ピクシブ百科事典

コナン・ドイル

こなんどいる

コナン・ドイル (アーサー・コナン・ドイル / Arthur Conan Doyle) はイギリスの小説家。
目次[非表示]

1859年5月22日生まれ。イギリス スコットランド エディンバラ出身。
1930年7月7日没。享年71歳。

概要

世界一有名な名探偵シャーロック・ホームズの生みの親で、ミステリーというジャンルの礎を築いた一人。
本当は他のジャンルの小説を書きたかったため、ホームズの存在を疎ましく思っていたという。実際、本業は医師だったが、それが儲かっていたらホームズは生まれなかった。

医師で小説家と言う肩書きとは裏腹に(?)神秘学にも造詣が深かった。晩年は息子キングスリーの死の影響もあってか心霊研究に没頭するようになり、妖精を撮影したとされる写真の真偽を巡る所謂「コティングリー妖精事件」は有名な逸話である。因みにドイルの叔父リチャード・ドイルはいわゆる風刺画というか漫画で「妖精」の描写に定評があった。

若い頃は船乗り(船医)のアルバイトをしていた事があり、捕鯨や漁業を「魂が躍るエキセントリックな経験だ」と述べている(この発言が、捕鯨に反対している海外の一部シャーロキアンを失望させていると言う証言がある)。また、世界最初のボディビル・コンテストに、審査員の一人として参加した事がある。

なお、モーリス・ルブランアルセーヌ・ルパン』シリーズで、ホームズとワトソンを使われたことに怒ったため、ルブランが慌ててエルロック・ショルメスとウィルスンに変えたという逸話があるが、ドイル自身、『緋色の研究』で、ホームズにオーギュスト・ヂュパンとルコックの2人の悪口を言わせている。

名探偵コナン』の主人公・江戸川コナンの名前は、このコナン・ドイル、及び江戸川乱歩が由来なのは有名である。

代表作

シャーロック・ホームズシリーズ

『緋色の研究』1887年
『四つの署名』1890年
『バスカヴィル家の犬』1901年
『恐怖の谷』1914年

その他

『失われた世界(ロストワールド)』1912年

関連タグ

小説家
イギリス
ミステリー SF
シャーロック・ホームズ ジョン・ワトソン モリアーティ教授 シャーロキアン

外部リンク

アーサー・コナン・ドイル - Wikipedia
コナン・ドイルとは - はてなキーワード

pixivに投稿された作品 pixivで「コナン・ドイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11749

コメント