こす事となってしまった)。

また、ミライの正体についてはCREW GUYSやミサキと違って、終盤でミライの正体が世間にバレるまで知らされていなかったが、それに合わせてトリヤマ(とマル)もまた彼の正体を初めて知らされる。だが、彼はミライの正体を知って尚も、大切な部下の一人として守る事を選び、ミライの身柄引き渡しを要求する日本政府の使者に対し、憤然とした態度で上記二段目の台詞を言い放って庇いきった。


この様に普段のコミカルなおとぼけぶりと、本当に窮地に陥った際に見せる隠れた有能性や気概溢れるカッコよさとのギャップから、メビウスの作中でも(真逆の意味で話題になったコイツと相対して)隠れた名キャラとして放映終了後もウルトラシリーズファンの間でカルト的に人気な存在となっている。

関連項目

ウルトラマンメビウス GUYS トラブルメーカー ムードメーカー 名脇役 愛すべき馬鹿

pixivに投稿された作品 pixivで「トリヤマ・ジュウキチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148

コメント