ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

声:朝井彩加(アニメ版)


概要

逆転裁判2

第4話『さらば、逆転』に初登場。年齢23歳。身長161cm。


被告人の人気俳優・王都楼真悟マネージャー。芸能界では才色兼備の女性マネージャーとして有名。評判に違わず、冷静沈着で頭脳明晰な女性。自主性に乏しく頼りない王都楼を的確にサポートして、彼の業績や出世に大きく貢献している。王都楼の不甲斐なさに苛立つ事も無く、常日頃から淡々と彼の世話役もこなしている。時として人懐っこい面を見せる王都楼とは対照的に、いつも相手との距離を取る様な冷めた態度でいる。王都楼からも非常に頼りにされており、携帯電話を通じての相談事の相手をする時も多い。


王都楼のライバル俳優・藤見野イサオとの密会が度々スクープされており、世間からは交際疑惑が浮上している。荷星三郎から「好みのタイプ」として好意を寄せられているが、霧緒本人は彼の思いは知らずに「良い人」という漠然とした印象を持つに留まる。


細身の眼鏡を掛けた、金髪ロングヘアの持ち主。髪留めや髪飾りの類いは付けず、そのまま下ろしている。洋服は青いホルターネックと青緑のズボンを着用している。作中では屋内にいる所しか描かれていないのだが、『2』の攻略本では「3月なのにノースリーブは寒そう」と突っ込まれていた。作中では常時手帳を手に持っており、会話の合間や考え事をしている時に相手から目を逸らしてページを捲るのが癖。前述の攻略本でのインタビューで「何かを触りながら話すのは何故?」と質問されると、「そんなの考えた事も無かったわ。何かをいじっていると安心するみたい。きっと私の癖なのかしら」と解答が得られた。


第3回『全日本ヒーロー・オブ・ヒーロー』の授賞式の後、あるイベントの為に藤見野を呼ぼうと彼の控え室へと向かい、藤見野の死体の第一発見者となった。この時、現場に落ちていた『ピンクのサザエが描かれたカード』を何となく持ち去ってしまい、以降は時折、手帳の代わりにいじっているシーンが見られる。霧緒の持つ『サザエのカード』を見た御剣は血相を変えて「今回の事件の裏で暗躍している人物」に気付き、ここから事態は思いがけない方向へ進展して行く。


その他にも「トノサマン・丙の着ぐるみを着た、王都楼と見られる人物の不審な行動」も目撃しており、証人の1人として出廷する。王都楼のマネージャーという役職に反して、彼を庇う発言は一切見せず「罪は罪なのだから償うべき」と厳しい態度を見せる。それ所か王都楼の容疑を強化する証言に終始し、成歩堂には「王都楼に何らかの恨みがあり、彼に罪を着せようと画策しているのでは?」と疑われ、不運にも藤見野殺害の嫌疑を掛けられて真犯人として告発されてしまう。また検察側の証人なので、事前に行われた狩魔冥からの入れ知恵に従い「言及したくない事は、黙秘権を行使して証言を回避する行動」にまで及んだので、法廷中の人々から寄せられる疑念が益々、強まる結果に至った。


逆転裁判3

第2話『盗まれた逆転』に再登場。年齢24歳。


前回の事件から半年後、マネージャーを引退し転職。現在は創業200年を迎える老舗デパート『高菱屋』に勤務している。デパートのイベントプランナー等の業務に携わっている模様。半年前の事件を経て、成歩堂達とは信頼関係を築いた霧緒は「成歩堂さん達にお礼をしたいので、助手の真宵さんの故郷を世間に知って貰おう」との考えから『倉院の里・秘宝展』の企画・プロモーションを手がけ責任者を務めている。そこで『秘宝展』の下見にやって来た彼らと再会する事となった。ちなみに『2』では誘拐されていた真宵とは、ここで初めて顔を合わせた。


