ピクシブ百科事典

ザランガ

ちきゅうでうまれたうちゅうかいじゅう

ザランガとは、『ウルトラマンコスモス』に登場する怪獣の名称である。
目次[非表示]

データ

『ウルトラマンコスモス』第27話「地球生まれの宇宙怪獣」登場

別名身長体重出身地
宇宙怪獣59m 7万4千t地球

概要

産卵する為に何万kmもを泳いで生まれたへと戻って来るのと同じように、元気で丈夫な赤ちゃん出産する為に遥か彼方の星々から地球へと旅してきた宇宙怪獣の一種。

出産時期が近づくと体温が急上昇して母子共々死んでしまう恐れがある(しかも近づいたコスモスが逃げる程の高温‼)為にを冷やす必要性からなどのが豊富な惑星である地球を目指す習性を持っており、如何やら度々地球を訪れているらしく、江戸時代にも来訪したという記録が残っている。ちなみに漢字表記は「座濫駕」。

妊娠すると火薬のにおいを極端に嫌うようになる性質を持っており、本来海に降下する筈が、たまたまその日に花火大会が開かれていた影響で誤って離れた森林地帯に落下してしまった事でひと騒動を引き起こすことになってしまった。

体に溜まった熱を外へと放出する為にから火球として吐き出して体温調節を行い(ちなみに悪意はないとはいえこれが攻撃手段にもなっている模様)、を飛行する際はの粒子を放出する。

TEAM EYESが何とか海へと搬送しようとするが、報道を聞いてやって来た野次馬連中の中にいたバカップルが(悪意はなかったとはいえ)放った花火の為に向きを変えてガスタンクの方角へと向かってしまい失敗。
更に災厄な事に体温の上昇で窮地に立たされるザランガであったが、そこへ慌てて登場したコスモスの『ルナコールド』で体を冷却してもらい、更に『トランスバブル』で海まで搬送してもらい事なきを得るのだった。
その後、みんなが見守る中、無事に出産を終えると元気な子供を連れて宇宙へと帰っていった。

宇宙怪獣ベビーザランガ

宇宙怪獣 ベビーザランガ


身長体重出身地
不明 不明にしはま海岸付近の海中
ザランガが無事に出産した子供で、生まれてすぐにと同様に光の粒子を放出しながら飛行する能力を持つ。
生まれた後に親と共に宇宙へと旅立っていった。

関連項目

ウルトラマンコスモス ウルトラ怪獣
キングトータス フライングライドロン カンガルー怪獣パンドラ シャザック…同じく子持ちの怪獣。

関連記事

親記事

ウルトラマンコスモス うるとらまんこすもす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザランガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1988

コメント