ピクシブ百科事典

ジーナ・レストレード

じーなれすとれーど

ゲーム『大逆転裁判』に登場する人物
目次[非表示]

概要

第3話の途中で新たな証人として登場。17歳。
倫敦のはずれ、イーストエンドで孤児達と暮らしており、他人の財布を失敬して生計を立てるスリの少女。
「スモークランチャー」なる大筒で法廷を煙まみれにして法廷を混乱させ、その後3話の被告人コゼニー・メグンダルの無罪を立証する証人として登場。
閉廷後、その境遇から「オトナはキラい」と龍ノ介に敵意をむき出しにしていたが、突然謎の少女、アイリス・ワトソンが現れ、彼女が持っていた「スモークランチャー」はアイリスからスリ取ったものだと判明。その説教の為にアイリスに連れていかれてしまう。

その後第5話で再び登場。大人が嫌いと言うだけあってホームズのことも嫌っているが、自分で邪険にしておいていざ自身が困ってホームズが助け舟を出そうとすると「遅い!」と罵るなどかなり我が儘で自分勝手だが、一応頼りにはしている面もある。
お説教が縁でアイリスが懐いてしまい、困惑しているがホームズに食事会に誘われた時も口では行かないと言いつつも顔を出している辺りまんざらでもないらしく、その後龍ノ介達にスリ技を教えるなど次第に打ち解けていく。

素直ではないがその本質は心優しい少女であり(要するにツンデレ)、とあるアイリスに関わる謎の解決のためみんなには内緒で質屋「ハッチの店」に忍び込むが、そこで発砲事件が起こり店主のハッチが死亡してしまい、その嫌疑をジーナにかけられてしまう。

その後龍ノ介に弁護を持ちかけられるが、上記の「大人に対する信頼性」を疑っているのもそうだが、それ以上に龍ノ介に対してある「罪悪感」を抱いているため頼むに頼めなかった。しかしその罪悪感の正体を知って尚自分を信じてくれる龍ノ介やアイリスに内心喜び、その命運を龍ノ介にたくす。

関連タグ

大逆転裁判
アイリス・ワトソン コゼニー・メグンダル




















以下、『大逆転裁判』のネタバレ注意






















ネタバレ

彼女が龍ノ介に抱いていた罪悪感とは、第3話での証言が実は偽証であったことである。
第3話の真犯人は何を隠そう被告人であるコゼニー・メグンダルその人であり、メグンダルに脅された為に偽証という形で協力するハメになってしまい、それは「無罪」とする根拠の一つにもなっていたため、龍ノ介が偽りの無罪判決を勝ち取ってしまうという汚名を着せてしまったことに対する罪悪感であった。
第5話の法廷パートで証言を迫られたときも自身と龍ノ介に被害が及ぶことを恐れていたが、それでも尚信じてくれる龍ノ介を信じてその事実をすべて暴露する。

ややあって龍ノ介達の活躍によって見事無罪判決を受け取るが、偽証罪や元からやっていた窃盗の罪は見過ごしてもらえず現状は捕まったままとなる。
とは言え捕まったままなのも自分に非があると認め、「人を信じるためにはまずは自分が変わらなければならない」という結論に至り更生の意を示し、そして最後まで自分を信じてくれた龍ノ介に涙を流しながら笑顔で感謝した。

エンディングでは犯罪捜査に興味を持ったと語っている。その言葉と彼女のファミリーネームである「レストレード」‥‥
それが意味するところは‥‥?

続編となる『大逆転裁判2』では倫敦警視庁の見習い刑事となっており、自称「警察犬第1号」のトビーを連れている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジーナ・レストレード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24923

コメント