成歩堂は「真宵を救う為とは言え、一時的に霧緒に濡れ衣を着せてしまった事」を、霧緒は「自分の現場工作が原因で、本来は無関係だった成歩堂達まで事件に巻き込まれる二次被害を出したこと」をお互いに申し訳ないと思っていたので、元気に暮らしている相手の様子を見られて安心していた。彼らは再会した夜には『高菱屋』の高級レストランで和やかに会食を楽しんだ。


『秘宝展』の目玉である『倉院の壺』が怪人☆仮面マスクからの予告状で「次の獲物」として狙われていると知って、仮面マスクのライバルとして有名な探偵・星威岳哀牙に警備を依頼した。これに関して哀牙は「この私を選ぶとは霧緒嬢もお目が高い」とご満悦であった。しかし肝心の壺は、あっさりと盗まれてしまい、霧緒は「恩返しをするつもりが、かえって迷惑を掛けてしまった」と綾里家の人々に対しての罪悪感に苦悩する羽目になる。秘宝を盗まれて悲嘆に暮れる、真宵と春美の姿に罪悪感を刺激されて「ごめんなさい!」と何度も平謝りを繰り返した。2人の保護者である成歩堂まで謝罪相手に含まれた。この時の取り乱し様は、冷徹さすら見せた『2』の頃からは想像も付かない程、感情豊かである。


『3』では髪を後頭部で纏めてアップにしており、黒色のホルターネックを着用している。ズボンの色は青に変わった。冷たい雰囲気を醸し出していた以前と異なり、全体的に明るい印象を与える装いとなった。

Adrian Andrews

「半年前の事件で、長年の苦悩を吹っ切れた」と語っており、性格も前作とは別人の様に明るく朗らかに笑う様になったが、ドジっ子属性も追加された模様である。『2』では自身の抱える問題が災いして、常に精神も雰囲気も張り詰めていたが、苦悩から解放された反動で心にゆとりが生まれた結果、素の部分が表出する様になったのかもしれない。混乱した時は口調がどもり、眼鏡がずれて手帳を丸める様になった。


『3』の攻略本では「再登場する運びとなったのは『2』の最終話でキーパーソンとなった、彼女に対してのユーザー達の反響が大きかったので、それに応える為である」と脚本家が説明している。


関連イラスト

華宮霧緒さん霧緒さん

"Bring it on <3"Catnap pt.1


関連タグ

逆転裁判2 逆転裁判3

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧

王都楼真悟 天野由利恵

眼鏡


















ここから先は『2』及び『3』のネタバレを含みます!











美人マネージャーの苦悩

『逆転裁判2』

実は王都楼を「藤見野イサオ殺害の真犯人」に仕立て上げようとした張本人。霧緒が幾つもの現場工作を施したからこそ、王都楼は逮捕される事となった。


彼女の目的は、2年前に敬愛する先輩マネージャー・天野由利恵の人生を滅茶苦茶にした挙げ句、自殺へと追いやった2人の冷血漢・王都楼と藤見野への復讐である。霧緒は彼らを「最低の男達」と断言する程、激しく憎んでいる。


霧緒は昔から自分に自信が持てず、「依存症」という精神疾患を抱えており、依存対象となる人物に対して盲目的になる悪癖があった。そんな彼女が当時、依存していたのが由利恵だった。由利恵は自分が後輩の霧緒に依存対象とされているとも知らず、良き先輩として親交を持っていたが、霧緒の方は常日頃から「依存相手である由利恵がいなければ、生きて行けない程の精神状態」にあった。「霧緒が普段見せる、クールな敏腕マネージャーとしての振る舞いは、尊敬と依存の対象・由利恵の模倣説」を唱える声もある。


由利恵は当初『英都プロダクション』の所属者で、担当俳優となった王都楼に誘われて恋愛関係となった。2人は芸能人とその担当マネージャーという「時間と場所を問わず、一緒にいても怪しまれない関係性」を巧妙に利用し、極秘交際を手軽に楽しんでいた。だが由利恵は何の落ち度も無いのに「ただ飽きたから」との理由だけで、あっさりと王都楼に捨てられてしまう。彼と同じ事務所にいる事にも苦痛を覚える様になった由利恵は『光映プロダクション』へと転属し、マネージャー業を続ける事にした。


