ピクシブ百科事典

宇在拓也

うざいたくや

『逆転裁判』の登場人物。

概要

CV:西野真人(テレビアニメ版)

逆転裁判』第3話に登場。当時32歳。
子供たちに大人気のヒーロー番組「大江戸戦士トノサマン」の撮影監督。
肥満体でオタクを絵に描いたような中年男性であり、語尾には(笑)や(怒)など感情を表す文字がつく(アニメ版では「~だぞぅ」という口調でしゃべる)。
かつてはマイナーなB級映画ばかり作っていたが、プロデューサーの姫神サクラによってトノサマンの監督に抜擢され、番組が大ヒットしたことで一躍有名人となった。そのため、姫神には頭が上がらず、それどころか姫神に怒られることに快感を覚えてすらいる

事件の調査に訪れていた綾里真宵を見て閃き、事件解決後にトノサマンの続編「小江戸剣士ヒメサマン」を制作。トノサマンに続いてこちらも大ヒット作となっている。
逆転検事』第2話では、背景に登場。空港のロビーで弁当を食べながらトノサマンシリーズの新作の構想を練っていた。

関連タグ

逆転裁判 トノサマン
姫神サクラ 大場カオル 荷星三郎 衣袋武志 間宮由美子
成歩堂龍一 綾里真宵

コメント