ピクシブ百科事典

亜双義玄真

あそうぎげんしん

ゲーム『大逆転裁判2』に登場する刑事(故人)。

遠き異国の地で、

再び家族に会うこと叶わず

命散らすは心残りあれど、

我が道に後悔の文字はなし。

概要

大逆転裁判2』第3話終盤に顔が登場し、第4話で名前が判明する。亜双義一真の父である。
口髭を生やし、白い紐で後ろの髪を結んだような髪型をしている。
作中では故人であり、10年前に大英帝国で“病死”したとされている。

16年前、大日本帝国の最初の司法留学生として、親友の御琴羽悠仁慈獄政士郎とともに大英帝国の倫敦を訪れた。彼は刑事として留学し、《倫敦警視庁》で捜査術を学んでいた。

10代だった頃のバロック・バンジークスは、彼らは礼儀正しく、穏やかで、仕事は細やかで極めて精確である、と東洋の精神に感銘を受けており、玄真の《騎士》にも通じる高潔な精神を尊敬していた。
また、兄クリムト・バンジークスと同様に、打算なく、真実を求める者の“目”を持っていたと言われており、“相棒”としてともに捜査をしたこともあった。
ちなみに、成歩堂龍ノ介も彼らと同じ目をしていると言われている。

ちなみに、息子の亜双義一真が腰に据えている名刀《狩魔》は、玄真が留学する際にも持ち込まれていた。
また、“左手”の薬指には"思い出の品"と称した大きな《指輪》があり、英国へ留学するよりも前からつけていたらしい。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
大逆転裁判2
亜双義一真 御琴羽悠仁 慈獄政士郎
クリムト・バンジークス バロック・バンジークス






















この先、ネタバレがあります。






















倫敦で病死したというのは御琴羽教授の“心づかい”で亜双義一真についたウソである。

彼の本当の死因は、
英国犯罪史に、忘れられぬ爪痕を刻んだ殺人鬼《プロフェッサー》として逮捕され、処刑されていたこと
である。


《プロフェッサー》とは、10年前に大英帝国を震撼させた、残忍な連続殺人事件の犯人のことであり、彼が選んだ“犠牲者”は5人とも英国の高貴な身分の“貴族”であったことから、当時の英国は大混乱に陥っていた。

しかし、犠牲者の中には、当時の貴族社会の腐敗の中心にいた者も存在したことから、彼は大英帝国が手を出せない“闇”に切り込んでいるとして、殺人鬼の犯行を支持した者もいるという。作中の中央刑事裁判所の《死神》に通ずる部分もある。

しかし、事件の5人目の被害者クリムト・バンジークスが決死の覚悟で残したとされる証拠により玄真は逮捕されることになった。当時、日本と英国は条約を結んだばかりの非常に微妙な関係であったことから、非公開の裁判で『有罪』の《判決》が下された後に、すみやかに《処刑》される運命にあったという。

A.Genshin

“処刑”の際、彼の顔が鉄仮面で覆われているのも、2国間の関係の悪化を避けるために、《殺人鬼》の“正体”が国家機密として扱われたからである。

あらゆる意味で高潔な“騎士”とされていた被害者クリムトの命をなぜ奪わなければならなかったのか、そもそも、高潔な人物であった玄真が、本当に5人もの命を奪ったのか‥‥など、一部の関係者の頭の中で疑問がよぎりつつも、玄真の遺品は日本にいる息子に送られて、事件は一時の終結を見たかのように思えた。


しかし、その《極秘裁判》にはねつ造された証拠品が混じっていた可能性があり、さらに玄真と検事局の間で、大法廷での“沈黙”と引き換えに、刑務所からの“脱獄”を約束するという『取引き』があったことが判明する。結局、《取引き》は失敗に終わったものの、玄真が“取引き”に用いたとされる文書は“亜双義文書(アソーギ・ファイル)”という高度な“機密”として扱われ、検事局を動かすほどの“チカラ”を持っていたことがわかる。玄真曰く、この文書は『最後の武器』らしいが、彼の死後、彼の遺留品の中から消失し、《真実》を告げる“その時”まで一旦闇に葬られることとなる。

この事件をキッカケに、バロック・バンジークスは日本人を憎むようになり、その一方で、亜双義一真は父の《真実》を確かめるべく、大英帝国への留学を所望するようになる。


また、この大事件はやがて悲劇の連鎖を生み出していくこととなり、作中の終盤では、法廷で幾千もの言葉を交わし続けた結果、ついにその連鎖の黒幕へと辿り着くこととなる。

pixivに投稿された作品 pixivで「亜双義玄真」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17856

コメント