ピクシブ百科事典

正義のためなら人間はどこまでも残酷になれるんだ

せいぎのためならにんげんはどこまでもざんこくになれるんだ

特撮ヒーロー番組『仮面ライダーOOO』の登場人物である火野映司が言ったセリフの1つ。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーOOO』の第22話「チョコと信念と正義の力」で発せられた台詞。

白石知世子の後輩である神林進「悪い奴は許さない」と言う欲望から生まれたバッタヤミーが悪人を次々と襲い、その事を知った後藤慎太郎正義のために力を行使するバッタヤミー」を止める事に迷いを感じていた。
しかし、アンクは「倒さなきゃメダルは手に入らない」と返す。
そして、主人公火野映司は……


『いっぱい見てきた』
『誰かを守りたいっていう気持ちが、自分達の正義がどんどんエスカレートすることがある』

『正義のためなら人間はどこまでも残酷になれるんだ』


かつて訪れた海外で紛争や、エスカレートした正義を目の当たりにした映司はバッタヤミーを倒す事に迷いが無く、私刑に加担していた神林に対しては
「あれが神林さんの考えてた正義ですか? あれがやりたかったことなんですか!」
と一喝していた。
その後、ウヴァの命令を優先したバッタヤミーに見放された神林が、自身の過ちを悟り「正義」と言うものに疲れ果てた際には……


『誰が正しくて誰が間違ってるって、とっても難しいことだと思います』
『自分が正しいと思うと、周りが見えなくなって正義のためなら何をしていいと思ったり』
『きっと、戦争もそうやって起こっていくんです』

映司に諭された神林はようやく改心し、バッタヤミーが倒された後は小さな幸せを守る為、弁護士を目指す事を決意していた。

考察

バッタヤミー登場回は正義の在り方に一石を投じたエピソードであるが、「悪い奴は許さない」という考えは大なり小なり誰もが潜在的に抱えている感情と言える。
現実でもフィクションでも許し難い様々な悪意を目の当たりにすれば、正義感や怒りが一気に膨れ上がる人間が現れるものであり、たとえ実行に至らなくても、「○○を××してやりたい」「○○が酷い目に遭えばいい」などと考える者も少なくはない。

また、今回の構図はバッタヤミー(バッタの仮面を被る仮面ライダー)がタジャドルコンボ(猛禽類をシンボルとするショッカー)に敗北したかのように見える点を含めて、一見、仮面ライダーシリーズそのものへの皮肉とも解釈されかねないが、実際は正義と悪は表裏一体で、全ては責任と使い方次第であるというシリーズへの肯定でもある。いわゆるクロス・オブ・ファイアという概念を端的に表した回だとも言えよう。

そして映司は「目の前で起こっている事に一生懸命になるしかないんです。小さな幸せを守る為に」とも述べている。この回は正義の為に司法試験に落ち、家族を蔑ろにしてまで私刑を下す独善的な執行者になった神林が、家族の生活を守る為にもう一度司法試験に挑む道を選択した所はまさしく神林が子供のヒーローへの一歩を踏み出した瞬間であろう。
もし、小さな幸せを守れない人間が正義の為に動くといずれ、悲惨な末路を辿るのである。神林は一線を越える前にそれに気付けたのは幸いだったと言えよう。


関連タグ

仮面ライダーOOO バッタヤミー 悪の敵 私刑




現実世界関連



フィクション作品(上記の仮面ライダーOOO関連以外)

  • 誰もが皆ヒーローになれるよ:別作品の有名なフレーズ。パッと見は本記事とは真逆の明るいイメージだが、実は結構深い意味が込められている。詳しくは個別記事を参照。


  • 刑事ドラマ:正義を仕事とするが、犯罪者を捕まえる為に冤罪や、疑惑の段階で被疑者への非人道的な対応、捜査が誤っても責任を取らない・謝らない姿勢、隠蔽の為なら末端の切り捨てや最悪、無実の被疑者の後の人生を破滅も辞さない、正義とかけ離れた風刺ドラマは少なくない。

  • 火星の後継者新たな秩序の為に立ち上がった革命者達……と言えば聞こえは良いが、実態はテロ行為で被害を及ぼしては、危険性を訴える必要悪と嘯く者達であり、裏では誘拐や非道な人体実験で多くの犠牲をもたらし、ひた隠している。悪となり正義を導く事に陶酔している為、別の形で正義の為の残虐さを見せ付けた組織。

  • ウルトラスーパーデラックスマン行き過ぎた正義から生まれた、際限のない残酷さそのもの。しかし、こちらは矮小な独善でしかないが。最終的にはその独善によって自身に気にかけた人物でさえも手にかけようとしたが……。

  • ガイゾックギルバリス:上記とほぼ同じだが、こちらは(身勝手な尺度であるが)宇宙規模の平和の為に活動=暴走していた。後者に関しては小さな幸せを守りぬくヒーローによって討たれた。


  • 都々目紅一勝子:映司と同じく正義に対して一石を投じるようなセリフを口にしたキャラ。


  • サカズキ「徹底的な正義」という過激な信念を掲げており、僅かな悪さえも許さない。それは民間人であっても悪と見做せば手にかけることも辞さないレベルにまで及んでおり、正しく映司の台詞を体現した人物となっている。

  • パトリック・ザラ及びサトー:両者そろって血のバレンタインにて、愛しい存在を喪った経緯を持つも、行き着いた先が互いに敵対勢力の皆殺しに至ってしまった。また、どちらも目的達成の為ならば、味方殺しを辞さない強硬さも共通している。

  • ギルバート・デュランダル:『争いをなくす』為、全人類の将来を遺伝子によって確定させる『ディスティニープラン』を提唱・実行しようとした。経緯の発端こそ将来を誓った女性との破局=人生の敗北と言うありきたりなもので、その為に地球の経済活動を半ば破綻させたりもしたが、計画の真意そのものは本物である。

  • キラ・ヤマト:上記の人物と同じ『争いをなくす』為に尽力する人物。しかし、キラの場合(政治的権力・知名度をほぼ持っていない為)場当たり的に『争いの原因』を絶つ事しか出来ない上、その為に圧倒的な武力で対象を鎮圧するしかないと、半ば暴力に訴える行為に終始する。


  • 衛宮切嗣:「世界の恒久的平和」と言う1つの正義による理想実現を目的とし、その為に様々な形での残酷な手段にも及んでいった。奇しくも彼も、映司の台詞通りに家族などの「小さな幸せ」を犠牲にしてしまう

  • 衛宮士郎:作中にある展開、そしてある一つの行く末に該当する。この際に彼は「正義感」を捨て「小さな幸せを守るか」か、「日常の象徴」を捨て「正義の為にどこまでも非情になるか」という二択に迫られており、まさに的を射た様な話となる。

関連記事

親記事

バッタヤミー ばったやみー

pixivに投稿された作品 pixivで「正義のためなら人間はどこまでも残酷になれるんだ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 595

コメント