ピクシブ百科事典

大逆転裁判

だいぎゃくてんさいばん

『大逆転裁判』とは、法廷バトルゲーム『逆転裁判』シリーズの新プロジェクトとして発表された、新シリーズ。
目次[非表示]

概要

2014年4月24日に発表された、『逆転裁判』の新シリーズ。
正式なタイトルは『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』。
ゲームジャンルは「大法廷バトル」。ハードはニンテンドー3DS/3DSLL。
2015年7月9日に、パッケージ版とダウンロード版がともに発売された。
2017年9月1日にiOSとAndroidでアプリ版が配信された。

物語の舞台は19世紀明治時代、法の黎明期となる「大日本帝国」時代の日本と
裁判制度の最先端であった「大英帝国」時代のイギリス。

ゲーム中のナレーションは菅生隆之が担当している。

2016年9月に開催された「東京ゲームショウ2016」にて、続編となる『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』の制作決定が発表された。2017年8月3日発売。

登場キャラクター

以下には主要人物を掲げる。詳細は逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧を参照。

声:下野紘
本作の主人公で、成歩堂龍一の先祖。
大日本帝国、帝都有盟大学の学生。
ある事件がキッカケで、「弁護士」をめざすこととなる。
最新の司法制度を学ぶために、留学生として、大英帝国へと旅立つ。

声:花澤香菜
海外の探偵小説を愛読している、ユメ見る大和撫子。
ある事情により、「法務助士」という立場で、成歩堂をサポートすることとなる。

声:中村悠一
成歩堂の親友。帝都勇盟大学の学生でありながら、すでに「弁護士」の資格を持つ。
低い立場だった「弁護士」という新しい身分を確立させ、日本の司法を革新するため、
大英帝国への留学を志す。

声:川田紳司
世界で最も有名な「大探偵」。あまりにもスルドイ推理力と観察力をもっており、
時には「真相」どころか、真実の向こう側にまでいってしまうことも。

声:久野美咲
ホームズと同居している少女。医学博士号を持つ。
倫敦(ロンドン)で大人気の小説『シャーロック・ホームズの冒険』を連載している。

声:津田健次郎
かつて“死神”の異名で恐れられ、大英帝国の法曹界ではその名を知らぬ者は居ない、伝説の検事。
彼の立つ法廷では、例え「無罪」となっても、助かった被告人は一人も居ないという。

声:なし
倫敦警視庁の刑事。
フィッシュ&チップスを愛し、常に食べている。
『シャーロック・ホームズの冒険』に登場しているのが自慢だが、筆者のアイリスを「お嬢様」と呼びデレデレ。

この他にも、後に日本を代表する文豪となる夏目漱石ゲスト出演している。

新要素

基本的なシステムはこれまでの逆転裁判シリーズと同じだが、レイトン教授VS逆転裁判で登場した群衆尋問と、以下の新システムが導入されている。

共同推理

探偵パートで登場。事件の際にホームズが披露する《名推理》は毎回核心を突きながらも、その着眼点はどこかズレている。そこへ成歩堂が割って入り、怪しい人物やその周りを観察し、間違っているキーワードを正しいものに入れ替えることで真相に迫っていく。

陪審バトル

大英帝国の法廷では、無作為に選ばれた六人の陪審員が裁判の行方を左右し、六人の評決が一致した時点で判決が下される。六人全員の評決が《有罪》となった時、弁護側は陪審員たちを説得する《最終弁論》の権利を行使出来る。弁護側は陪審員全員に被告人が有罪であるという根拠と主張を聞き、ムジュンしている主張同士をぶつけることで、陪審員の評決を覆すことが出来る。六人中四人の評決を覆すことが出来れば、審理が再開される。

主要用語

代言屋
弁護士の蔑称。作中で弁護士制度が出来て数年とあるが、史実では弁護士制度成立以前は代言人と呼ばれた。江戸時代に遡ると公事師と呼ばれ、民事訴訟のみに活動して一部業務を除いては違法の存在であった。実際、一部に訴訟に乗じて金銭を毟る詐欺師紛いもいたらしい。大逆転裁判の時代は、無実の被告人を救う近代的な弁護士の仕組みが成立し日本の司法制度が形成されていく草創期に当たる。

大審院
大法廷があり、大日本帝国で最高に権威のある裁判所。史実上では現代でいう最高裁判所であるとともに特に重大な事件の第一審にして終審も行っていたので、今回の外交上極めて重大な事件の裁判が開かれたのかもしれない。

大英帝国
当時の世界で覇権を握る、日の沈まぬ大帝国。世界最高の工業力、世界最高の文化水準、様々な分野で世界最高の名を誇る強国である。史実上でも明治時代はほぼ大英帝国の全盛期にあたるビクトリア朝時代に相当し、全世界に植民地を広げる最強の超大国であり高い工業力と優れた民主主義諸制度を誇っていた。

倫敦駅(ロンドン駅)
ドーバー港行きを始め、数多くの蒸気機関車が牽く列車が到着している。史実のイギリスでは1840年代が鉄道狂時代と呼ばれ、既にブリテン島各地を鉄道が結ぶようになっている。ただし、行先別に多数のターミナルが市内に分散しており、ロンドン駅という駅は実在しない。

首席判事
大英帝国の法曹界における要人で、弁護士の資格認定を行う権限も持っているという設定。現実では各裁判所を管理する高等法院の長を首席判事と呼ぶ。

中央刑事裁判所(オールドベイリー)
倫敦(ロンドン)にある刑事事件を取り扱う裁判所。「オールドベイリーの死神」ことバンジークス卿と六人の陪審員が待ち構える龍ノ介の主戦場。改築は繰り返されているが、16世紀からold bailey streetという通りに面して実在する。

倫敦警視庁(スコットランドヤード)
倫敦の誇る警察組織。連日長距離のパトロールを繰り返して首都の治安を担当する警察としての役割に加えて、朝労働者を起こす仕事や街灯の点灯まで行っているという設定(実は史実とも相違ない)で、警官は大変に多忙である。倫敦を文字通り支えるスコットランドヤードの警察官の言動は、市民から絶大な信頼を得ている。

ベーカー街221B
ベーカー街221Bは、シャーロックホームズの下宿がある創作上の住所として大変に有名である。本作でもホームズはアイリスと共にこの下宿に住んでいる。なお、同じ建物の屋根裏部屋が、龍ノ介の「成歩堂法律相談所」兼龍ノ介と寿沙都の下宿として提供されている。

中流と下流
大英帝国では女中(メイド)を雇える家庭を中流と呼び、女中もいなければ下流となる。倫敦を二つも三つも買えるような大富豪がいる一方で、イーストエンドには親にも捨てられて子供同士スリ等の犯罪を生業として暮らすしかない貧しい人々が住んでいる。史実でもイギリスは召使という職業が広く浸透しており、少なくとも女中一人を雇っているのが商売人や医師、陸海軍将校などが含まれる中流階級としてのステータスであった。

関連イラスト

大逆転



関連動画





関連タグ

逆転裁判 大逆転裁判2

外部リンク

公式サイト
アプリ大逆転裁判 :カプコン

pixivに投稿された作品 pixivで「大逆転裁判」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12308985

コメント