ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

  • 身長:60m
  • 体重:7万t
  • 別名:月怪獣
  • 出身地:月砂漠


概要

月怪獣 ペテロ


第35話「月世界の戦慄」に登場。
ザンパ星人の死後、突如のチコ山噴火口に出現した宇宙怪獣。
ザンパ星人が操っている怪獣で、彼が偶然発見しコントロール装置を取り付けることで、地球防衛軍月面基地を破壊した。

体の80%は水分で構成されており、体にある赤い部分からは怪光線「レッドショット光線」を発射。別の球体からは冷気ガスや、あらゆるものを溶かしてしまう溶解液を噴射するが、溶解液を出すと自分の体重が減ってしまう(3万7千tまで減るという)。

動きは非常に鈍く、攻撃もそれほど強くないため一見すると強そうには見えないが、ウルトラセブンの打撃攻撃を吸収する体の柔らかさと月の夜の寒さを利用してセブンをあと一歩のところまで追い詰める。
しかし、外宇宙から高熱を持った隕石が月面に落下するという不測の事態が起こってしまい、その熱と光でセブンが完全復活。戦局が逆転し、ワイドショットを浴び爆死した。

本来の性質は大人しく、むやみに危害を及ぼすような怪獣ではなく、このエピソード最大の被害者であると言える。
後に「ウルトラ怪獣大百科」で紹介された際は、ナレーターを務めた青野武氏に
ザンパ星人に利用されたりしなければ、気ままに、静かで、平和な毎日を送っていた事だろうに…
という哀悼に近いナレーションを送られていた。

派生作品

一峰大二による漫画版セブンでは最終章『宇宙獣神ゴード』の回に登場。
バルタン星人イカルス星人により復活させられた「怪獣傭兵団」の一匹として東京の町を荒らし回ったが、動きが鈍すぎたせいかセブンにアイスラッガーでぶった切られてあっさり敗北した。

内山まもるによる漫画『ウルトラマンメビウス外伝超銀河大戦 戦え!ウルトラ兄弟』ではチブル星人が繁殖させた怪獣として登場。アンチディファレーター砲を浴びて弱体化したウルトラ兄弟を踏み潰したが、南夕子と一体化したエースのエースバリアーで異空間に封じられた模様。

青山U平による漫画『酩酊!怪獣酒場』では賄いの月見うどんを食していた従業員達の元に突如、空から降下し店内を破壊した為、ダダ達に退治された。曰く、月ではペテロが大量発生しており、そのうちの数体が地球に落下して来たとの事…わけがわからないよ

御堂カズヒコによる漫画『ウルトラ忍法帖』では『緑色したマジー奴』回に人間大の植物怪獣の一族「ペテロ族」として登場。能力は口から青汁を発射する攻撃にアレンジされている。人間に迷惑を掛けないよう山奥のペテロ村で静かに暮らしていたが、朧党によって毎月10人工場に連れて行かれ沸苦が改造した当年の正月に出番が無かったジューサーに掛けられて青汁を搾取されていた。帰って来ると搾り滓になっているが死ぬことは無く、めひらす曰く1週間もすれば元に戻る様子。トロンという名前の個体が出した手紙(どうやって書いたというのだ…)でやってきたウル忍(マン・タロウ)とエースによって事件は解決したが、虓魔王編にて虓魔衆の四鬼獣炎鬼によって村は壊滅。ウル忍に合流した生き残りのトロン・ヘロン・ピロンも炎鬼によって焼き殺され、ペテロ族は全滅した。

余談

かつて怪獣図鑑で、大伴昌司に「のウ○コ」と呼ばれた怪獣として有名。

鳴き声はドゴラの流用。

ウルトラ銀河伝説』では、ベリュドラの左腕を構成する怪獣の一体として登場した。

名前の由来は、キリスト十二使徒の一人で第一使徒ペトロから。

関連イラスト

ペテロ&ザンパ星人
洗脳されし月の住人



関連タグ

ウルトラセブン ウルトラ怪獣 

ルナチクスモチロンキララ:月仲間。

関連記事

親記事

ザンパ星人 ざんぱせいじん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「月怪獣ペテロ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「月怪獣ペテロ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4169

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました