ピクシブ百科事典

ホレイショよ。この世には、おまえの
哲学では計り知れぬことが多々あるのだ。

概要

大逆転裁判2」第2話に登場。31歳。
前作第4話でも少しだけ登場している。

ノッポでピンク色の舞台衣装を着た"役者くずれ"。珍妙な動きで踊りながら、道化のような身振りで話す男。度々シェークスピアの作品の言葉を呟く。
ホームズ曰く、「ミスター・ハーレキン」。

3カ月ほど前からガリデブ家の1階に住んでおり、1週間前から同じ下宿の2階に住んでいる夏目漱石とは隣人のような関係である。

派手な恰好とは裏腹に食事は1日に1回というほどのソーゼツな貧乏人で、彼の部屋には舞台衣装以外何もなく、捜査中に餓死したネズミが見つかったという。自分のことを高潔で華麗で可憐で無類の正直者で天使と称しているが、かつてケチな詐欺で捕まって刑務所にいた前科がある。作中ではさらに瓦斯泥棒の疑いまでかけられている。

事件当夜、部屋に漱石を招き入れ、漱石が持ってきた熱い紅茶を飲みながら「ロミオとジュリエット、どっちが強い?」という議題で激論を繰り広げていたのだが、漱石が自分の部屋に戻った後、遅効性の猛毒「ストリキニーネ」による殺人未遂の被害に遭う。
幸い、致死量に満たなかったため一命を取り留め、成歩堂たちが部屋を調べている最中に意識を取り戻す。その後は漱石を毒殺未遂の犯人として告発すべく証言台に立つ。


関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
大逆転裁判2 夏目漱石 
シェークスピア

関連記事

親記事

大逆転裁判2 だいぎゃくてんさいばんつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウイリアム・ペテンシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3542

コメント