ピクシブ百科事典

仮面の従者

かめんのじゅうしゃ

ゲーム『大逆転裁判2』に登場する謎の人物。
目次[非表示]

「‥‥‥‥‥‥‥‥」

概要

大逆転裁判2』第3話から登場。
法廷記録上では「仮面の男」と呼ばれている。
バロック・バンジークスの“従者”で、白い仮面で素顔を隠し、黒いマントを身に纏っている。

倫敦万博のウラで起こった《死神》襲撃事件の記事の写真より登場。その後、バンジークスの執務室の隅に正座している姿で登場する。

事件の3か月ほど前からバンジークスのもとで『検事』の仕事を学んでおり、バンジークスの《助士》として法廷に立つこともある。卓越した剣術の腕を持ち、バンジークスの護衛も務めている模様。

ハート・ヴォルテックスの《命令》で外部の者とは一切コトバを交わさないうえに、素顔も素性も一切不明で、さらに自身の身の上に関するすべての《記憶》を失っているという。

しかし、成歩堂龍ノ介は彼と初めて対面したときにかすかな“違和感”を感じており、更に倫敦に戻ってきた御琴羽寿沙都と会った時の様子から、成歩堂と寿沙都は「ある疑念」を抱くようになる。

関連イラスト

ついった&iPadらくがきまとめ(大逆転)ネタバレ有


関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
大逆転裁判2
バロック・バンジークス ハート・ヴォルテックス

仮面 従者 マント 
公式で猫化している。 



















正体





以下、第3話終盤の重大なネタバレ




















第3話終盤にて、彼の正体が明らかになる。

裁判終了後、弁護側と検察側以外誰もいない大法廷で、マダム・ローザイクが作った《プロフェッサー》事件の犯人の蝋人形、その頭部を覆う鉄仮面が外され、隠されていた素顔が露わになる。
そこにはある日本人の男の顔が隠されており、成歩堂たちはその素顔に「ある人物」の面影を見る。
その直後、突如頭を抱えて絶叫した従者は、マントを脱ぎ捨てて蝋人形の前に立ち、彼もまた仮面の下の素顔を露わにする。


 ・
 ・
 ・


成歩堂たちの目の前に立っていたのは、1年前に志半ばで命を落としたと思われていた成歩堂の親友亜双義一真だった。
前作の第2話の事件は、ホームズがある思惑を持って「亜双義は死んだ」というウソをついて、殺人事件に仕立て上げたものだった。

この時、事件の影響で“記憶を失う”という後遺症が残ってしまった亜双義は、事件の捜査をしていた成歩堂たちと会った時もまだ《記憶》を取り戻せずにいた。
しかし、事件の犯人、殺人鬼《プロフェッサー》の素顔を目の当たりにしたことで全てを思い出し、成歩堂たちと本当の意味で再会を果たした。

記憶を取り戻した亜双義は成歩堂に家宝の名刀《狩魔》を守り抜いてくれた礼を、寿沙都には成歩堂を倫敦まで導いてくれた礼を述べると、成歩堂から取り戻した《狩魔》を振るい、《プロフェッサー》の蝋人形を一刀両断した後、成歩堂との次なる再会を約束して法廷から去っていった。

彼の事件後から従者になるまでの過程、その後の活躍などは亜双義一真の記事を参照

関連記事

親記事

大逆転裁判2 だいぎゃくてんさいばんつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面の従者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22846

コメント