ピクシブ百科事典

キングモーラット

きょだいなもぐらねずみ

『ウルトラマンティガ』第30話に登場した怪獣。(メイン画像中央下)  此処では小型体にあたる『モラちゃん(メイン画像中央上)』についても記述する。
目次[非表示]

データ

身長56m
体重6万3千t
別名変異怪獣
出身地地球・ビラ動物園地下


概要

 ビラ動物園の地中から現れた、地下廃棄物を食べた事で巨大化したモグラネズミ。夜行性で光に弱い。悪意はなく、空腹から牛を襲う。
 武器は耳を立てて放つ電撃。劇中の描写からパワータイプにも負けないパワーを持つ事が伺える。

 電撃やパワーを活かして善戦するが、電撃をシールドで防がれ、そのままゼぺリオン光線で止めをさされかけるが、レナ隊員の願いを聞いたティガの「ウルトラフィックス」で鎮静化され、「セルチェンジビーム」によって縮小され、後述するモラちゃんへと変化した。

モラちゃん

身長1m
体重不明

 キングモーラットがセルチェンジビームにより縮小された姿。ダイゴ曰く「怪獣では無く動物」。
 ホリイ隊員の案でモグラとネズミを英語で言う「モール」と「ラット」で「モーラット」と言う正式名称を与えられ、レナ隊員により「モラちゃん」と言う愛称を与えられ、以後動物園の人気者として暮らしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「キングモーラット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5657

コメント