ピクシブ百科事典

葉桜院あやめ

はざくらいんあやめ

「逆転裁判3」に登場するキャラクター
目次[非表示]

概要

年齢は25歳。小さな頃に毘忌尼に引き取られた孤児で山奥にある「葉桜院」の尼僧、2人暮らしで、たまに街へ出かける。成歩堂のかつての恋人美柳ちなみに瓜二つの容姿を持つ。
『3』の5章にて被告人として登場し、成歩堂及びその代理の御剣が弁護を担当した。名前である「葉桜院」は便宜上使用しているだけで、本名は本編をクリアしても不明である。

関連タグ

逆転裁判
被告人

※これ以降は本編の根幹に関わることです。閲覧にはご注意を※

ネタバレ


その正体は宝石商の男性との間に生まれた綾里キミ子の娘にして、美柳ちなみの双子の妹。公でキミ子の娘となっている綾里春美の異父姉で、綾里千尋綾里真宵の従姉妹にあたる。

姉共々霊力を持っていなかった為、母キミ子から関心を抱かれずに冷遇され、綾里家の権力目的だった宝石商の父からも愛されることなく育つ。綾里一族が「DL6号事件」で権威を失墜させた際、綾里家を見限った父が里を去る際に姉と共に父に連れられて出て行った。その後、父が再婚する際に子どもは少ないに越したことはないとして、あやめだけが綾里一族に縁のある「葉桜院」に引き取られた。姉のちなみがその後荒んでしまったのに対し、あやめは尼僧の毘忌尼という母同然の存在を得て、彼女の愛情を受けながら真っ直ぐで優しい女性になった。
その後かつて姉が殺害しかけたゴドーから、獄中の母と死刑が執行された姉が異父妹の春美を使って従妹の真宵を殺そうとしている事を聞かされ、母と姉を止めるために真宵の母・綾里舞子と共にゴドーに協力することとなる。

実は成歩堂と付き合っていた「美柳ちなみ」は、姉と入れ替わっていたあやめである(つまり成歩堂はちなみとは初対面時と裁判の時しか会っていない。実際に普段から交際していたのがあやめ)。あやめはこれ以上姉の犯罪で犠牲になる人を出さないために、成歩堂に渡した証拠品のペンダントを回収する目的で姉と入れ替わっていたが、いつしか成歩堂に本当に好意を抱くようになった。しかし、なかなかペンダントを回収できないでいた為、業を煮やしたちなみは成歩堂を毒殺しようと計画を立て、ちなみの本性に気付いていた元彼の呑田が成歩堂に忠告していたのを目撃し、呑田を殺害し成歩堂にその罪を着せようとしたのが、『3』の1章における事件の真相である。

あやめは成歩堂に対して、いまだに好意を抱いているような描写がある。成歩堂も自分の知っている「美柳ちなみ」が、裁判で最後に会ったちなみとあまりにもかけ離れていた為、あやめだったことを知って納得したようである。

殺人には直接の関与はしていないものの偽装工作には協力したため罪に問われておりEDの時点ではまだ拘留中であやめの口ぶりから成歩堂たちも時折面会に来ているようだ。少しは情状酌量の余地があることを祈りたい所である。

pixivに投稿された作品 pixivで「葉桜院あやめ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121775

コメント