ピクシブ百科事典

成歩堂龍ノ介

なるほどうりゅうのすけ

ゲーム『大逆転裁判』シリーズの主人公。弁護士。
目次[非表示]

「ぼくは、弁護士になります。
 ‥‥かならず。」

概要

CV:下野紘

ゲーム『大逆転裁判』シリーズの主人公。初登場時23歳。通称・ナルホド。
『逆転』シリーズでおなじみ、成歩堂龍一の先祖。

本編開始時は何者でもない大学生であったが、不思議な“巡り合わせ”を経て、“弁護士”の《道》を進んでいくこととなる。

作中では、大英帝国倫敦に留学して、数々の怪事件に挑む様子が描かれる。

人物

容姿

デザイナーのイメージ上では、身長は168cm程度。

子孫とよく似た顔だちをしており、後頭部がギザギザではないものの、髪の毛は全体的に乱れほうだいにトガりまくっている。

基本的に左の襟に校章のバッジを付けた学ランを身にまとい、周囲からはい青年などと表現されることが多い。外を歩くときは学帽マントを身にまとうこともある。

弁護士になる決意をしてからは、右腕に弁護士の証である腕章、左の腰に日本刀を携えるようになる。剣術を嗜んでいるわけではなく、刀を抜いて振るう描写もない。

『2』のDLCを利用すれば、スチームパンク風の洋装姿〈アイリスお手製スーツの龍ノ介〉という特製コスチュームで物語を楽しむこともできる。

能力

  • “大学生”として

大日本帝国、帝都勇盟大学の学生という肩書きを持ち、初登場時において、二年生であることが語られる。

英語学部に所属しており、英国人の言語を理解できるなど、その能力もダテではない模様。

  • “弁護士”として
最初のころは、何かあればとりあえず「はいッ!」と声を張りあげることが多く、法廷では緊張などによってよく目が泳いで、見るも無残な状態になる様子が目につく。しかし、そんな状態ながらも、不思議と“ムジュン”は見抜いて、図らずも自身の“弁護士”としての可能性を示している。

やがて「異議あり!」などを用いるようになり、“信じる”ということの《重さ》を受け止めながら、弁護士としてリッパに成長していく。
  • その他
早口言葉”がシュミらしく、舌がよくまわると評されることもある。

医者病院といったものにかかるということがキライで、健康をコジらせたメンドウな健康優良児と言われることもある。
5歳のころ、たった一度だけカゼをひいて、無慈悲にも注射針を突き立てられたことを、一生忘れないと言うほどに恨んでいる模様。
肉体も変に頑丈なようで、馬車にはねられても何事もなかったかのように過ごす様子も見られる。

事務所

倫敦では、シャーロック・ホームズの下宿の屋根裏部屋を借りて、《成歩堂法律相談所》という法律事務所を構えており、下宿先としても利用している。お客が来ることはないらしい。

日本から持ってきて棚に飾ってある。弁護士として“一人前”になったときに御琴羽寿沙都に目を入れてもらうべく、片目が白くなっている。
  • 茶道具
寿沙都が日本から持ってきて、整然と並べである。ニガいのがニガテであるとして、密かにちょっぴり砂糖と牛乳を入れている成歩堂であるが、甘いお菓子との組み合わせには気に入っている様子。
水槽の中で車海老や磯巾着がゆらゆらしている。エサやり、水槽の掃除、海水の入れ替え、たまに話しかける‥‥等、手間をかけて面倒を見ているとのこと。
  • “いわくありげな”
ホームズの部屋をそのように形容し、英国の古道具屋で妙なものを買っては事務所に持ち込んで、部屋の感じの再現を試みている。おかげで当初はなにもなかった事務所がすっかりニギヤカとなっている模様。
事務所に設置されているうちの一つは成歩堂が利用している。いつも散らかっているせいで、寿沙都から片付けるように何度も注意される。
  • 寿沙都の“私室”に通じるトビラ
中からは寿沙都とアイリスの楽しそうな笑い声がよく聞こえているとのこと。

