ピクシブ百科事典

亜双義玄真

あそうぎげんしん

ゲーム『大逆転裁判2』に登場する過去の人物。刑事。
目次[非表示]

遠き異国の地で、

再び家族に会うこと叶わず

命散らすは心残りあれど、

我が道に後悔の文字はなし。

解説

ゲーム『大逆転裁判2』第3話終盤に顔が登場。第4話で名前が判明。通称・ゲンシン。作中では故人。
かつて大日本帝国の刑事として、大英帝国へ留学していた。

容姿

口髭を生やし、白い紐で後ろの髪を結んだような髪型をしている。

名刀《狩魔》を腰に据えて持ち歩き、“左手”の薬指には“思い出の品”と称した大きな《指輪》をつけていた模様。

性格

礼儀正しく、穏やかで、仕事は細やかで極めて精確である、と評される東洋の精神とともに、《騎士》にも通じる高潔な精神を持つとされていた。
また、打算なく、真実を求める者の“目”を持っていたとも評され、同じ目を持つ日本人留学生・成歩堂龍ノ介から玄真を思い出す場面も見られる。

人間関係

  • 家族構成

亜双義一真とは父子の関係にある。16年前‥‥英国留学出発の前日に《写真》を撮影したことが、2人の最後の思い出として語られている。

  • 交友関係
御琴羽悠仁慈獄政士郎とは古いつきあいだったとされており、留学時は彼らとともに大英帝国へ訪れていた。

大英帝国では、クリムト・バンジークス検事との交友関係が語られ、“相棒”としてともに捜査をしていたとされている。

活躍

16年前、大日本帝国の最初の司法留学生として大英帝国・倫敦を訪れ、《倫敦警視庁》で捜査術を学んでいた。

しかし10年前、名刀《狩魔》をはじめとする遺品とともに、日本へ帰還した御琴羽悠仁から、大英帝国で“病死”したことが伝えられる。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
大逆転裁判2
亜双義一真 御琴羽悠仁 慈獄政士郎






















この先、ネタバレがあります。






















“病死”したというのはウソであり、本当の死因は、
英国犯罪史に、忘れられぬ爪痕を刻んだ殺人鬼《プロフェッサー》として逮捕され、処刑されていたこと である。

この真相は、ごく少数の関係者のみが知る事実であり、日本と英国の関係の悪化を避けるために、裁判から処刑まで“極秘”の中で進められることとなった。

  • 周囲の反応
事件によって家族を失ったことで、その憎しみを表す人物もおり、特に兄・クリムトを《殺人鬼》に奪われたバロック・バンジークスは、かつて絶対の信頼を寄せた《日本人》が裏切ったとして、長きにわたって苦しむこととなる。

一方、玄真の人柄から《有罪判決》に疑問を抱く人物も一定数存在しており、日本にいる息子・亜双義一真は、父を《殺人鬼》として憎む人物からの手紙によって、父の《真実》を確かめるべく、英国留学を所望するようになっていった。


















以下、物語の核心に関わるさらなるネタバレ






















表向きは病死、限られた司法関係者の認識では死刑となっている彼の死であるが、本当の真相はそのどちらとも異なる。

プロフェッサー事件の真犯人の正体を隠蔽する為に、捏造された証拠によってプロフェッサーとされ連続殺人鬼とされた彼だが、すべて冤罪である。生きて息子に会わせるという条件で冤罪を受け入れた彼は、クリムトとの約束を忠実に果たし、黒幕の計画通りに生きて脱獄する。だが、処刑されたはずのプロフェッサーの復活をイーノック・ドレッバーに目撃されたことで計画は狂い、黒幕の教唆によって玄真は立ち会っていた慈獄政士郎に射殺される。

これらの全て、証拠の捏造から最後の射殺までを計画したのはもちろん、あの黒幕である。

関連記事

親記事

亜双義一真 あそうぎかずま

pixivに投稿された作品 pixivで「亜双義玄真」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55594

コメント