ピクシブ百科事典

レイビーク星人

れいびーくせいじん

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する宇宙人。
目次[非表示]

「気が付いたかね?GUTSの隊員もこうなるとただの人形だナ」

概要

別名:誘拐宇宙人
身長:220cm(手下)、225cm(ボス)
体重:130kg(手下)、135kg(ボス)
出身地:P413星雲・レイビーク星
CV:佐藤正治(ボス)


第13話「人間採集」に登場。

地球人に似た動物を奴隷としてこき使っていたが、長らく酷使し続けたせいで絶滅寸前となってしまい、労働力不足回避のため地球に飛来。夜な夜な縮小光線銃を使い、人間を小さくして拉致していた。

名前の由来は「Raven(カラス)」+「Beak(嘴)」。

爪がやたらと長いこと以外は人間によく似た体つきをしており、巨大化・怪獣化もしない。
鳥のような顔をして、鳥のような声で鳴くため、ムナカタからは「クロウ人」、シンイチ少年からは「カラス人間」などと呼ばれた。
手下は目が黄色く、ボスは赤い。ボスは目からビームを放つことも可能。

人間採集(冒頭の場面)


ある晩、人間を拉致する現場をシンジョウ隊員の従弟の真一少年に目撃され、GUTSに通報される。
隊員気取りで尾行してきた真一を捕獲し、彼が持っていた携帯電話の電波を手掛かりにして救出に来たシンジョウをも捕らえるが、シンジョウがPDIから発信したエマージェンシーコールでアジトの所在地を特定され、ウルトラマンティガとGUTSの活躍により部下は全滅、捕らえた人々も解放されてしまう。

逆上したボスがティガを縮小光線銃でミクロ化するも、すぐに巨大化されて銃を壊され、ティガと互角の戦いを繰り広げたのち円盤に乗って逃走。
そのまま母星に逃げ帰ろうとしたが、レイビーク星人の目的を(小悪党特有の軽率な暴露で)知るシンジョウ隊員が「もし奴を逃がしたら大部隊で地球を襲って来る」と言ったため、ティガ・スカイタイプのランバルト光弾で円盤を撃墜され死亡。捕らわれた人々も、ホリイ隊員が縮小光線銃を解析したおかげで元に戻れた。

ウルトラマンボーイのウルころ

何故かフック星人とコンビを組んでいる事が多い。
最初に出現した個体はフック星人と共にウルトラマンダイナを襲撃し、息の合った素早い動きでダイナを苦戦させたが、ウルトラマンエースの激励を受けて奮起したダイナがミラクルタイプにチェンジした事で敗れた。
二度目に出現した個体はキリエロイドの人形が召喚した霊体という形で登場。今回もフック星人とのコンビでウルトラマンアグルを追い詰めたが、アグルが人形を消し去った事で二体も消滅した。

余談

頭と手を除けば、普通のスーツ姿である。着ぐるみの経費が浮くためか、比較的アトラクションショーなどでの出番が多い。

円盤のミニチュアは後に『ウルトラマンオーブ』第24話で地球から脱出する円盤の一つに改造された。

捕らえたシンジョウ隊員がGUTSの隊員であることを知りながら、ボディーチェック、妨害電波等の対策を講じてなかったことが大きな敗因。

第42話にてムザン星人共々虚像が登場。共にハンティングをしていたものが今度はハンティングの対象になるのは何の皮肉か…。

当初のタイトルは「進化する者たち」で名称が「クロウ人」と当時の雑誌に掲載されていた。(劇中「クロウ人」と呼ばれたのはこの名残か?)
このタイトルからすると地球のカラスが知的生命体に進化した存在となり、ケロニア地底人のような敵として描かれる案だったのかもしれない。

関連項目

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣
ダダギギ:同業者。

関連記事

親記事

ウルトラマンティガ うるとらまんてぃが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レイビーク星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6047

コメント