2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

SPライセンス

えすぴーらいせんす

SPライセンスとは、特撮テレビドラマ『特捜戦隊デカレンジャー』に登場する変身アイテムの一つ。
目次[非表示]

概要

宇宙警察捜査官の一般的な装備(一部例外もアリ)である警察手帳兼身分証。3つの基本モードを含めた多彩な機能を実装し、事件の捜査や犯人へのジャッジの際に用いられる、デカレンジャーにはなくてはならないアイテムである。
前述した位置付けから、配属先の惑星や組織・部署などによってカラーリングにも、後述の通り様々なバリエーションが存在するのも特徴の一つであり、キーアイテムの差異によるものなどを除けば、スーパー戦隊シリーズでもトップクラスにバリエーションの多い変身アイテムである。

デカスーツ装着時には、腰後ろのベルト留めに設けられたホルスターに、スワットモード使用時には胸アーマー(スワットベスト)の右胸のスロットに、それぞれセットされる。
事件の捜査中にSPライセンスが破損した場合は、再発行として新たな物が支給される。実際に作中でも、センちゃんの所持していたライセンスが「再発行」されている(第41話より)。

機能

チェンジモード

「エマージェンシー!デカレンジャー!」(※)のコールに合わせ、特定のポーズを取りつつカバーを開くことにより、デカベースから形状記憶宇宙金属「デカメタル」製のスーツ(デカスーツ)が微粒子状に分解・転送され、持ち主の身体の表面で定着、変身を完了する。変身完了の際にはヘルメットの形成に合わせて「フェイスオン」とコールする。
デカスーツだけでなく、物語後半より実装されたスワットモードへの多段変身にも使用され、その際には「スワットモード・オン!」のコールにより、各種強化装備が増設される。変身前の状態から直接変身することも可能で、その際は「エマージェンシー!スワットモード・オン!」とコールする。

チェンジモードは変身に用いられるモードであると同時に、一般的な警察手帳と同様の身分証としての機能も備えており、カバーを開いた際には本体側に宇宙警察のエンブレムが、カバー側に持ち主のパーソナルデータがそれぞれ表示される。

(※ コールに関しては「エマージェンシー!」と省略される場合も多い)

フォンモード

デカベース、およびライセンス同士での通信を可能とする。フォン(PHONE)と称されているものの、携帯電話のように耳に当てる訳ではなく、トランシーバーのように通話を行う。また通信のみに留まらず、データ検索や分析、それに内蔵された小型カメラによる撮影機能も搭載。TVシリーズ終了後に制作されたOV『スペーススクワッド』では、汚れたものを綺麗にする機能も新たに実装されている。
これらの機能はタッチパネル式での操作となっており、本体側に各種アプリケーションが、カバー側に入力キーがそれぞれ表示される。

ジャッジモード

特捜戦隊デカレンジャー デカマスター


宇宙最高裁判所に対し、被疑者の起訴と即決を求める際に使用。センちゃんがスケコ星人マシューのジャッジメントに使用したように、変身前後を通して使用可能なモードでもある。
ジャッジメントに要する時間は10秒間(※1)で、その間本体側の赤い「×」マークと、カバー側の青い「○」マークが交互に点滅、判決が下された場合にはそのいずれかが発光するようになっている。

ジャッジモードは、あくまで危険な凶悪犯と戦闘状態になり、直ちに現場でデリートの判決が必要だと判断された場合に使われるモードであり、もし相手が素直に投降した場合は普通にそのまま逮捕の上、凶悪犯の場合は留置後に改めてデリート判決が下される(※)。
また、デリート不許可の判決が下された場合でも即無罪という訳ではなく、あくまで死刑にならないだけでそのまま逮捕・拘留され、宇宙最高裁判所に送られた上で、そこで改めて有罪・無罪や有罪の場合の具体的な刑罰が決められる。

(※ 後年制作されたOV『特捜戦隊デカレンジャー 10YEARS AFTER』では、この極めて短時間でのジャッジメントについて、地球よりも200万分の1の時間の速さとなっている「ゴワシチョル星系」に宇宙最高裁判所(と、宇宙検察庁)が置かれている都合上、実際には8ヶ月もかけて審理が行われていることが言及されている)