霧緒は元々『英都プロダクション』のアルバイトだったが、由利恵の後を継いで「王都楼の新マネージャー」に就任した。その頃、由利恵は新たに担当俳優となった藤見野と恋愛関係となり、ついには婚約にまで至った。


しかし「自分のライバルと元彼女の幸福な結婚」が面白くない王都楼は「由利恵は自分の元恋人」だと藤見野に暴露する。この事実に激怒した藤見野は強制的に由利恵との婚約を解消してしまう。その日の夜、全てに絶望した由利恵は遺書を遺して自殺してしまい、彼女を心から慕っていた霧緒も後を追って自殺しようとした。


だが「由利恵の遺書を藤見野が隠蔽した可能性がある」と知ると、霧緒は「由利恵の遺書の入手目的で、藤見野に接近し彼と協力した上で、王都楼を失脚させる計画」を共謀していた。その計画とは「藤見野がトノサマン・丙の着ぐるみを着て、王都楼に成り済ましての記者会見を開催し、由利恵の遺書を通じて、王都楼の悪事を暴露して失脚へと追いやる」という内容であった。この会見で使用されるトノサマン・丙の着ぐるみを調達したのは勿論、霧緒である。彼女は「会見の準備が整った」と控え室にいる藤見野に報告しに行くが、そこで待っていたのは遺体と化した藤見野と、遺書を保管していた熊のアクセサリーが紛失した現状だった。


「険悪なライバル関係からして、王都楼が藤見野を殺害した真犯人」と悟った霧緒は、この状況に便乗して今度は現場工作によって、王都楼が殺人犯として逮捕される様に仕向ける。彼女は前述のトノサマン・丙の着ぐるみを着て姿を隠しながら、現場である「藤見野の楽屋」と「王都楼の楽屋」を行き来し、王都楼が裁判で有罪となる様に幾つもの偽装工作を行った。


霧緒はこの犯行が原因で、成歩堂に真犯人だと疑われた挙げ句、その誤解が解けた後も「王都楼の無罪判決を要求する、彼の共犯者に誘拐された真宵の救出」までの時間を稼ぐ為、身代わりとして、藤見野の殺害容疑で告発される事となり緊急逮捕された。彼女は偽証と現場工作に関しては割とすぐに認めたものの、殺人までは犯していないのに、その濡れ衣を着せられる事には激しく抵抗し、仕舞いには王都楼に「今度こそ罪を償わせてやる」と言い放ち憎悪を剥き出しにした。


前述の他にも、裁判では何かと酷い目に遭っている、気の毒な女性である。偽証と現場工作も重大な罪であり、真犯人だと誤解される行動に及んでいる落ち度はあるのだが。前述の成歩堂に続いて、王都楼の共犯者の殺し屋からも無線機を通じて「私の依頼者は華宮霧緒」と証言される形で真犯人の濡れ衣を着せられたり、今まで秘匿にして来た「依存症の患者である事」を御剣に暴露されたり、傍聴人一同からも殺人犯扱いされ、誰も味方がいない状況の中、窮地へと追いやられてしまう。


そんな中、本来の担当検事であった冥からは「検察側の証人で、何かしら深刻な事情を抱えている様だから」と丁重に扱われた様で、今度は彼女に依存する発言や行動に出てしまう時もあった。冥を盲信する余り、入れ知恵されていた黙秘権の行使により、危うく殺人罪での有罪判決を下されかけたりもした。元々、訳ありの女性には親切な冥は、こうした現状を招いてしまった事に「私にも非がある」と考え、事件解決後も霧緒の支えとなるべく親交を維持し、エンディングでは「出所したら、何でも相談に乗らせて欲しい」と書いた手紙を送っている。『3』のエンディングでも未だに2人の親交は続いていて、霧緒の話によると「今度は私に鞭の使い方まで指南する気である」という。


