ピクシブ百科事典

トリガー星人ブラムド

ぶらむど

トリガー星人ブラムドとは、『海賊戦隊ゴーカイジャー』に登場する行動隊長兼アリエナイザー。
目次[非表示]

CV:桐井大介

データ

プロフィール:元々は特殊な発火神経を持ち、全身に直接マウントした各銃重火器を操って戦う宇宙人
強化改造:発火神経、専用ハンドガン・マガジン
特殊任務:地底ミサイル都市破壊作戦

概要

宇宙帝国ザンギャックの行動隊長にして、宇宙警察から「いくつもの惑星を破壊した罪」でデリート判決が下りているトリガー星人のアリエナイザー

特徴である発火神経をインサーンによって強化され、カスタムメイドのハンドガンを取り付ける改造手術を施されている。
両手に持っている二丁拳銃を発射すると同時に発火神経の働きで腕についているハンドガンも同時に発射する事ができ、標的を瞬時に蜂の巣にしてしまう。

地底ミサイルを使った都市破壊計画を目論み、ナビィの「警察に行けばいい事がある」という占いで警察署に出向き、宇宙警察に追われる身となったキャプテン・マーベラスと彼らを追って来たドギー・クルーガーがその場に居合わせ、二人とも始末しようとしたが逃がしてしまう。

その後ドギーが単身で駆け付けたが、直前の攻撃でかすり傷を負っていたドギーを発見、攻撃するがマーベラスの助けで再び取り逃がす。
ミサイル発射まで残り1分のところまで追い詰めたが、ドギーからモバイレーツを返してもらったマーベラスが変身したゴーカイレッドゴーミンを全員倒され、ミサイルのコントロール装置も破壊されてしまい、5人そろったゴーカイジャーが豪快チェンジしたデカレンジャーの連続攻撃に怯み、ストライクアウトで倒された。

その直後、ギガントホースから発射された巨大化ビームで巨大化。
ミサイルを直接使おうとしたが、ゴーカイオーにミサイルを奪われた上ギガントホースに投げつけられてしまい、デカレンジャーの大いなる力で合体したデカゴーカイオーとの激しい銃撃戦の末、ゴーカイフルブラストでデリートされた。

関連タグ

行動隊長 アリエナイザー

pixivに投稿された作品 pixivで「トリガー星人ブラムド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント