ピクシブ百科事典

ジシャクワルド

じしゃくわるど

『機界戦隊ゼンカイジャー』に登場する敵組織・トジテンドが造り出したワルドの一体。
目次[非表示]

「ジ~シャックククク! いい眺めジシャク!」
「どうだ、重いだろ? ジシャシャシャシャシャッ! 丁度いい的ができたジシャク!」

CV:中谷一博
スーツアクター:齊藤謙也

データ

身長/189cm
体重/278kg
世界/ジシャクトピア
名物/はがれない鉄
名産/マグネッ刀S極(エスきわみ)・N極(エヌきわみ)

概要

トジテンドが人間界侵略の為に、磁石の世界「ジシャクトピア」を閉じ込めたジシャクトジルギアクダックに組み込んで、砂鉄にまみれて誕生したワルド

ジシャクワルド


頭部はU字磁石の意匠を持つ鍬形と吹返を配した武者兜になっており、赤い面頬を模した顔には砂鉄が鼻の下へ集まり口髭を形成しているジュラン曰く、「昔の担任に似てる」との事。
また、棒磁石と太刀を組み合わせた形状の二振りの武器『マグネッ刀S極(エスきわみ)・N極(エヌきわみ)』を携行する。
クダイターの身体のシルエットも含めて全体を俯瞰すると、さながら機械の鎧武者を思わせる和風の外見を有している。

ジシャクトピアの力を悪用する事で、人間やキカイノイドの身体に強力な磁力を発生させて文字通りの「人間磁石」に変えてしまう能力を行使する。
磁石にされた者は周囲のあらゆる金属を引き寄せ、付着した金属物品は“はがれない鉄”として自力で取り外せず動きを制限され、最終的にその重量に耐え切れず押し潰されてしまう。戦闘でも相手に使用すると、磁力に付与された存在は敵・味方を問わず武器に次々と引っ付かれてまともに立ち回れなくなり、侵略手段にも搦め手にも効果的に使える、汎用性が非常に高い能力である。

磁力のレベルは調節が可能で、レベルを上げれば自動車やトラック、果ては飛行戦艦のクロコダイオーすら引き寄せられる吸引力を発生させられる。一方、後述の弱点に対処するセーフティーとして、磁力のレベルはジシャクワルドの意思次第で下げる事も出来る。
更にマグネッ刀を掲げて放つ光で、虚空より大量の鉄骨を召喚する技『無限鉄骨』も有していて、これで磁石にした相手に鉄骨を吸着させて、身動きを封じつつ押し潰す戦術も使える。
そしてこの磁力はキカイノイドへ特に作用し易く、段々と磁力が強まっていくキカイノイド達を放置すれば、彼等に引き寄せられる金属が街中を飛び回り、周辺を巻き込むと言う収拾不可能なカオスな事態も引き起こせる。

但し、付与した磁力は細かい制御が一切利かない為、対象の磁力に引っ張られて来た巨大物体の質量攻撃にジシャクワルド自身も巻き込まれる恐れがある。かと言って、磁力そのものが武器である為に磁力のレベルを下げると、ほぼ防戦一方になってしまう。また、高熱に晒されると磁力が弱まり吸引力が低下する等、弱点も割と多い。

「~ジシャク」と言いながら、戦闘より人々を磁石化する行動を優先した裏方仕事へ徹する真面目な性格。真面目な為生み主のゲゲステイシー等、首脳陣からは目の上のタンコブ扱いされ気味な幹部に対しても低い物腰で接する礼節を弁えているが、それ故に口から出まかせの嘘に引っ掛かり易い素直過ぎる面も持つ。

活躍

ゲゲの我が儘を聞いたボッコワウスの命令により、イジルデが選定したジシャクトジルギアにより誕生。侵攻を開始すると同時に、持ち前のジシャクパワーを発揮してゼンカイジャーの面々も含めた街中の人々を磁石化する。
ありとあらゆる金属を吸いつけて混乱する様子を、ビルの屋上より見物して高笑いしていた所で、ゼンカイジャーがくっ付いた物品を振り払いつつ参上。

そこから介人達はチェンジして戦おうとするも、取り出したギアトリンガーが仲間同士でくっ付いて団子になったり、不意に引き寄せられる動きで銃の狙いが外れる等してまともに動けない。それを見て「クッハッハッハ! そんな身体で、この俺に敵うと思ったかジシャク?」と嘲笑いつつ無限鉄骨を発動。大量の鉄骨をゼンカイジャーの頭上に降らせ、身動き取れなくさせて、「そのまま苦しみ悶えて潰れるがいいジシャク!クッハハハ!」と言い残して場を立ち去った。