王都楼が藤見野殺害の為、雇った凄腕の殺し屋・虎狼死家左々右エ門は現場には「自身の仕事の証であるサザエのカード」を除いて、現場には徹底的に証拠を残さない完璧主義者であり、依頼者には決して殺人容疑が掛からない様に細工を施す。藤見野殺害の凶器も「元から彼が身に付けていた忍者ナンジャのマフラー」を絞殺用のロープ代わりに用いただけである。


霧緒の現場工作は「狡猾な王都楼が逮捕される、千載一遇のチャンスを生み、彼の破滅への道筋をも作り出したという点」においては、有意義な行動であったとも言える。「結果的に本来は王都楼達の因縁とは無関係である、成歩堂と仲間達まで巻き込まれる二次被害を生んでしまったが、彼らの介入も加わったからこそ、事件は理想的な形で解決するに至った」のだから。霧緒が現場工作に及ぶ事が無かったら「卑劣漢である王都楼による私利私欲の為だけに、犠牲者とされる人々が際限なく増え続ける未来」が待ち受けていた事は想像に難くない。


裁判の最終局面で「王都楼の罪相応の報いを受けての破滅、一連の事件の完全な解決」を見届けた霧緒は全ての苦悩から解放されて、今までからは想像も付かない程、晴れやかな笑顔を浮かべて、結果として自分を救ってくれた成歩堂と仲間達に深い感謝の言葉を述べた。彼女曰く「留置所で孤独な境遇に置かれた事で、やっと自分自身と向き合う事が出来た為、依存症の克服にも繋がった」そうだ。偽証や現場工作の罪で、数ヶ月は勾留される身になったものの、この時点で「罪を償う生活を送る覚悟」も固めており、今後の人生に対して前向きな姿勢を見せて法廷を後にした。エンディングでは、拘置所生活中も度々、面会に訪れる成歩堂達との交流を励みに、新しい人生の為にも立ち直っている場面も見せてくれた。


アニメ版では、特に大きな改変が加えられた人物の1人で、由利恵とは実の姉妹であり、動機も「姉の仇討ちが目的」と変更されている。由利恵の名前も、霧緒に合わせて「華宮由利恵」となっている。更に彼女の依存症の設定も消去され、由利恵の遺書も本物だけが登場した為、第4話のシナリオ全体が非常に複雑だった原作と比較して、大幅に簡略化されている。


その数ヶ月後に転職したが、彼女のした行為は死体損壊罪に当たる為、現実的に考えると何事も無かったかの様に、半年で社会復帰・転職するのは無理がある。この手の指摘の該当者は『逆転』シリーズでは、しばしば登場しているのだが。


『逆転裁判3』

第二の人生を明るく楽しく過ごしていた霧緒であったが、『倉院の壺』盗難事件で数々の失敗を犯し、新たな悩みを抱える事となってしまう。筆頭に挙げられるのは迷探偵・星威岳哀牙を警備役に雇用したが為に、まんまと『倉院の壺』が盗まれる契機を作り出してしまった事である。王都楼と哀牙の変人ぶりをよく知る、成歩堂は胸中で「霧緒さん、また変な男に引っ掛かってるな‥‥」と語っていた。


「実は彼女は『倉院の壺』が盗まれる前から、その壺を割ってしまうという、とんでもないミスを仕出かしている事」が後に判明した。当初は百貨店の地下倉庫で、専用の木箱に入れて壺の管理を担当していたのだが、持ち運んでいる途中、ペンキの缶に躓いて箱ごと壺を落としてしまう。このペンキは倉庫内に保管されていた看板等の塗装に使用している物で、霧緒に倒された後は、中身のピンクのペンキが床に流れ出して大きな水溜まりまで作っていた。中の壺を確認しようと箱を持ち上げた所、箱も壺も壊れていた為、箱に空いた隙間からは大量の破片と化した壺が流れ落ち、運の悪い事にペンキの水溜まりの中に落ちてしまった。


