ピクシブ百科事典

トバイアス・グレグソン

とばいあすぐれぐそん

ここでは、ゲーム『大逆転裁判』シリーズに登場する刑事について解説する。
目次[非表示]

「いいか! ニッポンジンめ!
 よーく、覚えておけッ!
 英国紳士が誰でも、お天気の話題に
 シッポを振って食いつくと思うなッ!」

概要

ゲーム『大逆転裁判』より登場。初登場時44才。通称・グレグソン。アルファベット表記で“Tobias Gregson”。

小説『シャーロック・ホームズ』シリーズの刑事をもとに造形されたキャラクターとなっており、大英帝国を活躍の場に据えて、事件の担当刑事として登場する役回りとなっている。

人物

容姿

口髭を生やし、薄汚れた色合いのコートをまとい、被っている帽子の帯布には手帳が挟まっている。
フィッシュ&チップスを片手に登場することが多く、度々ムシャムシャと食べる様子から、“アゲモノ好き”として語られることも多い。

能力

倫敦警視庁》の刑事として凶悪な殺人事件を担当し、厳格で真面目に捜査をこなす。事件現場の捜査の他、裁判にて証言台に立ち、事件について説明することも度々ある。

基本的にアタマが固い態度を表に見せているが、新たな手がかりを見つけた成歩堂に、刑事としてのスジを通すとして色々と重要な情報を与えてくれることもある。

  • 小説『シャーロック・ホームズの冒険』
ホームズの“好敵手(ライヴァル)”として出演しており、ちょっとした有名人となっている。

小説の影響で警視庁内の評判や自身の給料がハネ上がり、愛好者倶楽部まで設立されたようだが、勝手に名前を出されて“ののしられる”だけという役回りに対して、『シャーロック・ホームズの暴言』であるとして腹を立てる様子も見られる。

《プロフェッサー》事件解決の記念品として《警視庁》から贈られた。
イノチの次に大事にしている《時計》で、刑事としての誇りでもあるとして、毎晩欠かすことなく、パブでゴハンを食べながら時計のゼンマイを巻いて、キレイに磨いているという。

人間関係

小説『シャーロック・ホームズの冒険』にて、“好敵手(ライヴァル)”の関係として描かれる探偵。
小説外でも、事件を追うという共通の職業柄から接触する機会は多いようだが、基本的にいいように扱う者と扱われる者の関係が見受けられる。民間人でありながら現場に勝手に上がり込み、高笑いと共に事件を解決して去っていく探偵への恨みは大きいようだが、「民間人にしてはやる方だ」とその能力は認めている。

出演している小説『シャーロック・ホームズの冒険』の執筆者。

小説の影響で有名になってしまったことから、彼女には頭が上がらない状態となっており、腰を低くして彼女をお嬢さまと呼び、丁重に接する様子が見られる。

共に捜査をする“仲間”であり、人生の“先輩”として彼にさまざまな教えを与えた模様。

表立って語ることは少ないが、《死神》として恐れられながらも法廷に立っているとして彼に尊敬の念を抱いているとのこと。
グレグソンの《仕事部屋》には、彼が《検事補》として任命状を受けたときの記念写真が大事に飾られており、写真には2人と彼の兄のクリムト・バンジークスの3人で、肩を並べて笑いあっていたとされる頃の様子が写されている。

大逆転裁判2』にて、面倒を見ている見習い刑事。
ホームズに脅されるような形とはいえ、ちょうどいい後継者ができたとして、色々なことを教えている。

モメゴトを起こす様子も見られるが、そのウラでまっすぐに生きている彼女の姿に自分が救われたと語る様子が確認できる。

活躍

第4話にて、弁護士・成歩堂龍ノ介と初対面。基本的に成歩堂の担当事件に対して担当刑事として登場し、事件現場や法廷で度々姿を見せることとなる。

  • 第5話
成歩堂の担当事件のウラで、政府の国際通信から盗まれた《情報》の“現物”を極秘に回収するという任務に臨んでいる。

しかし、成歩堂の裁判にて、《警視庁》の方針との食い違いが発生。最終的に、事件関係者の“取り引き”によって停職処分を受けるハメになってしまった。

大逆転裁判2 

前作の停職処分から復帰し、第3話ではジーナ・レストレードの面倒を見ながら捜査に臨む。
また、仏蘭西の《巴里警察》への転勤が決定したとして、ジーナとともに近いうちに倫敦を離れることが予定されている。

