ピクシブ百科事典

クリスト星人ファーリー

くりすとせいじんふぁーりー

クリスト星人ファーリーとは、『特捜戦隊デカレンジャー』に登場するアリエナイザーである。

「これで太陽の下でも好き放題だぜ!」
CV:江川央生

概要

ニンニクに弱いとされているクリスト星人のアリエナイザー
上記の弱点と日光に弱いという吸血鬼のような宇宙人で、夜の闇に紛れて数多くの犯罪を犯してきたが、太陽の下でも思うがままに悪事を働きたいと常々考えていたところ、光を吸収する特殊金属「ルナメタル」の噂を聞きつけ地球に襲来した。

怪重機「デビルキャプチャー4」を購入し、街中で暴れさせている間にルナメタルを奪って飲み込み周りの光をすべて吸収し、太陽の下でも活動が可能になった。

戦闘力も向上しデカレンジャーを腕から伸ばす触手で追い詰めたが、日ごろのコンビネーションを発揮し始めた5人に徐々に追い詰められハイブリッドマグナムの攻撃に怯み「19の星における合計257件の強盗殺人の罪」でデリート判決を受け、ディーバズーカの攻撃でデリートされた。

スペシャルポリスの情報によると、クリスト星は太陽の光が届かない辺境にあり、一日中暗闇に包まれている。そのためクリスト星人の眼は夜でも見えるように発達し、光に対する免疫がないため太陽の光を浴びるとダメージを追ってしまうというハンデを抱えていた。
一日中夜しかないクリスト星には「おはようございます」という挨拶はありえないらしい。
またテツがスぺキオン星人ジェニオを捕らえた惑星もこのクリスト星である。

名前の元ネタは、吸血鬼役を多く演じたことで知られる映画俳優クリストファー・リー

関連タグ

アリエナイザー

コメント