その後、遅れて現れたゾックス/ツーカイザーに助けられ何とか鉄骨の山より抜け出したゼンカイジャーだったが、磁力作用が効き易いキカイノイド達は、より大きな金属製品を引き寄せ始め、ジュラン達4人は飛来する街中の金属製品から必死で逃げ回る羽目になる。
やがてマジーヌ自転車がくっ付いて倒れた矢先に自動販売機に押し潰され脱落。ブルーンも飛んできた工事用バリケードで視界が遮られたところに、自動車トラックのサンドイッチになり、「アイル…ビー…バック」と言い残して力尽きた。
さらに、残されたジュランとガオーンの耳に飛行音が聞こえてくる。

ガオーン「今度はワニ…」ジュラン「オー マイ ガー…」

何と2人は空を飛んでいたクロコダイオーを引き寄せてしまっていた。フリントが逆噴射で抵抗するも、キカイノイドが2人いる分、より強くなった磁力が勝って有効打にならず焼け石に水。ジュランとガオーンは、じりじりと迫ってくるクロコダイオーから逃げ出さざるを得なくなり、この時点でゼンカイジャー4人がほぼ戦闘不能という戦果を挙げたジシャクワルドは、トジテンドパレスに帰還しゲゲに経過を報告する。

ゲゲ「ふう~ん、上手くいってるんだ」
「この調子なら、すぐにゼンカイジャーもスクラップとなり、侵略が容易になるはずジシャク。 ボッコワウス大王によろしくお伝えくださいジシャク!」
ゲゲ「もちろん。 じゃあ、次の報告を楽しみにしてるよ?」
「はっ!……はあ~、緊張した……。 砂鉄ポリポリ……」

だが、その直後にステイシーが現れて「ゼンカイジャーがジシャクパワーを破った」と聞かされる。驚いたジシャクワルドは、ゼンカイジャーがいると言う岩漕山へ急行する。

「わっせ、わっせ…うん、この辺のはずジシャク。あれ? えー、儂の方位磁石だと、こっち北だから、南? え~、太陽はどっち…むむっ!?」

介人「来たな、ジシャクワルド!」 セッちゃん「来たなチュン!」
ゾックス「待ってたぜ」

「あれぇ!? お前、まだ磁石効果が切れてないジシャク!?」
介人「ああ。おかげで重くて、大変だ!」 セッちゃん「悪かったなチュン」

実は、先のステイシーの情報は嘘だった。ステイシーは母の面影があるヤツデと心安らぐ時間を過ごしており、ゾックスに「自分の正体が、介人の命を狙う敵だとヤツデにバラされたくなければ協力しろ」と脅され、無人で周囲に金属物品のない岩漕山にジシャクワルドを誘き出すべく、偽情報を教えたのだった。

待ち構えていた介人とゾックスは、ゼンカイザーとツーカイザーに変身して戦闘開始。だが、ゼンカイザーに与えたジシャクパワーはまだ残っていた為、クダックの槍を吸いつけてしまい、まともに戦えない。すかさず無限鉄骨でゼンカイザーを下敷きにして追い詰め、いい的が出来たと笑いながらトドメを刺そうとするが、

ジュラン「的はてめえだ、磁石野郎!!」

そこへ、そのままクロコダイオーを引き連れたジュランとガオーンが、玉砕覚悟でジシャクワルドを道連れにしようと一直線に突貫して来る。

「あれ、何~~~っ!?」

ガオーン「覚悟しろ、ジシャクワルド~!!」
ジュラン「こうなりゃヤケだ! てめえ諸共大爆発してやるぜ!!」

シェ~ッ!? あんなのにぶつかられたら一溜まりも無いジシャク!! ジシャクパワー、レベルダウン!」

さすがに飛行戦艦相手に押し潰されてはかなわないと、ジシャクワルドは、堪らずジシャクパワーのレベルを下げてしまう。結果、ジュランとガオーンの磁力が弱まり、解放されたクロコダイオーは逆噴射で吹っ飛んでいき下敷きは免れたものの、金属製品を振り払って身軽になった勢いのまま突っ込んできたジュランとガオーンから殴り飛ばされ、ゼンカイザーの放ったギアトリンガーの銃撃を食らって形勢逆転。

セッちゃん「カ・イ・カ・ン。介人、地球戦隊ファイブマンのギアチュン!」

ずっと介人/ゼンカイザーにくっ付いていたセッちゃんのアドバイスで、ゼンカイザーはファイブマンギアを使用。それで一時的に得た理科の知識により「磁石は高熱に弱い」と見抜く(この時仲間たちは「介人が賢い!?」と驚愕していた)。
それを聞いたツーカイザーは、火のモヂカラを扱うシンケンフォームにチェンジ。ゼンカイジュラン胸より出す炎の息を自分のジュランソードとゼンカイガオーンのガオーンクローに纏わせて同時に斬り掛かる。ジシャクワルドは炎の斬撃をまともに喰らってジシャクパワーが弱まり「力が抜けるジシャクゥ……!?」と狼狽えるも、その直後ゼンカイザーの放ったゼンカイフィニッシュバスターが直撃して爆散・敗北した。
倒された事で磁石にされた全員の身体の磁力が消滅し、マジーヌやブルーンも漸く磁力地獄から解放された。

その後、残ったジシャクトジルギアは「疲れている所を、狙う俺!」と、ゼンカイジャー達が疲労困憊なのも御構い無しに現れたクダイテストに踏まれて取り込まれ、ダイジシャクワルドを誕生させた。

結局、かなり善戦しながらもステイシーの偽情報のせいで、ジシャクワルドの作戦は失敗に終わったが、生み主のゲゲは「ボッコワウスのご機嫌を取って君達が自由に出来る空気を維持してあげた」と嘯き、イジルデやバラシタラの嫌味をかわした。
そして作戦失敗の原因を作ったステイシーに対しては、「今は黙っておいてあげるよ」となぜか裏切り行為を黙認し、不気味な笑い声を上げるのだった。

余談

テレビ朝日公式サイトの紹介ページでは、表記ミスなのか本来の「名物」と「名産」の表記が逆になっている。

小学校で理科の教材としてお馴染みのアイテムであるという事もあり、磁石モチーフの戦隊怪人は過去に何度も登場している。今回は『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のパーンマイナソー以来2年ぶりの登場となった。
また、その姿から鎧武者も含まれると思われるが、こちらも『特命戦隊ゴーバスターズ』のジシャクロイド忍者と同様に和風モチーフとなっており、どちらもK-SuKe氏がデザインを担当。因みにK-SuKe氏はTwitterでジシャクロイドが0距離射撃で倒されていた点を嘆いていたが、奇しくもダイジシャクワルドが同様の最期を迎えている。

声を演じる中谷氏は『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』でレムードンの声を担当しており、2021年の同年に短いスパンでスーパー戦隊シリーズへ出演した事となる(※劇場版キラメイジャー自体は諸事情により、去年の夏公開予定だったのが半年ズレた物の為、実際は約11か月越しの出演になる)。
またスーツアクターも一致しているので、事実上の再演とも言える。

関連タグ

機界戦隊ゼンカイジャー
トジテンド ワルド(ゼンカイジャー)
磁石

バステト女神:似た様な能力を持ったスタンド

エレキヅノー:こちらも磁力を使い似たような作戦を行った戦隊怪人。ただしこちらは戦隊メンバーの1名のみを磁石にして、人々に迫害される様に仕向けている。

ドン・アルマゲ最終形態:同じく面頬付きの武者兜を被り2本の剣で戦った他、デザイナーも一致。また素体を共通する別形態から、兜と背面パーツを換装したスーツ構造ともなっている。

マグネットステイツ:磁石をモチーフにした仮面ライダーの強化形態でこちらも金属を用いる敵には無敵に等しい状態が似ている。

カブトーン:磁石、鎧武者と同じモチーフの東映怪人。

テツワン探偵ロボタック:磁石の力でモードチェンジするロボットたちが活躍するメタルヒーローシリーズ最終作。

歴代の磁石モチーフ戦隊怪人達

マグネット怪人磁石神父マグダス磁石忍者ジシャックモジシャクナゲンゴロウジシャクバンキ/デンジシャクバンキジシャクロイドマグーダ・ポーンパーンマイナソー

関連記事

親記事

ワルド(ゼンカイジャー) ぜんかいじゃーのわるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジシャクワルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 830

コメント