ピクシブ百科事典

トノサマン

とのさまん

『大江戸戦士トノサマン』とは、『逆転裁判』シリーズの作中で放映されている架空のヒーロー番組である。
目次[非表示]

概要

ネオ・オオエドシティを舞台に、主人公のトノサマン(演:荷星三郎)とライバルであるアクダイカーン(演:衣袋武志)が戦いを繰り広げるヒーローアクション特撮作品である。逆転裁判作品中の続編としては「小江戸剣士ヒメサマン」「大江戸戦士トノサマン・丙!」が存在する。

また逆転検事では「大江戸亭主トノサマン・OTTO」という舞台公演が、アレバスト王国主催のイベントとして永世中立劇場にて上演された。逆転裁判3の7年後、2025年の設定である逆転裁判4でもシリーズは続いており、「電動伝道師サマンサマン」に続く最新シリーズのタイトルは「ボージャク武人ナニサマン」らしい。

登場人物たちからの評価

メインヒロインの綾里真宵のほか、大滝九太少年や御剣怜侍もトノサマンのファン。御剣は当初はファンと言う設定はなかった(荷星三郎に対して「いつも楽しく拝見しております」と言っていたがそれを聞いた成歩堂龍一は本気にしていなかった)ものの、攻略本に書かれたおまけ漫画で「実は隠れファン」というギャグが描かれてから定着した。「逆転検事」では、検事局の執務室にトノサマンのフィギュアが置かれたり、六法全書のカバーでカモフラージュされたトノサマン大百科が置かれたりしている。また、成歩堂や真宵はトノサマンのテーマの着メロを使用している。

社会的影響

英都撮影所の看板番組の一つ。同撮影所を再建した凄腕プロデューサー姫神サクラが、当時は無名でB級映画を撮影していた宇在拓也を発掘、監督に起用することで誕生した。

関連商品であるトノサマン・カードが大流行し、社会現象となったほか、2017年にはシリーズ作品である「トノサマン・丙!」がライバル番組である「忍者ナンジャ」とヒーロー・オブ・グランプリを最後まで争った結果、見事受賞するなど、10歳くらいのヤングには絶大な人気を誇っている。

主題歌について

「トノサマンのテーマ」には、逆転裁判のクリエイターである巧舟により公式の歌詞が付けられている。子供番組という設定であるのにも関わらず、「息の根止めるまで」だとか「ぶち殺せ」という物騒な歌詞になっており、非常にカオス。
ゲーム中では逆転検事でこの歌詞が登場した。



放映・公演一覧

タイトル放映年月タイムテーブル登場作品
大江戸戦士トノサマン~2016年10月21日毎週金曜17:00逆転裁判1
小江戸剣士ヒメサマン2017年ごろ毎週金曜17:00逆転裁判1
劇場版大江戸戦士トノサマン2017年劇場版逆転裁判1
大江戸戦士トノサマン・丙!2017年~2018年3月毎週日曜8:00逆転裁判2
大江戸亭主トノサマン・OTTO2019年3月14日舞台公演逆転検事1


主要キャスト

大江戸戦士トノサマン

小江戸剣士ヒメサマン

大江戸戦士トノサマン・丙!

大江戸亭主トノサマン・OTTO

pixivに投稿された作品 pixivで「トノサマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18041

コメント