ピクシブ百科事典

アイリス・ワトソン

あいりすわとそん

ゲーム『大逆転裁判』に登場する、医学博士で文学少女の天才少女。
目次[非表示]

「さあ。お茶がはいったよ!
 焼きたてのクッキーもめしあがれ!」

概要

CV:久野美咲

第3話閉廷後から登場。第4話で名前が登場。
倫敦のベーカー街221-Bにて、名探偵シャーロック・ホームズと同居している少女。

10歳にして医学博士号を持ち、倫敦で大人気の小説『シャーロック・ホームズの冒険』の“作者”でもある、スゴい女の子。

さらに、小さいころからホームズのもとで育ってきた影響で、世の中のいろんなコトが勝手に“見える”ようになったらしく、あの名探偵をも凌駕する推理力をにおわせる描写も見られる。

時折、年相応な一面を見せることはあるが、基本的に明るく物怖じしない性格で、周囲には友好的にふるまうことが多い。

作中では、出かけているホームズに代わって事務所で留守番していることが多いが、成歩堂龍ノ介の力になるべく、行動を共にすることもある。

人物

容姿

明るめな赤髪に、後ろで蝶結び縦ロールをつけて、先端をハート型にしたような髪型。

ハートの装飾があしらわれたゴシック調の服の他、頭にゴーグルをかけ、ウサギのホームズたちのお守りをつけた鞄を背負っている。

『2』では帽子を被った外出用のカッコウで行動をともにする機会もある。

小説

英国の大衆娯楽雑誌《ストランドマガジン》では、彼女が書いた小説『シャーロック・ホームズの冒険』が連載されており、名探偵ホームズの活躍が倫敦市民をはじめとした多くの人物に愛読されている。

ホームズから解決した事件の話をきいて、最高におもしろいからみんなにもきかせたいと思ったらしい。

小説の内容は、ホームズから聞いた事件の話や、ホームズの部屋の鉄箱にしまわれている事件の記録をもとにして書かれているが、アイリスによって話の内容に改変が加えられている部分もあり、「医学博士のジョン.H.ワトソンという紳士によって書かれている」という一般に知れ渡っている情報も、現実とは“設定”を変えてみたと語られている。10才の女の子を連れまわす“メータンテー”というのも、ちょっぴりビミョーだからとのこと。

日常

家では、部屋の掃除やゴハンのしたく、ハーブたちのメンドウ‥‥等、ホームズに代わって家事をすることが多い模様。

作った料理は周囲から絶賛されることもあり、料理上手であることがうかがえる。
その他、独自の特別配合を試した《香茶》を入れたりもしており、こちらもよく絶賛されている。

シメキリに悩まされて、ホームズが代わりに朝ゴハンを作ることもあるようだが、これが決まって、スナのようなトーストと、ドロのようなコーヒーらしい。

小説を書いたり家事をしたりする傍ら、ホームズと一緒に何かを発明することもあるようで、次から次へとミョーな機械を作ったりしている。

人間関係

世界で最も有名な名探偵。アイリスの小説のモデルとなった人物でもあり、アイリスと共に221-Bに同居している。

アイリスのパパの頼みで、アイリスの家族として小さいころから暮らしており、アイリスの成長に大きな影響を与えている。

アイリスからは非常に好かれており、かつては彼のことをホントのパパだと思っていたこともあったという。

倫敦警視庁の刑事。アイリスが執筆する小説に出演している、ちょっとした有名人でもある。

小説の影響を強く受けてしまっている人物でもあるようで、小説に出演して以降、警視庁内の評判や自身の給料がハネ上がったり、警視庁内に自身の愛好者倶楽部ができたり‥‥等のことから、アイリスには頭が上がらないという。

アイリスと“トモダチ”の関係にあるイーストエンドの路地裏で暮らす少女。

街中でアイリスの発明品《煙幕弾砲・試作型》を盗み取ったことをキッカケに“トモダチ”になったらしく、以来、街中でバッタリ出会って逃げ回る彼女を追いかけては、新しい色の《煙幕弾》をあげる関係になった。

スリから刑事を目指すようになったのも、アイリスの影響によるものであり、アイリスのハナシから『犯罪捜査』というものに興味を抱いた他、遠くへ行ってしまったアイリスのパパを探し出すことを約束している。

関連イラスト

アイリス・ワトソン
【大逆転裁判】ホームズ&アイリスティータイム


関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧 
大逆転裁判 大逆転裁判2 
シャーロック・ホームズ(大逆転裁判) 
トバイアス・グレグソン ジーナ・レストレード 
成歩堂龍ノ介 御琴羽寿沙都 

‥‥公式でクマ化している

綾里春美‥‥元祖準ヒロイン枠、中の人繋がり

ジョン・H・ワトソン‥‥元ネタ



















この先、重大なネタバレがあります!























出生にまつわる秘密

「ワトソン」というラストネームから、アイリスの父親は日本で殺害されたジョン.H.ワトソン博士だと思われていたが、続編の『大逆転裁判2でそれは否定された。
「ワトソン」の名は、ホームズの相棒が彼と解決した事件の記録をまとめた資料の筆跡と、以前ドクター・シスの執務室で見たワトソン博士の署名が入った解剖記録の筆跡が同じだったことから、「自分の父親はワトソン博士だ」と勘違いしたアイリスが勝手に名乗っていたに過ぎないものだった。

彼女の本当の父親はバロック・バンジークスクリムト・バンジークス
アイリスはバロックにとってにあたる人物であり、アイリスという名前は彼女を取り上げた御琴羽悠仁が亡くなった自分の妻あやめからとってつけたものである(「アイリス」とは英語で「あやめ」という意味)
母親はアイリスを産んですぐに亡くなり、悠仁には帰国命令が出たため、身元不明の赤子を連れていくわけにはいかない悠仁はアイリスをホームズに預け、現在に至る。

バロアイまとめ


ホームズたちがアイリスに本当の父親のことを教えなかったのは、実父であるクリムトが10年前に世間を震撼させた連続殺人鬼《プロフェッサー》だったからであり、もし事件の真相が明らかになった時、彼女が連続殺人犯の娘として世間の非難を浴びないようにするためだった(これはクリムトの遺志でもある)。
また、ホームズがアイリスに『バスカビル家の犬』の出版を控えさせていたのは、クリムトの妻、即ちアイリスの母がバスカビル家の出身だったからであり、そこから真相に辿り着かれてしまうことを案じたためである。

アイリスは当初、ジーナが一人前の刑事になったら本当の父親を捜してもらうつもりだったが、多くの経験を経て「本当の父親が誰であれ、今の自分にとってはホームズこそが父親である」と心の整理をつけ、第5話のエピローグではジーナに父親捜しの件を断っている。
エンディングでは、ホームズに「パパ、ありがとう」と書いた手紙を送ったところ、ホームズは嬉しさのあまり号泣してしまったらしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「アイリス・ワトソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 914364

コメント