ピクシブ百科事典

シャーロック・ホームズ(大逆転裁判)

しゃーろっくほーむず

ここでは、ゲーム『大逆転裁判』シリーズに登場する名探偵について解説する。
目次[非表示]

コナン・ドイルの小説に登場するホームズについては、シャーロック・ホームズを参照。

概要

CV:川田紳司

「ぼくは、大英帝国が誇る
 世界の名探偵なのです。
 シャーロック・ホームズ。
 もしかして‥‥知らないとか?」

第2話から登場。初登場時34歳。
大英帝国の倫敦が誇る名探偵であり、世界で最も有名な大探偵として知られている。

自他ともに認める変わり者であるが、これまでにいくつもの怪事件を奇跡のような《名推理》によって解決してきたという実績があり、倫敦の“名物”として広く知られている。

“スイリ”を純粋論理の芸術と称して、探偵として自らの“スイリ”に絶対的な自信を持っており、その“スイリ”から導き出した『結論』を『論理と推理の実験劇場』と称した一幕によって周囲に自信満々に披露するのだが、彼の《名推理》は、
人智を越えた《観察力》によって鋭く“本質”を突きつつも、《着眼点》と《論理》がほんの少しズレている
ということが多く、作中では度々成歩堂龍ノ介が割って入って、そのズレを修正していくことになる。

作中では、終始周囲を振り回すような役回りであるが、第2話で出会った成歩堂とともに、倫敦の大法廷に大逆転を巻き起こすこととなる。

人物

性格

事件現場では常に怪しげな雰囲気をまとっており、捜査という名目で度々謎の行動に走っていることが多く、時折、鼻につくような言動によって周囲を苛立たせることもある。

基本的にかなりの自信家であり、推理力だけでなく、他の分野の才能にも恵まれていると自信満々に主張することもある。失敗して、才能が怪しまれることもよくあるが、大体のことは笑い飛ばして流すことが多い。

かなり忘れっぽい性格でもあるようで、記憶力に自信があると言いながら、記憶があいまいになったり、すっぽ抜けてしまうことも多い。「必要のないことは、できるかぎりさっさと忘れるべき」とのことだが、ヒドいときには、事件を解決したことを忘れて、次の日に関係者を集めて、同じ事件をもう一度解決したこともある模様。

無邪気でつかみどころがなく、色々と問題を起こしやすい性格のせいで手がかかることも多く、コドモみたいだと評されることもある。

一方で、事件が起こってから登場するという探偵のあり方に“やるせなさ”を感じたり、《謎》を解くことにより、却って自分が傷ついたりすることもある模様。

しかし、それでもコリずに謎を追いかけており、彼には苦難と向き合える大探偵の《覚悟》があると評されている。

容姿

金髪で背の高い紳士であり、『鹿打ち帽パイプインバネスコート』という定番とされる衣装に加えて、帽子の上からゴーグルをかけ、右肩から多機能なカバンをさげ、腰のベルトの左側にはキケンなカガク薬品を詰めた3本の硝子瓶がセットされたポーチを装着している。

事務所内では、コートを脱いで過ごす姿も確認できる。

また、『2』のDLCを利用すれば、エキゾチックな和装〈ホームズ特製・和の装束〉で活躍する彼の姿を見ることもできる。

趣味

真実への探究心から、独自に機械や薬品を発明し、調査に用いることもある。

発明品の中には、『ある特定の人物が“触ったもの”がひと目でわかる《試薬》』のように実際に捜査に役立ったものもあれば、『紅茶に一滴たらせば、ホンモノかニセモノか一発でわかる《試薬》』のように役立つかどうかよくわからないものまで存在する。

法廷でも、彼の発明品が話題に上がることもあり、真実解明になにかしらの形で関わることもあるが、世間に発表されていないとされる科学技術を利用しているものも存在しており、証拠として認められないこともある。

いつも相棒のバイオリンですすり泣く独奏を楽しんでいるらしく、バイオリンの才能についても絶対的な自信を持っている。

『ストラディバリウス』という最高の名工の手による芸術品らしく、街はずれの質屋の店先でホコリをかぶっていたところを見つけて、二束三文で買いたたいたものだという。

  • ヒトの弱みを握る
大探偵の能力をその方面へと向けることもあるようで、握った弱みをチラつかせてヒトを動かすというムチャを行うこともある。

危険なコトを要求するときもあり、ムチャが過ぎて問題視され、逆に訴えられそうになることもある。

探偵業

ベーカー街221-Bにて事務所を構えて住んでおり、世界中から事件の依頼が届くらしい。

稼ぎを得るためにコツコツとスイリしているようだが、依頼される“事件”そのものがなによりの報酬だと謳って引き受けている模様。

最近はめっきり忙しくなってきているようだが、家賃の支払いに悩まされることもあり、自分を必死に売り込んで、スイリ以外の方法で稼ぐこともある。

  • 小説
作中では、英国の大衆娯楽雑誌《ストランドマガジン》にて、彼の大活躍が小説化されており、《シャーロック・ホームズの冒険》という題名で連載されている。

小説はホームズの話などを元にして執筆されているようだが、その際、現実とは設定を変える部分もあるため、小説内では現実よりかは幾分まともな人物として描かれていたり、実際に言った覚えのない言葉を口にしていたりなど、“事実”と“創作”との間にズレが生じることもある。

人間関係

無印第2話にて、事件の調査を通じて出会った日本人留学生で、弁護士の卵である。

当初は、「あの“シャーロック・ホームズ”‥‥だったのですよ!」という自己紹介のせいで、名前を“アノシャーロック”と間違われたり、小説を読みすぎて、自分を“名探偵”だと思い込んでしまったカワイソウなヒトだと思われたり等、散々な扱いではあったが、この出会いをキッカケに、2人で『論理と推理の実験劇場』を繰り広げたり、成歩堂法律相談所として屋根裏の空き部屋を貸したり、独自の発明品で捜査に協力したり、独自の捜査で証拠品を持ってきたり‥といった行動によって、深い関わりを持っていくこととなる。

最終的に成歩堂は、圧倒的なスイリで《真実》の世界を見せてくれたと言って感謝の気持ちを表しており、一方ホームズは、共に長い《協奏曲》を演じた忘れがたき日本人留学生と記憶している模様。

ホームズと共にベーカー街221-Bに同居している少女であり、小説《シャーロック・ホームズの冒険》の伝記作家でもある。

両親がいないことによる複雑な事情により、小さなころから共に暮らしていたためか、ホームズの“マネゴト”をするようになったり、世の中のいろんなコトが勝手に“見える”ようになったり等、ホームズに影響されたと思われる部分も見られる。

2人の関係について、まるで“親子”のようだと評されることもあるが、ホームズのコドモじみたふるまいによって、本来あるべき立場とは逆だと言われることもある。

関連イラスト

アノシャーロック・ホームズ

Hold it, Mr.Holmes!


関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧 
大逆転裁判 大逆転裁判2
アイリス・ワトソン 成歩堂龍ノ介 御琴羽寿沙都

ウサギ‥‥公式でウサギ化している










































名探偵はウソをつく。‥‥覚えておくといい。































ネタバレ

大逆転裁判2』で、ホームズが成歩堂たちに重大なウソをついていたことが明らかとなった。

ホームズが成歩堂たちについた“ウソ”とは亜双義一真の死である。
前作第2話の事件が発生した際、ホームズは船室で倒れている亜双義を調べて、「奇怪なる殺人事件」が起こったと告げたが、この時亜双義は意識不明の重体であったものの死んではいなかった。
しかし、ホームズは気絶している亜双義を部屋から運び出して応急処置を施した後、船員たちを半ば脅す形で自分に協力させ、亜双義が目を覚まさない内に『遺体』として香港で降ろして日本へ送還させるよう手配した。

ホームズがこのような行動を起こした理由、それは前作第5話最後の大英帝国の極秘通信と密接に関係している。
前々から英国と同盟国の間で交わされている機密通信を傍受していたホームズは、成歩堂たちがまだ日本に居た頃に英国から日本へ向けて「K・アソウギ」「A・サツシヤア」「T・グレグソン」「J・ワトソン」という4つの名前が発信されたことを知る。
日本に居るかつての相棒御琴羽悠仁との手紙のやりとりで知ったワトソン博士の死と亜双義一真の英国留学、更にワトソン博士の死から数か月前に倫敦の裏社会で有名な殺し屋アン・サッシャーが行方不明になっていたことから、ホームズは「この4つの名前は暗殺の標的の名前であり、サッシャーは既に殺されている」と推理した。このまま亜双義が英国にやって来れば命を狙われると考え、彼の英国留学を阻止するために自分もアラクレイ号に乗り込んだ。

乗船後は上述のウソの殺人事件を利用して亜双義を船から下ろし、たまたま彼が密航させようとしていた成歩堂を代理として英国へ向かわせることで、日本政府が次の留学生をすぐには派遣出来ないように仕向けたのである。
なお、事件を起こしたニコミナ・ボルシビッチには事件解決後に真相を打ち明けて亡命を手伝ったが、その一方で演技だったとはいえ成歩堂と共に彼女を殺人犯呼ばわりしたことについては「決して無実ではなかったのだからいい薬になったと思う」とも語っている。

上述の通り、ホームズは最初、あの通信にあった名前は全て暗殺の標的を示していると考えていたが、日本でワトソン博士を殺した英国人留学生ジェゼール・ブレットの正体が行方不明になっていたアン・サッシャーだったことが判明したことで、4つの名前が持つ意味は大きく逆転することになる…。

なお、作中の共同推理では、必ず着眼点がズレた結論を連発して成歩堂たちを翻弄していた。しかし最終話探偵その1では、限られた時間の余裕に本来の相棒御琴羽を迎えて「“遊び”はなしだ、一気に行くぞ」と宣言し、要所に御琴羽の合いの手タップダンスを挟みながらの修正の余地もない完璧な推理を披露する。それゆえ、それまでの共同推理は余興込みで楽しんでいたのか、もしくは成歩堂の為にわざと正解を外していた可能性が出てくる。

pixivに投稿された作品 pixivで「シャーロック・ホームズ(大逆転裁判)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1456860

コメント