ピクシブ百科事典

キングトータス

きんぐとーたす

キングトータスとは、『ウルトラマンタロウ』に登場する怪獣である。本稿ではクイントータスとミニトータスについても解説する。
目次[非表示]

データ

身長60m
体重4万t
別名大亀怪獣
出身地オロン島近海

概要

第4話「大亀怪獣東京を襲う!」
第5話「親星子星一番星」に登場。
メイン画像左上(キングトータスは頭部に角が生え、牙が口腔から出るほど長い)。
火山活動によってオロン島の2億年前の海亀が地殻変動によって圧力の薄い地上に飛び出し、開発され巨大化した怪獣で、クイントータスでミニトータスの

巨大海亀を見世物にして金儲けを企む悪徳行商人の黒崎により、妻のクイントータスと卵を連れ去られたため東京に上陸。脱出してきたクイントータスと共に卵を食べた(ちなみに、この卵を食べた人間は体に亀甲状の蕁麻疹が発生して盛り上がり、凄まじい痒みに襲われる)人間たちを次々と食い殺していった。

その後はクイントータスと共にウルトラマンタロウと戦い、一度は合体攻撃で退ける。
そのまま近くにいた黒崎一味に襲い掛かり捕食。卵を食べた者たちを全員喰らってしまった。

復讐を遂げた後、卵を持ち運ぶべくオロン島に帰ろうとしたが卵を持つことができず難儀していた。そこでZAT側も協力して故郷に返してあげようとするが、スミス長官なる人物から物言いが上がる。曰く、このままオロン島に戻って来られると潜水艦や船の運航に支障をきたすのでこのまま討伐してほしいというものだった(黒崎たちに協力した船と船員が海に沈められたり、タロウが敗れたことが長官の態度を強硬なものにしていたことが覗える)。

それでも何とか故郷に帰すことに成功するが、待ち構えていた地球警備隊の攻撃を受けたことでオロン島が沈められてしまい、怒り狂ったクイントータスが再びタロウと戦うが、今度はストリウム光線でクイントータスが倒されてしまう。
怒り狂ったキングトータスは角から光線を放ち、息子であるミニトータスをムリヤリ成長・巨大化させてタロウを襲わせるが、罪悪感を感じたタロウによって亡骸が宇宙に運ばれると後を追う。
その後はもう二度と身勝手な人間達に利用されないようにとウルトラの星に連れていかれ、復活を遂げたクイントータスやミニトータスと平和に暮らしているという。

その後、『ウルトラ銀河伝説』に登場するベリュドラの角を構成する怪獣の一体としてキングトータスが登場したが、劇中で死んだのはクイントータスの方である。スタッフの勘違いであろうか?

大亀怪獣クイントータス

こちらはメスの個体で、メイン画像左下の怪獣。詳細はリンク先を参照。

大亀怪獣ミニトータス

メイン画像右下の怪獣。
キングトータスとクイントータスの息子で、クイントータスが最後まで守り切ったから孵化した怪獣。詳細はリンク先を参照。

その他

スペースタートル

ニンテンドーDS専用ソフト『怪獣バスターズ』及びそれの完全版『怪獣バスターズ パワード』に登場。
惑星ワッカや怪獣墓場に棲息する此方から攻撃を仕掛けない限りは襲ってこない大人しい性格の甲羅に無数のトゲが生えているの様な姿の小型怪獣の一種で、攻撃を受けると甲羅に隠れて高速回転して敵に反撃する。

また、甲羅から出た後は敵の前から回れ右をして、ただひたすらに直進して逃げようとする。

関連タグ

ウルトラマンタロウ ウルトラ怪獣  親子

pixivに投稿された作品 pixivで「キングトータス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2973

コメント