ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ルバート・クログレイ。
 ‥‥お見知り置きを。」

解説

大逆転裁判』第5話の登場人物。27歳。

容姿

マッシロなスーツとシルクハットに身を包み、洋杖(ステッキ)を携え、絵に描いたような“英国紳士”と評されるほどのリッパな身なりをしている。

性格

口調は丁寧だが慇懃無礼な人物であり、周囲をやや見下すような態度の他、会話の際に周囲のカンに障る優雅な動きで気取ったポーズをとる癖がある。

職業

シティ区担当の電信局に勤める電気通信士であり、法務省の通信機の設置や点検の協力の他、政府の通信班との通信技術の打合せへの参加‥‥等、優秀な技師として高い立場にいる模様。

活躍

初登場時は“エッグ・ベネディクト”という偽名で、ベーカー街にあるハッチの質屋でスリの少女・ジーナ・レストレードと質草の“外套(コート)”の所有権をめぐって、その場に居合わせた成歩堂龍ノ介らを巻き込んで騒ぎを起こす。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
大逆転裁判
ジーナ・レストレード ハッチ・ウィンディバンク 
シャーロック・ホームズ(大逆転裁判) 成歩堂龍ノ介

















ネタバレ





以下、第5話ネタバレ




















第5話の真犯人であり、第3話の被告人コゼニー・メグンダルを死に追いやった黒幕。

  • 過去
彼のかつての名はルバート・ミルバートン
第3話の被害者“三度焼きのモルター”の息子であり、幼い頃に両親が離婚した際に『クログレイ』になったという。
少年時代の頃は悪友のティンピラー兄弟とつるんで色々と悪さをする一方で、貧しい生活が死ぬほどイヤでそこから抜けだしたいと考えていた。下町を飛び出して10年、必死に勉強して念願の豊かな生活を手に入れてもなお、昔の下町の暮らしのユメにうなされ、そんな悪夢を消し去ってしまえるほどのカネを欲していたという。

  • “取り引き”
カネを欲していたクログレイはやがてコゼニー・メグンダルの“悪魔の囁き”‥‥自分の立場を悪用して政府の《打電》の記録を盗み出して売るという“取り引き”に手を出してしまう。

自鳴琴(オルゴール)》職人の弟子だった父をだまして記録を《自鳴琴》に偽装させる、情報を2枚の“円盤(ディスク)”に分割して複数回に分けた“取り引き”を行う‥‥等、考えられるかぎりの用心を重ねて《情報》を売り、大金を獲得していった。

しかし、父はその“取り引き”の異常さに気づいてしまい、自分なりのスジを通すべく、息子に代わって直接“取り引き”に出向いた際に殺害され、帰らぬ人となってしまった。
これがいわゆる、第3話の乗合馬車の事件である。

クログレイは父がメグンダルに殺されたと直感し、彼への《復讐》を決意。彼の裁判終了後、カネで雇ったゴロツキを差し向けて計画を実行。クログレイは父のカタキをとり、悪魔の《命運》はこうして断ち切られることとなった。

  • 第5話
メグンダルの死後、メグンダルとの“取り引き”の痕跡を隠すべく、ハッチの質屋にある記録の一部‥‥2枚の“円盤”の回収を試みる。

1枚は上述の質草の“外套”のポケットの中に入っており、“外套”ごと“円盤”の強奪を図っていたが、最終的に騒ぎを聞いて駆けつけた警察によって押収されてしまった。

一方《倫敦警視庁》では、記録の盗難にメグンダルが関与していることを嗅ぎ付けて、彼の《遺品》の“回収”にまわっており、今度は警察より先にもう1枚の《自鳴琴》の“円盤”を回収すべく、その日の深夜、ティンピラー兄弟に大金を握らせ、彼らとともに質屋に侵入する。

しかし、目的の“円盤”を発見した際に、店の異変に気付いて質屋の倉庫から出てきたハッチと遭遇。ハッチが持っていた拳銃の銃弾が左腕を掠めるとほぼ同時に、自身が持っていた拳銃を反射的に発砲してしまい、不幸にもハッチの背中に銃弾が命中してしまった。目的の“円盤”を手に入れたものの、恐ろしくなったクログレイはティンピラー兄弟を現場に残した状態で質屋から逃走した。

  • 法廷
ハッチ殺害の容疑で起訴された被告人、ジーナ・レストレードの裁判にて、事件発生時に現場に居た可能性により、法廷に引きずり出されてしまう。

自身の《極秘通信》記録盗難事件の関与の可能性やティンピラー兄弟の証言により、しぶしぶ現場にいた事実のみを認め、被告人の犯行を目撃した決定的証人として罪を逃れようとする。

しかし、御琴羽寿沙都の《置きみやげ》‥‥自身の罪を覚悟の上で残した証拠により、クログレイが“ウソ”の目撃証言をしていたことが立証され、さらに、その虚偽の《証言》のために、記録盗難事件の捜査をしていたトバイアス・グレグソン刑事との間で、クログレイ自身が持っている記録の一部‥‥1枚の“円盤”と引き換えに捜査上の《情報》を聞くという“取り引き”が証言台でこっそり行われていたことが明らかとなる。こうして言い逃れが出来なくなったクログレイは、“取り引き”を明かしたグレグソンに怒りをぶつけ、うなだれながらすべての罪を認めて自白した。

殺人を犯し、カネのチカラで事実をネジ曲げたメグンダルを“悪魔”と呼んでいたクログレイであったが、バロック・バンジークスはまったく同じことした彼自身もまたメグンダルと同じ“悪魔”となってしまったと語っている。

なお、グレグソン刑事の奔走も空しく極秘情報の一部が流出してしまい、そこから大日本帝国と大英帝国の陰謀の一部が明らかとなるのだが、それはまた別の話である。

関連記事

親記事

大逆転裁判 だいぎゃくてんさいばん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルバート・クログレイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59431

コメント