ピクシブ百科事典

さらば、逆転

さらばぎゃくてん

ゲーム『逆転裁判2』に収録されている4番目のエピソード。第4話。最終話。
目次[非表示]

概要

ゲーム『逆転裁判2』に収録されている4番目のエピソード。最終話。

今回は主人公・成歩堂龍一が《弁護士》としての葛藤が、狩魔冥の復讐や御剣怜侍の死の真意と合わせて描かれている。

特殊な演出のゲームオーバー‥‥通称・バッドエンドが発生するという一面を有しており、単に勝訴するだけでは丸く収まらないという特殊なエピソードとなっている。

事件内容

  • 事件現場‥‥ホテル・バンドー

ゴウカな高級ホテル。成歩堂の事務所の向かいに大きくそびえ立っており、以前はただのビジネスホテルだったと語られる。
事件が発生した部屋は、被害者が控え室として利用していた。

  • 事件発生日時‥‥3月20日
裁判は同月22,3日にかけて行われる。
  • 状況
被害者は身につけていたマフラーで絞殺され、胸元にナイフが突き刺さった状態で発見される。
捜査を進めていくうちに、“コロシヤ”なる人物の暗躍も明らかとなっていく。

関連情報

  • 全日本ヒーロー・オブ・ヒーロー

事件当日、ホテル・バンドーにて、数々のヒーローたちが肩を並べてステージに立つ中、ヒーロー・オブ・ヒーローのグランプリが発表。『大江戸戦士トノサマン・丙(へい)!』がグランプリに選ばれ、『忍者ナンジャ』が受賞を逃す形に終わった。

事件によって中止となってしまったが、受賞記念のアトラクション・ショーや、トノサマンによる記者会見も予定されていた。

関係者等

担当弁護士。授賞式に招待されて事件に遭遇。“コロシヤ”と名乗る人物に脅迫されて審理に臨む。

霊媒師。
成歩堂に面倒を見てもらいつつ、横に立って彼を支える。
弁護士。成歩堂の師匠。故人。
霊媒によって呼び出される形で彼を支える。
被告人。アクション・スター。
《トノサマン・丙!》によって人気が決定づけられた。
担当検事。
成歩堂を倒すことに強い執着を示していたが、“コロシヤ”の襲撃によって検事席に立てない状態となる。
担当検事代理。
“検事・御剣 怜侍は死を選ぶ”とメモを残して行方をくらましていたが、1年の時を経て、成歩堂にたどり着いた答えを示す。
被害者。アクション・スター。
被告人へのライバル意識から、グランプリでは《忍者ナンジャ》として、受賞を狙っていた模様。
第1話からおなじみの裁判長。
一部の事情を知らない都合により、審理中はややコンラン気味。

証人
担当刑事として事件の説明を行う。
法廷外では、成歩堂から事情を聞いて、彼に協力的な姿勢を見せるものの、クビをつきつけられてヒドい目に合わされるハメになる。
目撃者。ホテルの警備員。
被害者のファンであるとして、現場付近をウロついていた。
目撃者。王都楼のマネージャー。
死体の第一発見者として出廷し、ゴシップ誌で話題の被害者との関係も合わせて証言を行う。
目撃者。アクション俳優。
成歩堂一行を授賞式へ招待した。
現場付近で目撃した不審人物について証言する。
殺し屋として事件の中で暗躍している。
依頼人との間で裏切りがあったとして、無線機ごしに出廷。

その他
霊媒師。
“コロシヤ”に誘拐され、成歩堂への脅迫のタネとして利用される。
フリーカメラマン。現場付近でスクープを求めていたところ、持参したカメラに犯行の様子が撮影される。
TVアニメ版では、ナツミの出番を差し替える形で登場。
霧緒の先輩マネージャー。2年前に自殺。
TVアニメ版では、“華宮由利恵”という名前の人物に差し替えられ、霧緒との姉妹関係が描かれる。

関連タグ

逆転裁判 逆転裁判123 逆転裁判2
前:逆転サーカス

関連記事

親記事

逆転裁判2 ぎゃくてんさいばんつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「さらば、逆転」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2753

コメント