ピクシブ百科事典

グワーム

ぐわーむ

『ウルトラマンティガ』第35話に登場した怪獣(メイン画像左上)。此処ではデシモ星系人についても記載する。
目次[非表示]

データ

身長65m
体重7万8千t
別名宇宙鋼鉄竜
出身地地球・崑崙山脈


概要

 デシモ星系人が24年前に地球に飛来した際に崑崙山脈の地下に隠した竜型の生物兵器。頭部にデシモ星系人が変化した小型デシモニアが憑りつく事で活動を開始した。
 コレと言った武器は無いが、口からは赤い「大気改造ガス」を吐き出し、崑崙山脈の気流が地球全土に流れる事を利用して地球の大気を作り変えようとする。「宇宙鋼鉄竜」の異名通り、全身はガッツウィングの攻撃を簡単に弾く程頑丈。
 頭部にデシモ星系人に憑りつかれたレナが居る事を知っており、テレポーテーションで激しく消耗したティガをいたぶるが、一瞬の隙を突かれて「スラップショット」で小型デシモニアごとレナを救出され、デキサスビームを頭部に撃ち込まれて爆発して倒された。

デシモ星系人

身長105cm
体重20kg
別名超(スーパー)宇宙人
出身地デシモ星系

 地球侵略を目論んで24年前に地球へ飛来し、回収後に生命活動を停止し眠らされていた「眠りの乙女」のコードネームを持つリトルグレイブタイプの宇宙人。34話で仲間のデシモニアが再度地球にやってきたのに併せて覚醒する。眠っている状態でも自分の幻を見せる事が可能で、電撃を放つ能力を持つ。
 眠らされていた為に本来の機能が果たせないと言う理由でレナの体を乗っ取り、小型デシモニアとなってグワームに取りついて暴れ回るが、グワームが倒された後どうなったかは不明。

デシモ星系人はキリエル人と同じく、光の巨人達が守っていた3千万年前の超古代文明にもちょっかいを出しており、超古代文明の顛末を知る数少ない生き証人でもある。ガタノゾーアギジェラの復活が近いのを予知できたのに、このタイミングで再度地球に侵略したと言う事は、ガタノゾーアに勝てる秘策があったのかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「グワーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 869

コメント