ピクシブ百科事典

キリエロイド

きりえろいど

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する怪獣。
目次[非表示]

ホリイ「こいつがキリエル人の正体……?」
ヤズミ「いや……多分、体のサイズまでも、ウルトラマンティガに合わせて『変身』したんです」
ムナカタ「挑戦するために……!」

概要

自らを「救世主」と嘯く種族・キリエル人の戦闘形態。
炎魔戦士(えんませんし)の異名を持つ。

ウルトラマンティガに対抗するために変身した姿であり、劇中登場した2回とも、マドカ・ダイゴがティガに変身するのを見届けてから登場している。
しばしば勘違いされがちだが、あくまでもキリエル人の戦闘形態というだけで、彼らの真の姿ではない

名前の由来は「主よ」を意味するラテン語「Kyrie(キリエ)」と「Humanoid(人型の)」の組み合わせと思われる。

キリエロイド

キリエロイド


別名:炎魔戦士
身長:52m
体重:4万2千t
出身地:不明(「超次元」「異次元」とする説もある)
『ウルトラマンティガ』第3話「悪魔の預言」に登場。
泣いているような顔が特徴であり、戦闘時には「キリキリ~ッ」と『キン肉マン』に出てくる超人のような叫び声を発する。

【フュージョンファイト!】バディチェンジ4弾イラスト


手から「獄炎弾」という炎を放ち、素早い格闘攻撃でティガ・スカイタイプを苦しめるが、ティガ・フリーザーで凍らされ、動きが止まった隙を突かれゼペリオン光線で倒された。
この他、鋭い爪の「キリエルクロー」、無数の火柱を招来して焼き尽くす「炎魔地獄」、華麗なコンボからのドリルキックでとどめを刺す「ドリルキックコンボ」、火に包まれた右足で蹴り込む「獄炎踵落とし」などを必殺技に持つ。

大怪獣バトルNEO』シリーズではカネゴンのバトルナイザーを狙う勢力の一人として登場。
カネゴンを追って、TVシリーズとは別のティガの世界に迷い込むも、バトルナイザーの入手は諦めてどこかへ去っていった。

『大怪獣ラッシュ』のプラズマギャラクシーにも存在しており、プラズマソウルを狙っているもプラズマ怪獣相手では格闘技は意味を成さないようでティガ本編の強さが嘘のようにあっさり倒されることも。

漫画作品『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』ではウルティメイトフォースゼロを相手にアパテーとゼルガノイドを率いて戦った。

キリエロイドⅡ

悪魔の審判


『ウルトラマンティガ』第25話「悪魔の審判」に登場。詳しくは当該記事を参照。

カオスキリエロイド

ゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』に登場。詳しくは当該記事を参照。

ウルトラ怪獣擬人化計画

キリエロイド
厨二病キリエちゃん


円谷プロ公認の擬人化企画により美少女化されたキリエロイド、その名もキリエちゃん
デザインを担当したのは、電撃G'sマガジンで『結城友奈は勇者部所属』を連載している娘太丸氏。

狡猾で嫉妬深かった原作版とは反対に、こちらは普段は優しい……らしい。
また、常に顔をフードで覆っているが、これは恥ずかしがり屋な性格ゆえ、顔を見られたくないから。もし顔を見られると、「顔から火が出るほど恥ずかしい」らしい。
ちなみに、顔はタレ目でくせっ毛気味とのこと。かわいい。

だからと言って戦闘力が低いなんてことはなく、実は格闘技好きで、自身も蹴り技が得意とのことである(作者曰く、「夢はルチャ・リブレのマスクマン(ヒール)」)。手から炎を出す攻撃も健在らしい。

なお、キリエロイドことキリエル人は、上記のように人間に憑依して活動する寄生生命体であるという設定があることから、「人間の少女にキリエロイドが服の形にモードチェンジして憑依した」という解釈も成り立つ。
その場合、戦闘力の高さや格闘技好きといった嗜好は憑依しているキリエル人の影響で、優しく恥ずかしがり屋な性格こそが本来の宿主の性格と考えることもできる。

小説版

キリエロイドのカイジューソウルを受け継いだ怪獣娘
国際怪獣救助指導組織GIRLSの戦闘部隊に所属しており、金山シンヤの部下としてアンジェリカ(マグマ星人)やノーバと共に謎の敵:シャドウの殲滅に当たっている。シンヤや他の怪獣娘と共にシャドウビーストと思われる大物に立ち向かっていったが、その後の消息は不明。

人間として暮らしている時の名前は不明。シンヤからは「キリエ」と呼ばれている。

大怪獣バトルウルトラアドベンチャー

ティガが活躍していた時期のネオフロンティアスペースからブルトンによって大怪獣バトルの世界へ連れ去らわれてしまい、放浪を続けていた。
すべての宇宙を救済するべくバトルナイザーを入手しようとしており、テンペラー星人たちとともにバトルナイザーを持つカネゴンを狙い、次元の穴からアイのいる街に出現。バトルナイザーを受け取ったアイを付け狙う。
戦いの途中グローザムの槍で氷漬けにされたが自力で脱出し、その槍で胸を刺して一矢報いていこう因縁の相手となる。途中アイがいる世界がティガがガタノゾーアを倒して以降も消滅していないことをアイから聞かされ、自分が異世界にいるということを知るとそのまま姿を消し行方不明となった。

大怪獣バトルウルトラコロシアム

レイオニクスバトラーとして登場。ブルトンを使役しており、レイオニクスバトルに勝ち残ってキリエル人の支配する宇宙に秩序を築く事が目的と相変わらずのキリエルっぷりを披露している。

余談

ティガの構成および登場回脚本を担当したのはクトゥルフ神話ネタで有名な小中千昭氏であり、氏自身により街の中に立つ黒い人影のイメージビジュアルがMacによる合成で描かれてる。しかし、本人はそのことを覚えていなかったという。

なお、一部のファンの間では、イスの大いなる種族がモデルとなっているのではないかと推測されている。 炎を操るという意味ではクトゥグアっぽい気もするが。

登場回「滅亡の予言」の撮影が急遽決まったために丸山浩氏は決定稿を含めデザインを2枚しか描いていないという。脚本にナイトシーンが多かったことから、小中氏のイメージに多少反発する形で、暗闇から白い部分がぼぉっと浮き上がるという意図からデザインし、そのダークヒーロー的な風貌でティガのライバルとしてふさわしい人気ウルトラ怪獣となった。

キリエル人が街を爆破するシーンはその後のウルトラシリーズで度々流用されており、そのせいかファンからは『またキリエルの仕業か』『ハイハイ、またキリエルキリエル』とネタにされている。

デザインイメージは悪魔。

『ティガ』の怪獣としては最初にデザイン画が描かれた。デザインイメージは悪魔。また、シンメトリーにしないことも意識された。平成のバルタン星人を狙ったデザインのため、神秘的でかっこいい方向性でデザインされた。ディテールや頭部の形状はバルタン星人を意識したデザインで、上から見た図はV字型になっている。ナイトシーンが多かった初稿のため、闇夜に映えるように白を多くし、特撮監督の神澤からの要望で黒を多くしたものが決定稿となった。


関連イラスト

炎魔戦士キリエロイド
ウルトラ5番目の使い魔 『悪魔の誘い』



関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣
マシュ・キリエライト:名前が似ているので度々ネタにされる。

関連記事

親記事

キリエル人 きりえるびと

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キリエロイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241653

コメント