人間関係

帝都勇盟大学に通う成歩堂の親友で、彼に“弁護士”の才能を見い出し、大英帝国への道を切り開いてくれた人物。

2人の出会いについてはDLC《ランドストマガジン第1号》にて語られており、第1話より1年前の夏に催された《学生弁論大会》で対峙して以来、一緒に大学の講義を受けるようになったり、学生街の牛鍋屋で憂国論議を戦わせるようになったという。

先述の腕章と日本刀は、その親友から託されたものとされており、彼がココロの内にとどめていた『やるべきこと』について、本人の口から直接成歩堂に明かす様子も合わせて、2人の間には強い友情関係があったことがうかがえる。

成歩堂の倫敦での戦いを、トナリに立って支えてくれる法務助士。

倫敦行きの蒸気船内での事件以降、行動を共にするようになり、成歩堂が弁護士になる決意をしてからは、倫敦到着までの40日間で彼の法律の勉強につきあっていた模様。

得意の柔術でブン投げられることも度々あるが、彼女のことは世界一の《法務助士》として賞賛しており、彼女がいればどんな法廷も怖くないというように語っている。
倫敦行きの蒸気船内で出会った、大英帝国・倫敦が誇る名探偵。

自慢の推理力で事件の真相解明に手を貸したり、自分の事務所の屋根裏部屋を“下宿先”として貸し与えたり‥‥等、蒸気船での出会いをキッカケに、度々成歩堂をサポートするようになる。

彼の奇行に振り回されることも多々ある成歩堂だが、彼のことを世界最高の仲間の1人として語りながら、どんな危機だって《大逆転》できると考えている模様。
『成歩堂龍一の先祖』として紹介を受けることが多い成歩堂龍ノ介であるが、本編では、2人の絡みが見られるわけでも、双方から存在が語られるわけでもない。

ただし、なんでもありの本編外‥‥逆転裁判15周年を振り返る特別法廷で、どういうわけか時空がネジれて、先祖と元祖のユメの共演が実現することとなる。
法廷内では、共にミョーな“親近感”を覚えたり、子孫から『龍ノ介』という名前の弁護士を先祖に持つことが語られたり‥‥等、本編にはない2人の掛け合いの様子が見られる。

活躍

  • 大日本帝国から大英帝国へ

第1話《大いなる旅立ちの冒險》で殺人事件の容疑者として起訴されるが、弁護士の親友・亜双義一真の手を借りつつ、自分で自分を弁護することによって無罪判決を勝ち取る。このとき、亜双義によって弁護士としての才能を見抜かれ、第2話《友とまだらの紐の冒險》で留学生となった亜双義とともに密航という形で大英帝国に向かうことになる。

  • 大英帝国にて
大英帝国到着後、シャーロック・ホームズから屋根裏の部屋を借りて、《成歩堂法律相談所》を立ち上げ、弁護士として活動開始。倫敦の法廷でいくつもの裁判を経験していく。

『無印』第5話《語られない物語の冒險》での失態によって、弁護士資格の停止処分が課されたこともあったが、『2』第3話《未来科学と亡霊の帰還》で法廷に復帰するまでの半年間、深く反省して研究に励む様子も見られる。
  • 誓いと帰還
最初はなりゆきで弁護士になったことで、自分の中に迷いがあったものの、倫敦での留学を経て、弁護士という《道》を自分の《道》として、一生をかけて進むことを誓う。
そして、そのリッパな弁護士としての姿に感銘を受けた御琴羽悠仁の依頼によって、まだまだ未熟な日本の司法を支えるべく、弁護士が不足している大日本帝国へと帰国していった。

関連イラスト

大逆転裁判なるほどくん
大逆転裁判


関連タグ

大逆転裁判 大逆転裁判2
御琴羽寿沙都 亜双義一真 御琴羽悠仁 成歩堂龍太郎
シャーロック・ホームズ アイリス・ワトソン
逆転裁判等シリーズ主人公
成歩堂龍一 王泥喜法介 御剣怜侍 

ねずみ‥‥公式でネズミ化している。

弁護士 学帽 学ラン 

関連記事

親記事

大逆転裁判 だいぎゃくてんさいばん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「成歩堂龍ノ介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4061498

コメント