この経緯から責任を痛感した霧緒は『秘宝展』の開催に間に合う様に極秘で壺の修理に当たる。『2』での壺を割った犯人で、図画工作が苦手な春美と違って、壺を本来の形に戻す事は出来たものの、流石にペンキの除去までは手が回らずに終わった。この時から、元々は無地の青い壺に「供子」と先祖の名前が書かれただけのシンプルなデザインだった『倉院の壺』には「全身に及ぶピンクの斑点」が付く事となった。真宵と春美は「秘宝が戻って来ただけでも十分嬉しい」と、以前にも増して珍妙な見た目と化した壺も受け入れていた。なおエンディングでの「幼い頃の千尋と真宵の写真」からして、時系列としては『倉院の壺』を割った犯人は「真宵→春美→霧緒」の順番に並べられる。


余談

身長設定

作中では矢鱈と「小柄な人物である事」を強調される霧緒であるが、彼女の身長は161cmと日本人女性の平均身長158cmよりも3cmも高い。身長150台の女性キャラが多い『逆転』シリーズの中では「十分高い」と言える数値である。「小柄設定は依存症の原因」としても扱われており、その証拠に攻略本のインタビューで「他人に依存してしまうのは何故?」との質問には「それが解れば、私も苦労しないわ。私、昔から体が小さかったから‥‥。それで自信を失くしてしまったせいだと思うの」と解答している。


インタビューでの発言から推測するに、無難な見解としては「今でこそ平均台と言える身長だが、幼少期は群を抜いて小柄で、成人した今でも小柄だった少女時代に生まれた、恐怖感や不安感を引き摺っている影響で、自信を喪失してしまい、挙げ句の果てには、依存症を発症してしまった経歴の持ち主である説」が挙げられる。脚本家は男性なので、女性の身長事情に疎かったが為に、設定ミスを犯してしまった可能性も高い。


バッドエンディング

『さらば、逆転』の事件では、成歩堂と仲間達は苦肉の策として「真宵を奪還して、虎狼死家との取り引きを強制的に無効化する」または「王都楼の犯行を立証する、決定的な証拠が到着する」そのどちらかの時まで、ひたすら霧緒を真犯人に据えての弁論を展開して、時間を稼ぐ事となる。糸鋸率いる警官隊は2度も真宵の救出に失敗してしまい、無線機を通じて成歩堂達と会話していた、虎狼死家も彼らの動向に不信感を覚え、通信を打ち切ろうとする。


この時、成歩堂は「弁護士として究極の決断」を迫られる。「真宵の救出を諦めて、霧緒の真犯人扱いを取り下げた上で、王都楼を有罪にするか」「真宵を救う為、霧緒に無実の罪を着せた上で、王都楼を無罪にするか」

この苦悩の中で裁判の終盤戦に、冥が「虎狼死家の遺留品」を届ける為、法廷へと到着する。この遺留品は3つあるのだが、1発で正解の品を提示しなければバッドエンディングが待っている。


その結末は「真宵は無事に救出されるが、王都楼は逃げおおせ、身代わりとされた霧緒は殺人罪で有罪判決を受ける。この悲惨な結末を招いた罪に耐えかね、成歩堂は逃げる様に町を去り「もう仲間達に合わせる顔が無い」と彼らの前から姿を消してしまう」という内容である。誰にも別れを告げずコートを靡かせて、トランク1つを片手に1人寂しく住み慣れた町を離れる、成歩堂の後ろ姿は見ていて心が痛む。



『逆転』シリーズでは初のバッドエンディングであり、シリーズ全体を通してバッドエンディングは、あえて言葉少なに惨状を説明する形式を取っている。それだけに悪い意味で、見る者の想像を掻き立てる仕様なので、どれもこれも「本当に後味の悪い結末」となっている。

関連記事

親記事

さらば、逆転 さらばぎゃくてん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 347355

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました