ピクシブ百科事典

ダイナモ星人テリーX

だいなもせいじんてりーえっくす

ダイナモ星人テリーXとは、『特捜戦隊デカレンジャー』に登場するアリエナイザーである。

「へー、あのころに比べて装備が充実してるな。でもやめとけ。お前らもアイツみたいに再起不能になりたいか?」
CV:浜田賢二

概要

おへそがないとされるダイナモ星人のアリエナイザー
ダイナモ星人は皆空気中のあらゆるエネルギーを取り子んで電気に変えることが可能だが、このテリーXは生まれつきの特異体質でエスパーをプラズマ化することが出来る。
そのプラズマは1本で火力発電所と同じ電力を持つ電池「プラズマX」の製作に使われるため、大量に製作し裏社会で売りさばいていた。
また電気を自在に操りかつプラズマXを知り尽くしている彼のなせる業としてプラズマを使用して自力での巨大化が可能。
SPD地球署が出来て間もない頃、レオン星人ギョク・ロウの足を負傷させたもののデリートされたかと思われていたが密かに生き延びていた。この戦いでギョク・ロウは一線を退くことになった為、当時一緒に戦っていたホージーとジャスミンは強い責任を感じていた。

2人が調査している時にエスパー能力者の反応を感知して出現。両腕から発射する電撃でデカブルーとデカイエローを撃退。駆けつけたデカレッドも返り討ちにした。
その後エージェント・アブレラからエスパー能力者以外も乾電池化できるパーツ「フィルター・アタッチメント」を受け取り街中で大量の一般市民を電池に変えて殺害。
デカレンジャーとの再戦でも優位に立ち、デカブルーとデカイエローを精神的に追い詰めていったがギョク・ロウの激励を受け、見失っていた自分を取り戻した二人に両腕の電極を破壊された。

その直後にプラズマを使って巨大化。デカウイングロボと戦うが「445個の惑星における人間乾電池化殺人の罪」でデリート判決を受け、ファイナルバスターでデリートされた。

ダイナモ星人は上記の通り自分で電気を作り出す事でき、それを生活に使うので、電気を防ぐゴム製品はダイナモ星にはない。

関連タグ

アリエナイザー

コメント