ピクシブ百科事典

成歩堂龍ノ介

なるほどうりゅうのすけ

成歩堂龍ノ介とはゲーム「大逆転裁判」シリーズの主人公である。
目次[非表示]

概要

CV:下野紘

大逆転裁判」シリーズの主人公。初登場時23歳。
明治時代の人物で、成歩堂龍一の先祖。
大日本帝国、帝都勇盟大学の英語学部に通う大学生
とある事件をきっかけに弁護士を志すことになり、最新の司法制度を勉強するために、大英帝国へと旅立つ。

子孫とよく似た顔だちをしており、後頭部がギザギザではないものの、髪の毛は全体的に乱れほうだいにトガりまくっている。
PVの最後に異議あり!の掛け声とともに子孫と同じギザギザ頭になるらしいが、詳細は不明。
その他、馬車にはねられて無事だったり、机が散らかっていたりなど、子孫との共通点もいくつか確認できる。

学ラン学帽という服装からファンの印象は「これなんて葛葉ライドウ?」というものが多い。学帽を身につける機会はあまりないが、周囲からはい青年と認識されている。

極東的思念


とある経緯で日本刀を携えることになるが、剣術を嗜んでいるわけではなく、刀を抜いて振るう描写もない。

はいっ!


決め台詞は最初「はいッ!」だったが、弁護士を志すようになってからは「異議あり!」になる。

活躍

第1話で殺人事件の容疑者として起訴されるが、弁護士の親友亜双義一真の手を借りつつ、自分で自分を弁護することによって無罪判決を勝ち取る。このとき、亜双義によって弁護士としての才能を見抜かれ、第2話で留学生となった亜双義とともに密航という形で大英帝国に向かうことになる。

そして大英帝国到着後、シャーロック・ホームズから屋根裏の部屋を借りて、成歩堂法律相談所を立ち上げ、弁護士として活動していく。

一時期、失態を犯して弁護士資格の停止処分が課されたこともあったが、そのことを深く反省して研究に励んだことがハート・ヴォルテックス首席判事に認められ、再度弁護のお許しをもらうことに成功している。

最初はなりゆきで弁護士になったことで、自分の中に迷いがあったものの、いくつもの法廷に立ったことで心境に変化が生まれ、大逆転裁判2の終盤では弁護士こそ自分の《道》であると気づき、その《道》を一生をかけて進むと誓う。
そして、そのリッパな弁護士としての姿に感銘を受けた御琴羽悠仁の依頼によって、弁護士が不足している大日本帝国へと帰国し、まだまだ未熟な日本の司法を支えることを決意する。

時を超えた共演

逆転裁判15周年を振り返る特別法廷にも登場する。
大日本帝国の法廷にて、法務助士の御琴羽寿沙都とともに、子孫の成歩堂龍一、綾里真宵裁判長123仕様で登場し、先祖と元祖の共演を果たす。

成の字


ムチャクチャな理論によって時空がねじれたとのことだが、前例もあるので決して深く考えず、テキトーに楽しむべきだろう。

ちなみに、ここでの子孫によると「先祖に弁護士がいた」と聞いたことがあるらしい。

関連イラスト

大逆転裁判
大逆転裁判なるほどくん


大逆転裁判2
大逆転裁判


関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
大逆転裁判 大逆転裁判2
御琴羽寿沙都 亜双義一真 御琴羽悠仁 成歩堂龍太郎
シャーロック・ホームズ アイリス・ワトソン
逆転裁判等シリーズ主人公
成歩堂龍一 王泥喜法介 御剣怜侍 

弁護士 学帽 学ラン 

pixivに投稿された作品 pixivで「成歩堂龍ノ介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3023391

コメント