ピクシブ百科事典

パウチ

ぱうち

アイヌ民話に伝わる淫魔。パウチカムイ (Pawci-Kamuy)とも言う。

パウチ(pawci)とは樺太アイヌの古謡で「巫女」を指す語、転じてその巫女に神掛かる憑神(トゥレンプカムイ)をも指す。そして、現在のパウチカムイはこの憑神が零落した姿であると言われている。

地域によってその性質にはかなり差があり、例えば石狩川流域に伝承されるパウチカムイは工芸の女神であるとされる。観光地として有名な層雲峡はパウチカムイの砦であり、ここに住むパウチカムイは(あたかもドナウ川のローレライの如く)魅惑的な裸身で舟人を誘惑し、舟を難破させると言われている。

千歳地方の伝承ではパウチノッカ(Pawci notka)とも呼ばれ、「トルルルル…」と鳴きながら(コルルラッキと言う)飛ぶ変幻自在の魔物とされる。これに憑かれた者は運が落ち、死ぬほど不幸な目に遭う。

然し、大多数の地域では一種の邪悪な憑きもののように語られている。これに憑依された者は言動が常軌を逸脱し、男女問わず裸になって走り回るなどの奇行に走り、やがて疲弊して死んでしまう。パウチカムイが憑依した人間の行列に遭遇した者も同様の症状に落ち入る事がある。大量のパウチ(美形の裸族、男女有り)が踊りながらやって来て、コタンを崩壊させた、と言う伝承が数多く残っている。

普段は天にあるススランペッ川と言う大河の畔に居り、男も女も皆全裸で踊りながら過ごしている。そして彼らが踊りながらヤナギの葉を川に投げ入れるとそれが変じてシシャモになり、下界の川に泳ぎ出ると言われる(その為一部の地域ではシシャモをパウチカムイの魚として恐れ忌み嫌った)。
余談になるが、アイヌ語でウコパウチコロ(互いにパウチを持つ)と言えば性行為の事、パウチコロベ(パウチを持つ者)と言えば美人だが何処か妖気が漂う女性へのやっかみの言葉として用いられる。

 水木しげる漫画死神大戦記』には、「正義の神のしもべである老婆」として登場したが、後月刊ムー誌に掲載された「水木しげるの憑物百怪」では、「はだかのおねえさん」として描かれる。

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パウチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22024

コメント