ミラージュディメンション

フォンモードに付随した機能の一つで、ヴァーチャル空間を作り出して相手を閉じ込め、炎や水といった森羅万象などの幻覚により幻惑させるのが基本的な使い方である。
また、特定の人物の姿や声・質感を写し取り、使用者がその人物に変身するといった用途にも用いられることもあり、その精度は変装と早変わりを得意とするウメコですら見破れなかったほど。
作中ではTVシリーズにおいてデカイエローが、『10 YEARS AFTER』ではデカレッドがそれぞれ使用。

変装モード

画面上に表示された服装を選択し決定することで、一瞬のうちにその服装へと早変わりする事ができる。

その他

デカマシンを始めとするビークル類の起動の際、コンソールにセットすることで起動キーとしての役割も果たす。
また追加の機能として、囚人護送の際の逃走防止を目的に、ライセンスからの操作により電撃を施錠に送ることも可能となっている。

バリエーション

SPライセンス

一般的なバージョンで、作中ではデカレンジャーの5人が使用。
本体カラーは白と黒、カバー部の「S.P.D.」のロゴと各モードを示す文字は白となっている。

マスターライセンス

ドギー・クルーガーが使用するライセンスで、機能自体は一般的なライセンスに準ずる。
本体カラーは黒で統一されている他、「S.P.D」のロゴも黒地に金の縁取りが施されたものとなっている。
この他、チェンジモードで表示される宇宙警察のエンブレムも、通常のライセンスより装飾が増えたものとなっているのが特徴である。

デカスワン仕様

白鳥スワンが使用するライセンスで、こちらも機能は一般的なライセンスと同様。
本体カラーとカバー前面が白となっている他、「S.P.D」のロゴはオレンジ色となっている。

デカゴールド仕様

マリー・ゴールドが使用するライセンス。
本体カラーとカバー前面は白、「S.P.D」のロゴは赤色となっている。

ファイヤースクワッド仕様

新設の特別チーム「ファイヤースクワッド」隊員に配備されたもので、作中ではTVシリーズ最終回やOVにて、同チームに配属されたバンが使用。
カラーリングは本体色が黒、カバー前面が赤とされ、白色のロゴも「S.P.D」の下に所属チームを表す「F.S」の文字が追加された二段組のものとなっている。その他チェンジモードのエンブレム、フォンモードの画面などにも一部変更点が存在する。
カバーについてはTVシリーズとOVとでも差異があり、前者ではモードを示す文字が廃されているが、後者では文字の下に配されていた線のみが再度施されている。

玩具

放送当時になりきり玩具として、「変身手帳 SPライセンス」「変身手帳 マスターライセンス」の2種類が発売されている。いずれも主要な3モードを再現できる他、後者にはデカレンジャー5人の音声も追加で収録されている。
また、マリー・ゴールド仕様のSPライセンスも、てれびくん2004年10月号(小学館)誌上でのプレゼント企画の抽選品として製品化されている(100名限定)。

この他、放送終了後の2017年から2018年にかけて、「戦隊職人」レーベルより前出の2バージョン、それに「ファイヤースクワッドver.」が新規造形で発売された。いずれもキャストによるボイスの増加や作中の主要なBGMの収録など、音声周りがより強化されている他、チェンジモードの身分証部分がシール処理からパネル差し替え式に変更、ジャッジメントモードでもパネルの発光が追加されるなど、ギミック面でもさらなる充実が図られた仕様となっている。

関連タグ

特捜戦隊デカレンジャー ブレスロットル
警察手帳

カードコミューン ブレイバックルニチアサ同期のヒーロー達の変身アイテム
機動刑事ジバン - メタルヒーローシリーズの一作。同作でも変身アイテムではないものの、通信や身分証明の機能を持つ「電子ポリス手帳」が登場しており、SPライセンスは「21世紀の電子ポリス手帳」というコンセプトでデザインされたことが関連書籍にて言及されている

スーパー戦隊変身アイテム
ダイノブレスSPライセンスマージフォン

関連記事

親記事

デカレンジャー でかれんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 919

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました