ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

身長35m
体重4万4千t
別名生体兵器
出身地宇宙


概要

第34話「南の涯てまで」に登場。
地球侵略を目論むデシモ星系人が送り込んだ生物兵器。頭頂部分の突起から放つ「ミサイル光弾」や空中を飛行しての体当たりが武器。中央の臓器の様な部位は柔らかいが、デキサスビームをも跳ね返す程の頑丈な装甲板で覆う事が可能(劇中で3発もデキサスビームを食らって全くの無傷だったのはこいつだけである)。
クリオモス諸島にて極秘会議を行おうとしていたサワイ総監達を拉致し、小型体が総監に化けてクリオモス諸島を独立国家として宣言し侵略を目論むが、正体を勘付かれ乗り込んで来たダイゴとヨシオカ長官に妨害され、島を覆っていたシールド発生装置が破壊された事で姿を現しティガと戦闘となる。
総監と長官の連携で小型体の殆どが倒されると不利と見て逃亡を図るが、宇宙空間にてゼぺリオン光線とデラック砲の同時攻撃でようやく倒されたが・・・・・

小型デシモニア

生体兵器 小型デシモニア


身長・体重不明
デシモニアが放出する小型体。巨大体とほぼ同じ姿形をしている。武器は巨大体と同じく頭頂部分からの光弾。
人間に化ける事が可能で、内1体がサワイ総監に成り済まして独立国家宣言をしたが、一瞬目の動きが可笑しくなると言う難点を見抜かれた事で正体が露見してしまう。
総監の救出に突入したヨシオカ長官を襲うが次々に倒され、総監と長官の奮闘で人質を救出されてしまい、状況を不利と見た巨大デシモニアに回収されたが、宇宙空間にて諸共倒された。







※以下ネタバレを含みます


その正体は第35話で登場するデシモ星系人の送り込んだ兵器である。デシモ星系人は超古代文明の時から地球侵略を何度も企て、当時の光の巨人に撃退されている。ガタノゾーアギジェラによって滅ぼされた地球を確認し去っていった。
ティガ本編18年前に偵察を兼ねてか円盤のみで侵攻し、当時の地球防衛軍に撃退され一体が捕獲、残りがグアームを地球に隠して撤退。今回本格的に再侵攻を掛けてきた。デシモニアは撃破されたものの、第35話でTPC本部内に捕獲されていたデシモ星系人は復活し、グワームを起動させている。

デシモ星系人はキリエル人と同じくガタノゾーアの存在も熟知しており、その復活が近いのも予想した上で侵攻を掛けてきた故に、デシモニアやグアームは「対ガタノゾーア用の兵器」として送り込まれた説がある(グアームはともかく、デシモニア並のウルトラ戦士なら数人相手に出来そうな強さと防御力であり、ガタノゾーア相手でも粘る可能性はある)。

余談

デザインイメージは「平成のブルトン」。

関連タグ

ウルトラマンティガ デシモ星系人ウルトラ怪獣
ブルトン

関連記事

親記事

デシモ星系人 でしもせいけいじん

子記事

兄弟記事

ネット流行語100 2019 ノミネート発表中! 生放送 12/15 19:00〜

pixivに投稿された作品 pixivで「デシモニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6055

コメント