ピクシブ百科事典

デバン

でばんだでばん

デバンは、特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場した怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:158cm
  • 体重:98kg
  • 別名:マスコット小珍獣
  • 出身地:亜空間


概要

ウルトラマンティガ』第21話「出番だデバン!」に登場。
別名「マスコット小怪獣」。正式名称は「デバンダデバン」であるが、周囲からは縮めて「デバン」と呼ばれている。名前は、旅芸人一座の団長からの「出番だ」という呼び声を自分の名前として認識したために名付けられた。

エノメナ同様、亜空間種の怪獣であるが、攻撃能力は一切持っていない臆病な怪獣。恐怖を感じると耳が発光する。

現実の世界に来た経緯は不明だが、デパートで迷っていたところを、マイノリティ達が集まっている旅芸人の一座「ゆかいな仲間たち」一座に拾われて以来、彼らと共に行動している(一座のメンバーも本物の怪獣であると後から気づくが、以降も一座の一員としてデバンを快く迎え入れる)。

出番だデバン!

攻撃手段を持ち合わせていないデバンだが、エノメナが放つ発狂電磁波を打ち消す能力を秘めている。そのため、エノメナに命を狙われており、巡業先で度々エノメナの襲撃を受けては逃げる日々を送っていた。
GUTSの作戦で、エノメナへの対抗戦力として使われることを拒否した団長と一座のメンバーと共に町を出ようとするも、一座のメンバーを、そして暴徒と化した人々を救うために危険を承知でエノメナに立ち向かっていった。

小さな英雄

エノメナの電磁波を消滅させていくが、エノメナの前に姿を現したことで攻撃を喰らってしまう。一度は倒れるものの、電磁波に苦しむティガを救うために最後の力を振り絞って電磁波を消滅させると同時に絶命する。
亡骸は一座が引き取っていくが、実はGUTSにデバンを実験の道具として連れていかれることを恐れた団長がまだ生きているデバンを死んだと見せかけただけであり、後日、一座がダイゴ宛に送った手紙に同封されていた写真には元気なデバンが写っており、その後も一座のメンバーと元気に暮らしている模様。

ウルトラ怪獣擬人化計画

出番だデバン!


円谷プロ公認(!)の擬人化企画により美少女化されたデバン。
デザインを担当したのは漫画版の執筆も担当している爆天童氏。
ゴツゴツとした外観を、甲冑と和服をミックスさせたような服へとアレンジされている。

漫画版

第5話にて、主人公のゴモラベムスターのクラスメートとして少しだけ登場。
ライブキングウインダムと共にゼットンガマクジラのマスコットを渡していた…のだが、その際、なぜか「これ好きなんじゃろ?」と年寄りめいた口調で話していた

その後長らく登場していなかったが、50話のクリスマス回で久々に登場。
学生業の傍らで郵便屋の仕事もしているようで、ローランからの手紙マグマ星人に届けていた。

今のところ、彼女の出番はこの2回のみである
キャッチコピーでは「キミのデバンを待っていた!」とか言われていたのに…。
まぁ、漫画に登場していないキャラも大勢いるので、登場できた分報われているのかもしれないが…。

pixivに投稿された作品 pixivで「デバン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12521

コメント