  • 《プロフェッサー》事件
《警視庁》では、この事件をキッカケに“伝説の刑事”と呼ばれるようになったことが語られている。

この事件において、被害者のクリムト・バンジークスの《検死解剖》の実現に一役買ったとされており、犯人《プロフェッサー》の正体を暴く決定的な《証拠品》の発見に強く貢献したとのこと。

当時、死者への“冒とく”であるとして、《検死解剖》がほとんど行われなかったことから、その解剖が奇跡的な実現として語られている。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧 
大逆転裁判 大逆転裁判2 

刑事 スコットランドヤード 英国紳士 
フィッシュアンドチップス 揚げ物 懐中時計 

















ネタバレ





以下、『2』重大なネタバレ
 





















表向きに厳格な刑事として振る舞うグレグソンだが、物語の中で闇に沈む彼のウラの顔へと迫っていくこととなる。

  • 《死神》
《死神》と呼ばれる暗殺組織の“手先”として動いており、バロック・バンジークス検事の法廷で“罰”を逃れた被告人の命を非合法に奪うべく暗躍していた。

組織内では、“獲物”を極秘に調べて、《殺害計画》を立てる“頭脳”の役割を果たしており、フレスノ街のはずれの“小さな貸し部屋”を活動拠点として、殺人の《実行犯》アン・サッシャーと会って計画を練っていたという。

“仕事”の際には、バンジークスが《罪》とならないように動いたとのことで、それがいっそう、バンジークスが《神》のような存在として語られるようになったとされている。

  • 《プロフェッサー》事件②
事件のウラで、証拠品の“ねつ造”の一端を担うように命じられており、その“指令”に従って動いていた。

“手がら”として語られるクリムト・バンジークスの《検死解剖》の実現も、その下された“指令”によって、“ねつ造”が発生する事態となっている。

犯人に対する確信がありつつも、決定的な“証拠”がなにひとつないとして、最初その命令に断固反対するグレグソンであったが、大英帝国のために早急に解決することが大事だと言われ、苦悩の中で“指令”に応じてしまったという。

指令を与えた人物は、後に《死神》という存在を生み出しており、この一件は、後にグレグソンが《死神》として身を落とすキッカケにもなっている。

  • 第4,5話
銃殺死体として、《死神》の活動拠点の“貸し部屋”で発見される。

《死神》や《プロフェッサー》の件が災いして引き起こされた《悲劇》であるが、周囲には悔やまれる形で退場することとなってしまった。

ホームズはその《悲劇》の予兆を感知して、グレグソンに外国の警察へ移るよう説得する‥‥等、《悲劇》を阻止すべく奔走していたが、その奔走も虚しく、彼を守ることができなかったとしてセキニンを感じる様子を露わにしている。

また、彼に面倒を見てもらっていたジーナにとっても、感謝の言葉を伝える前に死別されるという悔やまれる結果となってしまった。喪失感から刑事を辞めると考えることもあったが、最終的には、彼の『刑事』としての“時”が止まらないようにと、彼が大切にしていた懐中時計を手に刑事の道を進む姿勢を見せ、彼に代わって倫敦の平和を守っていく決意を示した。
EDではバラブロック号での生前最後の姿が描かれ、ジーナが思うほど潔白ではない自分に引け目を感じながらも、真っ直ぐなジーナの気持ちに救われ、刑事魂を引き継いで貰うべく育てようとしていたことが記録されている。

関連記事

親記事

大逆転裁判 だいぎゃくてんさいばん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トバイアス・グレグソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22265

コメント