ピクシブ百科事典

プコス星人ジャッキル

ぷこすせいじんじゃっきる

プコス星人ジャッキルとは、『特捜戦隊デカレンジャー』に登場するアリエナイザーである。
目次[非表示]

「何じゃそりゃー!!」
CV:遠近孝一、スーツアクター:矢部敬三

データ

  • 登場話:Episode.31「プリンセス・トレーニング」
  • 身長:200cm
  • 体重:79kg
  • 出身地:プコス星
  • 罪状:57の星における殺人罪及び王女様の殺人未遂罪
  • ジャッジメント:デリート許可


概要

ただでさえうるさいのにお酒を飲むとさらにうるさくなるとされるプコス星人のアリエナイザー

プコス星人の中でも特に感情表現が豊かで、腕の良さだけでなく「イヨッホ~」と叫びながら仕事を完遂する敏腕の殺し屋としてアリエナイザーの中でも有名人であり、王位継承権を持つ自分の娘を王女にすることを企むトカーサ星人イオ・ヨンマールイッチ王女の侍女のマチカから依頼を受け、イオ暗殺の為に地球に現れた。

優れたスナイパーならではの射撃スキルの高さを誇り、ライフルを愛用している。

プコス星人は感受性が高く、大声やリアクションで物事を表現する。
かしましいプコス星人には引っ込み思案な性格のプコス星人はいない…何でこんなにテンションが高いのに暗殺者を続けられてたかは未だに謎である。

劇中での活躍

「イオの暗殺が計画されている」と、保護したイオの態度から察したデカレンジャーによってイオと瓜二つのウメコを囮にしておびき出す作戦が建てられたが、それは王位継承の儀式を嫌がったイオの嘘で、そのことを伝えようとした矢先ウメコが撃たれたことで暗殺計画が発覚。

デカレンジャーとの戦いでも持ち前の射撃スキルで善戦したが、ジャスミンと防弾チョッキを着ていたことで無事だったウメコが合流。
デカピンクの「防弾チョッキつけてても痛かったんだからキック」を受け、上記の台詞と共に吹っ飛ばされた。

その後怪重機キャノングラディエーター3」に乗り込み、スーパーデカレンジャーロボと戦うが「57の星における殺人罪及び王女様の殺人未遂罪」でデリート判決を受け、ガトリングパンチでキャノングラディエーター3の爆発に巻きこまれてデリートされた。

余談

名前の由来はスナイパーライフルのスコープジャッカル(狙撃による要人暗殺計画を題材とした小説・ジャッカルの日にかかっているとも思われる)+kill(英:殺す)に由来。

武器のライフルはジャーゴ星人スキーラに流用された。

声を担当した遠近孝一氏は前作『爆竜戦隊アバレンジャー』にてラッコピーマンの声を担当しており、スーパー戦隊シリーズへの出演は4年連続となる。また、4年後の『炎神戦隊ゴーオンジャー』ではレンズバンキの声を担当した。

関連タグ

アリエナイザー

関連記事

親記事

アリエナイザー ありえないざー

兄弟記事

コメント