ピクシブ百科事典

矢張政志

やはりまさし

「矢張政志」とは、ゲーム『逆転裁判』『逆転検事』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

逆転裁判』、『逆転裁判3』、『逆転検事』、『逆転検事2』、『逆転裁判6』(特別編)に登場する。

概要

事件の影にヤッパリ矢張」と言われるほどの巻き込まれ体質を持つトラブルメーカー。事件が起きた時に彼がいた場合、必ずと言っていいほど何かしらの形で関わっている。
成歩堂龍一御剣怜侍とは小学校時代のクラスメイトで仲も良く、彼らの幼少期をよく知っている。
ただし、この矢張が法廷に出てくると必ずと言っていいほど法廷が大混乱になり、関わり合いになるとロクなことにならないため、二人(特に御剣)はあまり自分から矢張に関わろうとしない。それでも二人は矢張の憎めない人柄と運の悪さと巻き込まれ体質を良く理解しており、彼に何かしらの容疑がかけられた時には何だかんだ言いつつも助けている。

かなりいい加減な性格で女好き。
ことあるごとに女と付き合っては愛想をつかされてフラれており、その度に「もう女なんて信じねえぞ!」と口にしているが、すぐ新しい女性に目をつけるため、まるで懲りる様子がない。
美人とあらば誰彼かまわず馴れ馴れしく名前+ちゃん付けで呼びながら言い寄るため、狩魔冥などには度々制裁を喰らっているが、反省には乏しい。
「同じ名前の彼女はつくらない」という自分ルールを持っており、このお陰(?)で綾里春美は彼女候補から外れている(『3』第2話。ただし、この時春美が9歳であるという点については全く判断材料にしていなかった)。
思考が単純でウソをつくのが苦手なため、痛いところを突かれると逆ギレして誤魔化そうとする。
なお、

『3』第2話では自分のいい加減で女好きな性格によって殺人事件を防げなかったことを悔み、
性格改善のため第5話にて絵本作家の天流斎エリスに師事し、「天流斎マシス」と名乗るようになる。師匠の選択は間違っていなかったがいかんせん接した期間が短すぎた。
(しかし、エリスと訪れた先で早速葉桜院あやめに目をつけている)
意外と手先が器用で画力も高く、彼の作品や描いた絵が良い意味でも悪い意味でも重要な証拠品となることも多い。

4』、『5』には登場しなかったが、最新作の『逆転裁判6』の特別編「時を越える逆転」で久しぶりに登場する。絵本作家・天流斎マシスとしてデビューしたものの、デビュー作の「メイちゃんのムチムチ大冒険」以降はヒット作に恵まれない一発屋で、絵描きとして小さな仕事をこなしながら細々と生計を立てている模様。

ちなみにゲーム版の『逆転裁判2』には登場しないが、アニメ版の『さらば、逆転』では原作の大沢木ナツミに代わり同じ役割で登場している。このため、春美とも原作よりも早い段階で対面している。

演じた声優俳優一覧

小野坂昌也ドラマCD逆転検事2~宇宙からの逆転!?~』『CR逆転裁判』、特別法廷、『6』特別編
奈良徹テレビアニメ逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜』
鳳翔大舞台逆転裁判』-蘇る真実-
中尾明慶実写映画版
凪七瑠海舞台逆転裁判3 検事マイルズ ・エッジワース』
林明寛舞台逆転裁判 逆転のスポットライト』『逆転裁判2~さらば、逆転』『逆転検事


関連イラスト

「なんだよ!なんだってんだよー!!」
矢張矢張矢張ィイイイイ
黄色いトラブルメーカー
逆裁詰め2



関連タグ

逆転裁判 逆転検事
成歩堂龍一 御剣怜侍 綾里真宵 トノサマン 天流斎エリス
高日美佳 狩魔冥 葉桜院あやめ 水鏡秤 緒屋敷司 大津部雫
大場カオル

この記事のカテゴリー

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「矢張政志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368167

コメント