ピクシブ百科事典

モネラ星人

もねらせいじん

モネラ星人とは、映画『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』に登場する途轍もなく傲慢な性格の侵略者たちの名称である。
目次[非表示]

「人類に我々と対等に話す資格などありません。貴方方に許される唯一の行為は、これからお見せする我々の新しいおもちゃに恐怖し、絶望するだけです。」

データ

別名身長体重出身地CV
宇宙植物獣人111cm 44kgモネラ星?


概要

植物から進化して誕生した知的生命体
高度な科学力を誇っており、常に礼儀正しい言葉遣いと口調で話すが、実際には途轍もなく傲慢かつ冷酷無比な性格の持ち主であり、人類から進化した成り上がりとして見下している。後述のキサラギ博士を物体呼ばわりしていることからもその傲慢さが窺える。

その為、地球侵略目的もただ目障りというだけの理由で人類を完全に根絶やしにしようと企んだためであり、(恐らく)バド星人に並ぶ悪辣かつ自己中にして傲慢な侵略者ともいえる存在である。

13体存在しており、超能力によりTPC総合本部キサラギ・ルイ博士を遠隔操作して『プロメテウス』を建造させる一方、クリオモス諸島に配備されていたガッツイーグルに予めマシントラブルを引き起こすように細工を施させて下準備をし、対ウルトラマンダイナ戦を想定して調整したゲランダをダイナにぶつけて『プロメテウス』の性能を見せ付けて信用を得ると、『プロメテウス』にダイナの戦闘データをインプットさせたうえでデスフェイサーへと変貌させ、人類にダイナの敗北を見せ付けることにより絶望のどん底に叩き落としてからの人類の完全抹殺を推し進めようとする陰湿な計略を張り巡らせていた。

しかしその(まどろっこしい)計略は恐怖心を乗り越えたダイナの為にあっさりと粉砕されてしまった為、最後の手段として自らの手で計画を実現させようと自分たちの移動手段として使っている宇宙船にして生命体でもあるモネラシードに全個体が同化。
クイーンモネラへと変貌して最後の決戦へと挑むが、最終的には人類を甘く見過ぎていた事が仇となって結局は敗北を喫してしまい、全員死滅したのだった。

余談

デザインモチーフは『ウルトラセブン』に登場したチブル星人

関連項目

光の星の戦士たち モネラシード クイーンモネラ デスフェイサー ゲランダ 宇宙人
バド星人→似た者同士

pixivに投稿された作品 pixivで「モネラ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1633

コメント