ピクシブ百科事典

横山やすし

よこやまやすし

漫才師・タレント。メインイラストは彼を代表するギャグの一つである「メガネ、メガネ・・・」
目次[非表示]

概要

1944年3月18日生まれ、1996年1月21日没。愛称やっさん。身長163cm(本人談)
本名は木村雄二で、旅芸人の父と高知の小さな島で仲居をしていた母の間に生まれ、乳児のうちに養子に出される。
中学生でラジオ出演したことを機に漫才を志し、「堺伸スケ・正スケ」というコンビで「堺伸スケ」の芸名で中学卒業直後にデビュー、天才少年と高い評価を得るも相方が2年で引退して解散。
横山ノックに弟子入りして現在の芸名をもらい、歌謡浪曲師の中山礼子の紹介で出会った西川きよしと新たなコンビを組んだ。

西川きよしとのコンビ漫才は漫才ブームの到来と共に記録的な人気を博し「やすきよ漫才」として20世紀を代表する天才漫才師と呼ばれるまでになった。

しかし酒癖の悪さと暴力癖からトラブルを起こすことも多く、1977年4月にはタクシー運転手に暴言を吐き、1982年にはTV番組での暴言により事務所から謹慎処分を受ける。
さらに1986年から西川きよしが政界に転身したことでコンビ仕事がなくなり、ますます酒に溺れて完全なアルコール依存症状態に陥ってしまう。
さらにタレントとなった息子の木村一八も当時未成年ながら酒で暴力をふるって事務所を解雇され、やすし本人も度重なる暴言などで事務所からも最後通牒を突きつけられていた。
そんな矢先の1989年にバイクの飲酒運転で事故を起こしたため吉本興業もついにやすしを解雇処分にし、やすきよコンビは事実上の解散になってしまった。
その後も右翼団体から国政に立候補して失敗したりと迷走が続いていた。
1996年1月21日、自宅で酒を飲んだまま心肺停止しているのを妻が発見して搬送されたが助からないかった。死因はアルコール性肝硬変。享年51歳。

その才能を高く評価されつつも、酒で身を滅ぼした悲劇的な人生であり「破天荒な芸人」が許容された時代の終焉をも体現していた。

破天荒な彼の素顔は実は気が小さかったらしく、酒に溺れていったのはそのせいだったともいわれている。

その他

  • ビートたけしは度々横山やすしの芸に対して「彼には色気も芸も敵わない。自分より遥か雲の上の位置にいる人」と例えていた。加藤茶も「全盛期のドリフの五人が束になっても敵わない」と例えた事がある。
  • 前妻との間には前述の木村一八(長男)と一般人の長女が、逝去まで連れ添った後妻との間にはエステティシャンで漫才師『さゆみ・ひかり』(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属、宮川大助・花子門下で相方・宮川さゆみは師匠の一人娘。)の木村ひかり(次女)がいる。



関連タグ

芸人

pixivに投稿された作品 pixivで「横山やすし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69668

コメント