ピクシブ百科事典

リコモ星人ケバキーア

りこもせいじんけばきーあ

リコモ星人ケバキーアとは、『特捜戦隊デカレンジャー』に登場するアリエナイザーである。

「ボクを倒した奴らは許さない……」
CV:戸部公璽

概要

全ての住民がホームページを持っているリコモ星人のアリエナイザー
自身の肉体をデジタル化し、パソコンの世界に入り込むことができる。

パワー増幅効果のあるウェルネストーンを手に入れる為、グローザ星人ヘルヘヴンと共謀。ストーンの持ち主であるフラグラント星人衛里香王女を誘拐し、現金引き渡しの際衛里香に変装しウェルネストーンの入手に成功した。

ヘルヘヴンが倒された後はパソコンの世界に引きこもっていたがデジタル変換装置を使って突入して来たバンとホージーに本物の衛里香を救出されてしまい、「営利誘拐の罪」でデリート判決を受けハイブリッドマグナムで倒された。

だがエージェント・アブレラによって怪重機「デビルキャプチャー2」に残存データを移植されて復活。
デカレンジャーロボと戦うも右腕を切断され、ジャスティスフラッシャーでデリートされた。

スペシャルポリスの情報によると、リコモ星人は皆小型のコンピューターを自分の家として携帯し、他の星で現実世界に出ると体組織が崩壊してしまうらしい。現実世界に出ると回復には20時間を必要とし、その間はコンピューターから外に出られなくなる。
またリコモ星はデジタル2進法の世界で、「0」と「1」以外の数字は考えられない。

関連タグ

アリエナイザー

コメント