ピクシブ百科事典

トバイアス・グレグソン

とばいあすぐれぐそん

ここでは、ゲーム『大逆転裁判』シリーズに登場する刑事について解説する。
目次[非表示]

「いいか! ニッポンジンめ!
 よーく、覚えておけッ!
 英国紳士が誰でも、お天気の話題に
 シッポを振って食いつくと思うなッ!」

概要

倫敦警視庁の刑事であり、コートに帽子とヒゲの英国紳士。初登場時44歳。
アゲモノをこよなく愛し、常にフィッシュ&チップスを持ち歩いている。

《ストランドマガジン》にて連載されている小説『シャーロック・ホームズの冒険』にホームズの“好敵手(ライヴァル)”として出演しているちょっとした有名人である。
勝手に名前を出されたいていは“ののしられる”だけの役回りに腹を立てており、『シャーロック・ホームズの暴言』とも評している。

小説内でホームズが『彼は、警視庁きってのヤリ手さ』と言ったのをきっかけに給料が2倍にハネ上がったらしく、逆に評判が落ちるのを恐れて執筆者であるアイリス・ワトソンには頭が上がらなくなっており、彼女の前では途端に腰が低くなり「お嬢さま」と丁重に接している。

活躍

刑事としてはいつも冷静でムダなことはせず、厳格真面目に捜査をこなしているが、周囲からは頭が固いと言われることもある。

しかし、新たな手がかりを見つけた成歩堂に、刑事としてのスジを通すべく色々と重要な情報を与えてくれることもある。
彼曰く、弁護士に“借り”は作りたくないとのこと。

大逆転裁判

第4話から登場。「シャーロック・ホームズの冒険」のせいでいきなり有名になってしまい、自意識過剰に陥っている。

大逆転裁判2

見習い刑事となったジーナ・レストレードの面倒を見ている。
ホームズの“脅し”によって全責任を負って彼女を一人前の刑事に育て上げることになったが、「刑事を継いでくれるかもしれん」とかなり目に懸けている様子。ジーナからはボスと呼ばれて慕われている。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧 
大逆転裁判 大逆転裁判2 
成歩堂龍ノ介 御琴羽寿沙都 
シャーロック・ホームズ アイリス・ワトソン 
ジーナ・レストレード

逆転裁判シリーズの事件担当刑事
糸鋸圭介 宝月茜 番轟三 
馬堂一徹 細長悟 

刑事 スコットランドヤード 英国紳士 
フィッシュアンドチップス 揚げ物 懐中時計 






















この先、重大なネタバレがあります。



















「2」第4話で、彼の銃殺死体が発見される。
被害者がかつて《プロフェッサー》事件を解決に導くキッカケを作った伝説の刑事であること、さらに容疑者として倫敦で最も優秀な検事バロック・バンジークスが起訴されることから、大英帝国への影響が計り知れないとされ、裁判は極秘に行われることとなる。

EDでは各人物の「後日談」が映されていく中、唯一殺害前の「過去」の彼を見ることができる。

pixivに投稿された作品 pixivで「トバイアス・グレグソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10620

コメント