ピクシブ百科事典

バロック・バンジークス

ばろっくばんじーくす

ゲーム『大逆転裁判』及び『2』に登場する、本作のライバル検事である。
目次[非表示]

‥‥そうでなければならない。
我が“いけにえ”は‥‥な。

CV:津田健次郎

概要

大逆転裁判」シリーズに登場する大英帝国検事であり、主人公・成歩堂龍ノ介ライバルにあたる。初登場時32歳。
アルファベット表記では"Barok van Zieks”。

貴族であるバンジークス家の血を引く倫敦で最も優秀な検事と評されているが、同時に「彼の法廷に立つ被告人は決して“助かることはない”」という死神としても広く名が知れている。

証拠品のねつ造や証人との裏取引といった不正は一切行わない至極真っ当な検事であり、さすがとも言える優秀な手腕で審理を進めていく。
彼の“異議あり!”や“待った!”は、ブラックレター風書体の黒に近い紺色文字で表記された専用のフキダシが用意されており、荘厳さすら感じられる。

日本人に対して異常なまでの憎しみを抱いており、成歩堂も法廷で強烈な敵意を感じ取っている。

人物

無題


眉間のバツ印の傷が特徴的なやや陰気な雰囲気の男性で、成歩堂は「生命を吸い込まれそうな“闇”の冷気をまとっている」と表現している。

金色の装飾などで高貴さを漂わせたい服とともに、右側の腰にはサーベル、左胸に《検事章》を身につけている他、時折黒いマントシルクハットを身につけることもある。

裁判中は無礼を詫びつつも時折《神の聖杯》を嗜んでいるが、直後にグラスを握りつぶしたりランプに投げつけたり、果てには《神の瓶》を傍聴席に放り投げるなどなど、過去の逆転裁判シリーズの検事たちに負けず劣らずやりたい放題。
裁判中に使用するクリスタルの杯や《神の瓶》、そして葡萄酒の《樽》が執務室に多数並べられており、どれも「こだわりの品」らしい。
その他、大理石のチェス盤も置いてあり、チェスもたしなんでいると思われる。

《死神》

裁判では基本的に名の知れた大悪人や凶悪犯罪など、社会への影響力が大きな事件を扱っている。
彼が検事席に立つ法廷では被告人は“いけにえ”と呼ばれ、たとえその判決が「無罪」であったとしても、数カ月以内に謎の死を遂げている。

この時代の大英帝国には証人への脅迫や陪審員の買収によって無罪判決を勝ち取る犯罪者たちも少なくなかったが、《死神》にニラまれた者は“始末”されてしまう。
裁判では基本的に名の知れた大悪人や、凶悪犯罪など、社会への影響力が大きな事件を扱っている。

彼自身も疑われたが、《倫敦警視庁》の捜査により無関係だと判明している。
しかし、一般市民の中には彼の無実を信じない者もおり、親玉を殺された下っ端犯罪者に襲撃されることもあるという。

法廷から長らく姿を消していたが、成歩堂の倫敦での初法廷に5年の時を経て“帰還”を果たす。
それ以降、成歩堂が弁護席に立つ裁判では事件の大小を問わず法廷に姿を現すようになり、お互いに幾度となく言葉を交わすこととなる。
これまでと違い、単純に見える事件も扱っていることに疑問を抱く倫敦市民も多く、新聞で大々的に報道されるほど。

関連イラスト

大逆転裁判2クリア記念
バロック


関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
大逆転裁判 大逆転裁判2
[[[御剣怜侍]]‥‥元祖ライバル検事

大英帝国 検事 貴族 死神 コウモリ ワイン 
黒猫‥‥公式で黒猫化した。






























ネタバレ

10年前、首席検事だった兄クリムト・バンジークスが英国犯罪史上最悪の殺人鬼《プロフェッサー》に殺害されていた。

死神伝説は「クリムトが“亡霊”となって蘇り、弟の代わりに正義の刃を振るっている」とウワサされたこともあり、彼が《死神》の異名を否定せず受け入れたのは目標であった兄の存在を少しでも感じるためだったとも後に語っている。

しかも《プロフェッサー》事件の犯人として起訴されたのは、兄と同様に尊敬していたある日本人留学生であった。
兄を奪った日本人の裏切りに、バロックは日本人という存在に強烈な憎しみを抱くようになっていった。

pixivに投稿された作品 pixivで「バロック・バンジークス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2149148

コメント