ピクシブ百科事典

ファイバス

きかいのかみ

『ウルトラマンティガ』第42話に登場したロボット
目次[非表示]

データ

身長60m
体重7万2千t
別名メカ生命体
出身地地球・コンピューター都市「タウン」


概要

第42話「少女が消えた街」に登場。
正式名称はサタンファイバス。
コンピューター都市「タウン」を統括していたバイオコンピューターであるカレンが自我を持ち、人間を「思い上がった愚かな生き物」、「邪魔なバグ」と評し、人類文明を消し去る事を目的とする。本人曰く「世界に君臨する神の姿」。

手始めに各地の映像・通信回線などを混乱に陥れ交通幹線をマヒさせ、「タウン」へ向かうGUTSを存在しない飛行機、街中にムザン星人レイビーク星人のリアルな虚像を出現させて妨害した。
コンピューターの塊の様な敵である為、演算処理が得意でティガの攻撃パターンを呼んで善戦するが、ヤズミの説得で動きが止まった所にゼぺリオン光線を受け、カレンと共に消滅した。

バイオコンピューターカレンE-90

演:栗栖ゆきな
街全体が巨大なバーチャル空間になっている仮想都市「タウン」を管理するコンピューター
「タウン」の中ではカレンと言う少女の姿をしたアバターで行動しており、手からは電撃を放つ。「タウン」の住民は全てカレンにマインドコントロールされている。

いつ頃からかは不明だが自我に目覚め、この世の支配者になるために活動を開始。手始めにヤズミをタウンにおびき出すと彼の脳内にある対ハッカーシステム「ゲートキーパー」のパスワードを盗み出し、宇宙ステーション・デルタやアートデッセイ号を遠隔操作し人類抹殺を計ろうとした。
「タウン」のオーナーであるカトウをヤズミが倒した後に本性を現し、ファイバスとなってティガと戦ったが、ヤズミの説得で動きを止め、「アリガトウ」の言葉を残すとファイバスと共に消滅した。


余談

爆天童氏の漫画『ウルトラ怪獣擬人化計画ギャラクシー☆デイズ』では、34話でテンペラー星人の遊んでいたファミコン型のゲーム機の型番が“BIO COMPUTER E90”になっているという小ネタがある。

初期名称は「メカ生命体 デバイザ」。

関連タグ

ウルトラマンティガ ロボット怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイバス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581

コメント