2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

元ネタの記事はこちら。→ルルイエ

概要

ウルトラマントリガー』の主人公で植物学者のマナカ・ケンゴが育てている花。命名者はケンゴ本人。鉢には「No.3」とナンバリングされている。
移動の際は、わざわざ専用のケースに入れて持ち歩くほど大事にされている。
ケンゴがGUTS-SELECTに入隊後はナースデッセイ号の内部で育てられている。

どの地球の花にも似つかない、ピンク色の花が特徴。
かつてケンゴが新種として生み出した植物の中で、植物が育たない火星の土壌と環境に適応した唯一の一株だが、未だに蕾のまま開花せず、その時を待ち続けている。

第11話にてユザレの口から、「ルルイエ」は彼らの言葉で「希望」を意味することが明らかとなった。

余談

名前の元ネタが元ネタなだけに「それ絶対(普通の)植物じゃないよね?」一部の視聴者は早くも不穏な予感を察しており先輩二のにならないか心配されている。
なお、育ての親であるケンゴは「スマイル」が口癖な上に『トリガー』の元に当たる『ウルトラマンティガ』には人々に多幸感を与える不吉な花が登場していたが…。

また、『ティガ』にはクトゥルフ神話の要素が取り入れられていた為、そちらの方面でも不安視されている。火星で植物というと御誂え向きの邪神が存在している為である。

上述の11話で「ルルイエの意味が希望」と判明した際、『ティガ』を知る視聴者からは驚きの声が少なからず上がったが、遺跡としてのルルイエには闇だけで無く光もまた眠っており、「劇場版クライマックスで起こした奇跡こそ、ルルイエの真実」と見る事も可能かもしれない。
いずれにせよ、花開くとき如何なる事が起きるのか注目される。




































実際は普通の植物で物語に深く関わる事は無かったが最終回で、エタニティコアの暴走を鎮めるために出立するケンゴを見送るかのようについに開花

トリガーラクガキ6


この時点では既にカルミラとの決着も着いた後だが最後の最後に開花して、ナースデッセイ号のメンバーを笑顔にしているため、ここでケンゴの夢を全て叶えてはおり、作中言われているように「かなり良いタイミング」で咲いたと言える。
元ネタになった『ティガ』本編のルルイエも、現代でこそ忌まわしい過去の遺跡の名という認識ではあるが、超古代の時代でわざわざ縁起の悪い意味で『ルルイエ』と名付けられたとは考え難く、トリガー世界のユザレが明かした通り、元々は『希望』という意味を込められて名付けられた可能性も考察できる。(結局のところ闇の巨人やギジェラ、ガタノゾーアの脅威の積み重ねで滅亡したため、痛烈な皮肉さも増すが)

なお、ラストシーンでは、ケンゴが不在となった後、彼が持ち込んできた他の植物共々、残されたGUTS-SELECTのメンバーが世話をしている様子が描かれている。
ケンゴが帰ってくるまでの間、彼らを見守ってくれている様子である。

その甲斐あってか、2年後にケンゴが無事に帰還を果たした時も元気そうな様子であった。ケンゴ火星の環境に適応できるために誕生させた花であるためか、二年以上も花が咲きっぱなしという彼の信念を象徴するがごとく、とんでもないぐらいに逞しい植物である。

関連タグ

ウルトラマントリガー マナカ・ケンゴ

ルルイエ

関連記事

親記事

マナカ・ケンゴ まなかけんご

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルルイエ(ウルトラマントリガー)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ルルイエ(ウルトラマントリガー)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17195

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました